コインランドリーの料金:布団は1100円~。洗い方と準備するもの

住まい・引越し・暮らし
  • 布団・毛布を洗濯&乾燥すると、相場は約1100円~
  • 5kgの洗濯物なら洗濯は1回300円、乾燥は30分300円の計600円で仕上がる
  • スニーカー専用の洗濯機が設置されていることも
  • 洗剤や柔軟剤は持参して手動投入もできる
  • 支払いや完了通知をアプリで受け取れる「スマートランドリー」をチェック。女性に嬉しい「ドアロック機能」も
スポンサーリンク

コインランドリーの料金相場表

  • 洗濯機:洗い~すすぎ~脱水
  • 乾燥機:乾燥のみ
  • 洗濯乾燥機:洗い~すすぎ~脱水~乾燥

の3つについて見てみましょう。

 

種類/ 容量

5kg〜10kg

10kg〜15kg

15kg〜30kg

洗濯機

300円〜400円

500円〜700円

800円〜1200円

乾燥機

8分 100円

6分 100円

6分 100円

洗濯乾燥機

800円〜
1000円

1200円〜
1500円

1500円〜
2000円

 

▼参考:洗濯物の目安量

 

  • 1人あたりの洗濯物の量1日1.5kg
    内訳:ワイシャツ1枚・肌着1枚・下着1枚・ズボン1本・タオル2枚・靴下1足・パジャマ1着

     

  • 10kg
    シングルシーツなら16枚、シングル毛布なら2~3枚
  • 20kg
    シングル夏布団なら4枚、羽毛布団なら3枚
  • 30kg
    羽毛布団なら5枚、こたつ布団なら上下2組

 

3日分の衣類(5kg)を洗濯機で洗うだけだと、相場は300円〜400円になります。

 

中にはスニーカーが丸ごと洗える洗濯機もあります。

スニーカー専用ランドリー

(2足~4足)

洗浄 20分:200円〜400円

乾燥 10分:200円

コインランドリーの料金は、種類や洗濯物の容量によって異なります。たくさんの洗濯物で洗濯乾燥機を使うと、料金は高くなっていきます。

スポンサーリンク

洗濯機別の料金・時間・目安量

ドラム式洗濯機

4種類の洗濯機

  • 洗濯機:洗い~すすぎ~脱水
  • ドラム式乾燥機:乾燥のみ
  • 洗濯乾燥機:洗い~すすぎ~脱水~乾燥
  • スニーカー専用ランドリー:洗濯~脱水+乾燥

 

これらの料金・目安量・時間を見ていきましょう。

洗濯機:洗い~すすぎ~脱水

容量

5kg〜10kg

10kg〜15kg

15kg〜30kg

料金

300円〜400円

500円〜700円

800円〜1200円

時間

約30分

約40分〜60分

約40分〜60分

目安量

シャツ約20枚

下着約50枚

衣類約40枚

毛布・布団1枚

毛布・布団3枚

こたつ布団1組

ドラム式全自動洗濯機

どのコインランドリーにも複数台設置されています。家庭用洗濯機よりも大型のため、大量の洗濯物や布団類などの大物を一度に洗うことができます。

容量は大・中・小で用意されていて、洗濯物の量に応じて使い分けます。

縦型渦巻き洗濯機

ビジネスホテルなどの洗濯スペースに設置されていることが多く、5〜10kgの洗濯物を低価格で洗うことができます。

ドラム式乾燥機:乾燥のみ

ドラム式乾燥機

容量

5kg〜10kg

10kg〜15kg

15kg〜30kg

料金

300円~500円

600円~1000円

1000円~

時間

約30分〜約40分

約40分〜約60分

約60分~

目安量

衣類・下着20〜50枚

毛布・布団1枚

こたつ布団1組

家庭用乾燥機のおよそ10倍という強力な温風で乾燥させるため、短時間で大量の洗濯物を乾かすことができます。またドラムの中で回転させながら温風を当てるため、シワや乾きムラが少なく、ふわっと仕上げられるのも特徴です。

 

料金は乾燥機の容量に応じて時間ごとに設定されています。比較的低価格なので、梅雨などの乾きにくい時期は、自宅で洗濯を済ませて乾燥機のみを利用する方も多いです。

洗濯乾燥機:洗い~すすぎ~脱水~乾燥

容量

5kg〜10kg

10kg〜15kg

15kg〜30kg

料金

800円〜
1000円

1200円〜
1500円

1500円〜
2000円

時間

約60分

約60分〜90分

約60分〜90分

目安量

衣類・下着
20〜50枚

毛布・布団1枚

毛布・布団
2〜3枚

こたつ布団1組

洗濯乾燥機を利用すれば、洗濯から乾燥まで全て自動で行えるのでとにかく手軽です。

量によっては、洗濯機と乾燥機を別々に利用する方が安く済むこともあります。

スニーカー専用ランドリー:洗濯~脱水+乾燥

スニーカー専用ランドリー

料金

洗濯:20分 200円

乾燥:10分 100円

所要時間

洗濯:20分

乾燥:10分~乾き具合で追加乾燥

目安量

大人サイズ:約2足分
子供サイズ:約4足分

対象

綿・化繊の靴(スニーカー、上履き、運動靴など)
※革製、ゴム製、スパイクシューズなどは不可

スニーカー専用ランドリーは、大型店や比較的新しい店舗に設置されています。特製ブラシと専用洗剤で強力に洗うため、手洗いよりも綺麗に仕上げることが可能です。

 

ただし革靴や長靴・スリッパ・安全靴・スパイクシューズ等機械が傷つき壊れる可能性があるため、洗うことができません。またアクセサリーの付いた靴や、サンダルなどの破れそうな靴も使用は控えましょう。

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方&準備するもの

▼持ち物

  • お金
    100円玉を用意するのが望ましい
  • 洗濯物
    :傷つけたくない衣類は洗濯ネットに入れておく
  • カゴや袋:洗濯物を持ち運ぶ際に便利

 

コインランドリーは100円玉しか使えない場合が多いので、紙幣しか手持ちに無かった場合は設置された両替機を利用するか、コンビニや自販機で小銭にしましょう。

 

また現在はほとんどの機械に洗剤と柔軟剤が内蔵されています。

好みのものを入れたい場合は、備え付けの販売機で洗剤を購入するか、自宅から持参しましょう。

洗濯機・乾燥機・洗濯乾燥機の使い方

ドラム式洗濯機

STEP1洗濯物の量に応じて機械を選ぶ

STEP2:フタを閉めて洗濯・乾燥の小銭を投入

STEP3:スタートボタンを押して終了を待つ

STEP4:洗濯物を取り出して、畳み、持ち帰る

工程が終わるまで、必ずしもその場で待つ必要はなく、一時帰宅したり別の用事を済ませても構いません。

ただし、次に利用する方を考慮して、表示された終了時間までに戻ってくるようにしましょう。

 

混み合っている時は、自分の洗濯物が他の人にカートや台に移動されることも。他の人に洗濯物を触ってほしくない場合、時間内に戻り洗濯物を回収しましょう。

スニーカー専用ランドリーの使い方

スニーカー専用ランドリー

▼洗濯

STEP1軽くブラッシングして汚れを取る

STEP2:中敷が取れる靴は取り、紐は外すかきつく結ぶ

STEP3靴底を外側に向けて靴をセットする

STEP4:フタを閉めて小銭を投入する

STEP5:スタートボタンを押す

STEP6:終わったら靴を取り出す

▼乾燥

STEP1スニーカー専用乾燥機へ靴を差し込む

STEP2:お金を投入し、スタート

STEP3:終わったら靴を取り出す

STEP4:乾いていなければ追加で乾燥し、終了

事前に軽くブラッシングするとより綺麗に汚れを除去できます。また中敷や紐が外れて機械に絡まらないように、外したりきつく結んだりしましょう。

 

なお厚手のスニーカーや乾きにくい靴を洗濯する場合は、追加脱水ボタンが便利。終了後1時間以内に押せば、追加で脱水できます。

使い方がわからない場合はスタッフに尋ねよう!

使い方が分からない場合はスタッフに尋ねましょう。分からないまま使用すると、洗濯物が傷んだり機械が故障してしまう可能性があります。

 

日中はスタッフが常駐していることが多いです。スタッフがいない場合でも、電話でオペレーターとやりとりでき、遠隔操作でサポートしてくれる店舗もあります。

スポンサーリンク

コインランドリーの効果的な使い方3つ

1.乾ききっていない洗濯物の追加乾燥は大型乾燥機で

毛布やこたつ布団などの大きな洗濯物や、ジーンズや作業着などの乾きにくい洗濯物は、一度の洗濯乾燥機だけでは完全に乾き切らない可能性があります。

 

その際の追加乾燥には、洗濯物よりもやや大きめの乾燥機を選びましょう。大型乾燥機には大きなガスが搭載されており、強力な温風でゆったり乾かすことができるため、ムラなく仕上げることができます。

2.ふっくら乾燥させたい場合は途中で裏表をひっくり返す

布団類をふっくら仕上げたい場合は、乾燥機を2回に分けて利用しましょう。裏表をひっくり返すことで均一に乾かすことができ、よりふっくらとした仕上がりになります。

布団類をふっくら仕上げたい場合は、乾燥機を2回に分けて利用しましょう。

 

例えば乾燥までに40分かかる布団を出す場合、まずは20分乾燥させ、裏表をひっくり返した後再度20分乾燥させます。

 

裏表をひっくり返すことで均一に乾かすことができ、よりふっくらとした仕上がりになります。

3.洗剤・柔軟剤にこだわりたいなら持参できる

多くのコインランドリーでは洗剤や柔軟剤が自動で投入されますが、こだわりたい場合は持参しましょう。

 

持参した洗剤や柔軟剤を使用する時は、投入するタイミングに注意しましょう。

  • 洗剤:洗濯物を中に入れる時に投入
  • 柔軟剤2回目のすすぎの給水中(柔軟剤の投入ランプが点いた時)に投入

 

※コインランドリーによってタイミングを指定されている場合もあります

スポンサーリンク

コインランドリーを使うメリット・デメリット

メリット

洗濯・乾燥時間を大幅に短縮できる

コインランドリーの洗濯機や乾燥機は家庭用に比べて容量が大きいため、一度にまとめて洗濯・乾燥ができます。

 

大きなドラムを回転させながら洗濯・乾燥するので、汚れの落ちが良く、シワの少ないふっくらとした仕上がりになります。

 

乾燥機は強力な温風で乾かすので、家庭用洗濯乾燥機で6kgの乾燥が約3時間かかるものよりも大幅に時間を短縮できます。

営業時間が長い

ほとんどのコインランドリーは、24時間営業や7時~23時など早朝から深夜まで営業しています。そのため仕事で帰りが遅くなった時や、子供の送り迎えのタイミングなど、使いたい時に合わせて利用可能です。

殺菌・ダニ対策にも効果的

▼コインランドリーで期待できる代表的な効果

  • 殺菌効果
  • ダニ対策
  • 脱臭効果
  • ダスター効果
  • 復元効果

 

布団内部の菌やダニ、死骸、フンは家庭では除去しにくいですが、コインランドリーなら強力な洗濯・70度以上の高温乾燥で効果的に除去可能です。

 

また臭いの原因を吸収する「脱臭効果」、ホコリを絡め取る「ダスター効果」も期待でき、ハウスダストアレルギーや敏感肌のかゆみに悩む方にもおすすめです。

布団・カーペットなど大物をまとめて洗濯できる

家庭ではかさばって洗いにくい布団やカーテン・カーペットですが、コインランドリーだと大物をまとめて洗濯・乾燥できます。

 

寝具を清潔に保つために、ダニ対策としてコインランドリーを利用する人も多いです。

 

ちなみに、気づかない間に汚れが付着しているカーテンやカーペットは、3ヶ月に1度の洗濯が目安です。

デメリット

頻回の使用はお金がかかる

一人分の洗濯物は1日あたり1.5kg出るとされており、1週間では1.5kg×7日=10.5kgとなります。

 

1人暮らしの人が洗濯から乾燥まで、週に1回利用すると、1回ごとに1000円程度かかり1ヶ月で約4000円~5000円の出費となります。

 

家庭で洗う場合は、縦型洗濯機で水道・電気代合わせて1回あたり約35円程度なので、1ヶ月毎日洗濯しても約930円

 

その差は歴然です。

洗濯物が盗まれることも

特に女性用下着に多い被害で、洗濯物が盗まれることもあります。犯罪防止に防犯カメラの設置やスタッフの配置など対策されていることが多いですが、狙われやすいものはできるだけ自宅で洗濯しましょう。

持ち込み・持ち帰りに手間がかかる

大量の洗濯物を自宅から運び、また持ち帰るのに手間がかかります。特に、雨の日などでせっかく乾いた洗濯物を持ち帰る際に濡れてしまうことがあります。

スポンサーリンク

おすすめのコインランドリーチェーン店&情報

 

3大
コインランドリー

比較

ホワイトピア

ウォッシュ
ハウス

マンマチャオ

料金

衣類

300円〜

300円〜

400円〜

布団

1000円~

700円〜

800円〜

スニーカー

200円〜

200円〜

乾燥機

10分100円~

7分100円〜

8分100円〜

営業時間

24時間 or

早朝~深夜

24時間

24時間

店舗数

約1600店舗

約600店舗

約500店舗

※料金や営業時間は店舗により異なります

ホワイトピア(Whitepia)

ホワイトピア

洗濯機

衣類:300円〜

布団:1000円〜

スニーカー:200円〜

乾燥機

10分100円~

店舗数

約1600店舗(2019年7月現在)

営業時間

24時間 or 早朝・深夜営業

※料金や営業時間は店舗により異なります

 

全国に約1600店舗以上の店を構える大型コインランドリーチェーン店です。店舗独自のICカード対応の店舗もあります。

独自開発された、銀イオン配合の洗剤・柔軟剤「銀の力」が内蔵されており、汚れや菌、臭いを強力に除去できます。

 

公式サイト:Whitepia

ウォッシュハウス(WASHハウス)

ウォッシュハウス

洗濯機

衣類:300円〜

布団:700円〜

スニーカー:200円〜

乾燥機

7分100円〜

店舗数

約600店舗(2019年7月現在)

営業時間

24時間

※料金や営業時間は店舗により異なります

 

専門のオペレーターが24時間365日案内してくれるので、利用方法が分からなくても安心です。コールセンターに電話をかけて領収書を発行することもできます。

シミを抜きができる機械「スポットリムーバー」も設置されています。機械や店舗を掃除して清潔に保ってくれるサービスも。また、曜日や時間帯ごとにお得な割引セールが行われています。

 

公式サイト:WASHハウス

マンマチャオ

マンマチャオ

洗濯機

衣類:400円〜

布団:800円〜

スニーカー:なし

乾燥機

8分100円

店舗数

約500店舗(2019年7月現在)

営業時間

24時間

※料金や営業時間は店舗により異なります

 

2016年にオープンしてからわずか3年で500店舗にまで拡大したマンマチャオ。

「エコランドリー」と称して、活性水の使用や乾燥機の温度にもこだわった機械を設置し、体や地球に優しい植物由来の洗剤を使用していることで子供のいる家庭に人気です。

電子マネー「Suica」での支払いも可能です。

 

公式サイト:マンマチャオ

 

近くのコインランドリーは下記のサイトから検索できます。

LAUNDRICH
:設備や住所、現在の稼働状況を掲載

コインランドリー検索/みっけMAP
:全国7000店舗以上のコインランドリーが掲載

最新!支払い・ドアロックもできるアプリも登場

Smart Laundry(スマートランドリー)

スマートランドリー

洗濯機

店舗により異なる

乾燥機

店舗により異なる

導入店舗数

約43店舗(2019年7月現在)

営業時間

24時間

専用アプリで機械の操作ができます。

 

使用回数などでグレードが上がると、洗濯乾燥機の窓から中身が見えなくなる「ブラインド機能」やドアを他人に開けられない「ドアロック機能」など、機能が増えていきます。

支払いは現金だけでなく、キャリア決済やAmazon、カードでの支払いも可能。

 

Smart Laundry

Smart Laundry
開発元:wash-plus
無料
posted withアプリーチ

 

公式サイト:Smart Laundry

ユーザー専用公式サイト:Club Smart Laundry

 

タイトルとURLをコピーしました