お車代の相場:【結婚式】誰にいくら?書き方や渡し方のマナー

  • 相主賓・乾杯の挨拶をお願いするゲストへは1~3万円
  • 遠方からのゲストは交通費の半額~全額、距離によっても考慮する
  • 受付を担当してくれるゲストへは3~5千円
  • お車代は基本的に依頼する側の親から、目立たないようそっと渡す
  • 「結び切り」タイプの水引で額に見合ったご祝儀袋を用意しよう
  • 直前で慌てたり忘れたりしないよう、事前にしっかり準備しておこう

渡す相手

金額の目安

どのタイミングで誰が渡すか

主賓・乾杯の挨拶を依頼するゲスト

1万円~3万円

披露宴前、頼んだ側の親から

遠方からのゲスト

交通費の半額~全額

親族:式場に到着した時、

頼んだ側の親から

友人:受付時に、受付係から

受付係

3千円~5千円

受付前、頼んだ側の親から

スピーチ・余興をお願いするゲスト

3千円~5千円 or 品物

披露宴前もしくは披露宴後、

頼んだ側の親から

撮影や生演奏をお願いするゲスト

1万円~3万円+ご祝儀は辞退

披露宴前、頼んだ側の親から

後日であれば本人達で

司会をお願いするゲスト

2万円~3万円+ご祝儀は辞退

披露宴が始まる前、両家の親から

ウエルカムボード等、

手作りをお願いするゲスト

5千円~1万円+材料費実費

披露宴前、頼んだ側の親から

後日であれば本人達で

仲人・媒酌人

10万円~20万円

(ご祝儀の2~3倍返し)

披露宴が終わって、

両家の親が揃って別室で

スポンサーリンク

相場もふまえたうえで失礼のない金額を渡そう

主賓・乾杯の挨拶をお願いするゲスト

1~3万円

こちらからお願いしてスピーチや挨拶をしてもらうゲストですので、多めに渡す方がベターです。往復の交通費にいくらかプラスして、キリのよい金額にします。もし、会場まで1万円かからない場合でも、1万円未満にならないように注意します。また、袋の表書きは「お礼」ではなく、あくまでも「お車代」と書いて渡します。

遠方からのゲスト

交通費の半額~全額

全額負担が好ましいですが、半額でもOK。宿泊も含めた全額負担だと、逆にゲストに気を遣わせてしまう場合もあります。相手に事前に交通手段を確認できる場合は、現金の代わりに新幹線や飛行機、タクシーのチケットを渡してもOK。

受付を担当してくれるゲスト

3~5千円

受付は新郎側、新婦側のゲストから、それぞれ1~2名ずつお願いするのが一般的です。当日、受付を担当してくれるゲストが式場に到着したら、受付を依頼した側の親から、ご挨拶をかねて手渡ししましょう。

スピーチ・余興・ブライズメイドをお願いするゲスト

3~5千円 or 品物

親しい人に頼むのが一般的なので、相手に気を遣わせない金額でOKです。「どうしても!」と強くお願いした人や、プロ並みの余興を披露してくれた人には、1万円を目安に、現金や商品券、記念品でお礼しましょう。ベールの裾を持ってくれた子どもたちには図書券や玩具などでも構いません。

当日の撮影や生演奏をお願いするゲスト

ご祝儀辞退+1万円~3万円

当日の撮影を頼まれたゲストは、撮影に追われ、食事もままならない状態です。ご祝儀は辞退し、ポイント撮影や1~2曲の演奏ならプラス1万円、披露宴を通しての撮影や生演奏の場合は2~3万円など、労力に見合う金額を渡しましょう。フィルム代やプリント代も別途、後日お支払いするのが好ましいです。

司会をお願いしたゲスト

2万円~3万円

司会者は当日だけでなく、事前打ち合わせや準備も大変です。プロでなくてもそれなりのお礼をしましょう。ご祝儀をいただいた場合はさらに2~3万円プラスします。

ウエルカムボード等を作ってくれたゲスト

5千円~1万円

ブーケやウエルカムボードなど、手作りに協力してくれたゲストには、制作時間と制作費を考慮した金額を包みましょう。ご祝儀代わりにお願いした場合は、「お礼」は出さず、引出物だけで構いません。

仲人(媒酌人)

東京~北海道3万円以上、東京~大阪1~2万円、東京~福岡2~3万円、東京~沖縄3万円以上

1万円~3万円+お礼(ご祝儀の2~3倍)

今は少なくなってきている仲人(媒酌人)ですが、立てる場合には「お礼」と「お車代」の両方が必要ということは知っていますか?「お車代」としての相場は10,000~30,000円ですが、往復のハイヤー代や新幹線代など、全額を負担しましょう。

「お礼」はご祝儀の2~3倍で、金額にすると10~20万円くらいが相場です。

スポンサーリンク

【地域別】遠方かたのゲストへのお車代相場(東京基準)

東京への遠方のゲストへのお車代相場

東京~大阪間の相場:1万円~2万円

東京~大阪間は往復で約2万円、宿泊代を合わせると3万円前後です。

距離的には宿泊するかどうかも悩みどころですが、ゲストが宿泊しない、もしくは地元で実家や知人宅など泊まる場所がある、という場合のお車代は1万円が目安です。

宿泊する場合は、半額で計算すると1万5,000円になりますが、この場合はキリがよく2万円で用意をするのが妥当です。

東京~福岡間の相場:2万円~3万円

東京~福岡間の交通手段は基本的に飛行機で、宿泊を予定しているゲストも多いはずです。

飛行機の金額は航空会社によってさまざまですが、最近は早割や格安航空会社も多々あるので往復で3万円前後、宿泊代を合わせると4~5万円前後の旅費になります。

半額で計算すると、お車代は最低でも2万円は用意があるとよいでしょう。

東京~北海道・沖縄間の相場:3万円以上

北海道や沖縄から東京へ来てもらう場合、距離が長い分、飛行機代も余分にかかります。

また、宿泊を予定している方が大半のはずです。

飛行機代の片道がだいたい4万円前後、早割等で安く手配できるにしても宿泊代も合わせて、最低でも3万円~5万円は用意があるとよいでしょう。

新郎新婦が旅費の半額を負担したとしても、残り3万円~5万円は実費精算となりゲストにとってはかなりの負担です。予算に余裕があったら、全額を負担してあげたいですね。

海外挙式の相場:全額・一部・自己負担

海外挙式でゲストを招待する場合の「お車代」についての考え方はさまざまです。

  • 交通費と宿泊費のどちらかを負担した
  • 一律5万円・10万円でお車代をお渡しした
  • ゲストが全額自己負担

海外ウェディングの場合、ゲストの交通費と宿泊費の負担額については、新郎新婦だけで決めるのは危険です。両親や挙式に呼びたい親族に、費用負担の割合を一度相談しましょう。

一般的には、ゲストが費用を全額負担する場合、ご祝儀は受け取らないのがマナー。その場合は、招待する段階で、ご祝儀辞退の旨を伝えておきましょう。

スポンサーリンク

お車代マナー(封筒・包み方・渡し方)

お車代マナー

お車代の封筒と包み方

表書きの注意点

表書き

裏書き

筆記用具

  • 熨斗(のし)付きが好ましい
  • 水引は「結び切り」を
  • のし上:御車代 or 御車料(または「御礼」)
  • のし下:新郎苗字 or 新婦旧姓(両家共通ゲストは新郎新婦連名)

不要

毛筆 or 筆ペン

袋の結び目は「結び切り」タイプの水引を

お車代の封筒と包み方

「水引」とは、ご祝儀袋にかけるリボンのようなものです。

水引にはいくつかの種類がありますが、それぞれで意味が全く異なります。

婚礼の場では、「末永くおつき合いする」ことを願い、「一度結ぶとほどくのが難しい」という意味をもつ、堅結びをして先端が上側に2本出ている「結び切り」を使用します。

逆に結び目がほどきやすい「蝶結び」は出産のような「何度あっても喜ばしい祝いごと」に用いるため、結婚式には相応しくありません。

額に見合ったご祝儀袋を用意するのがマナーです

額に見合ったご祝儀袋を用意する

お車代はご祝儀袋に入れるのがマナーですが、金額によってご祝儀袋のサイズや種類を変えるのもポイントです

小ぶりのポチ袋に入れた方が、「少額ですが感謝の気持ちです」というのが伝わります。逆に5万円以上を包む場合は、格式の高い祝儀袋を選びましょう。

市販のご祝儀袋には、「金額の目安」が書かれてあるものも多いです。分からない時は店頭で説明書きを確認してから購入するのもよいでしょう。

お車代を渡す際の注意点

必ず新札を用意しましょう

お車代を渡す際、「これはあなたのために準備したお金です」という気持ちを表すために、お札は折る場合もそうでない場合も必ず「新札」で用意しましょう。新札は銀行の窓口で簡単に交換してもらえます。

結婚式直前は自分たちでも想定外なほど慌ただしくなりますので、余裕があるうちに早めに用意しましょう。もしもの時のために新札は予定枚数より多めに用意しておくと便利です。

金額はなるべく一律で

意外にも、親族や友人同士でお車代の金額が話題にのぼることは多々あります。その後の交友関係に影響が出ないよう、同じ状況のゲストの方には特に、金額の設定を一律にして公平になるように、十分な配慮をしましょう。

目立たないようにそっと渡すのがマナー

お車代や結婚式に来てくれたゲスト全員へお配りするものでないので、みんなの前であからさまに渡すのも気が引けますし、もらった本人も周りに気を遣うことになりかねません。

なるべく仰々しくならないよう、周りに配慮しやすいタイミングや場所を選んでそっと渡しましょう。

当日も祝儀袋と新札を用意しておくと便利

サプライズで余興を披露してくれた友人や、急遽当日に結婚披露宴の成功に尽力してくれた友人に、万が一のために準備しておくと大変安心です。

事前にリストを作成しておく

結婚式には沢山の準備が必要です。お車代も、直前になって慌てて用意することがないように、あらかじめリストを作成しておきましょう。

また、うっかりリストに抜けている人がいないか、式の数日前までには新郎新婦同時や親と一緒にリストを照らし合わせ、最終確認をしておきましょう。

当日渡しそびれた際は、後日早めの対応を!

お車代は結婚式当日中にお渡しするのがベストですが、「何かしらの理由で渡せなかった」という事態もあるかもしれません。その場合は、後日出来るだけ早く、お礼の気持ちを添えて渡しましょう。

遠方にいるゲスト等で本人達から直接お渡しできない場合は、お礼状とともに現金書留を送ったり、品物やギフト券などにして送るのも良いでしょう。

スポンサーリンク

「お車代」を出さないケース

交通手段や宿泊先をこちらで用意している

貸し切りバスやハイヤー、飛行機や新幹線のチケット、ホテルなどをあらかじめこちらで用意しているときには、当日のお車代は渡さないことが多いです。

お互いに出さないと決めている

親しい友人グループ内や、親族間で「互いの結婚でお金を出しあうのは2度手間なので、お車代は出さない」などとルールを決めている場合もあります。

また、ゲストとの間柄によっては「交通費を出さない代わりに」と、こちらからご祝儀を辞退することで相殺するケースもあります。

予算がなくて出せない

結婚式費用に余裕がなく、どうしてもお車代が出せない場合、「お車代は出せませんが、それでもよかったら出席してください。」と、最初から負担なしを了承を得て出席してもらうケースもあるようです。

「いらない」と言われた時の対処法は?

ゲストによっては、新郎新婦の負担を考えて、「いらない」とお断りをされる場合もあるかもしれません。

しかし、お車代はお礼の気持ちなので、基本的には相手にいらないと言われても、渡すのが礼儀です。

どうしても現金を受け取ってもらえなかった場合は後日、カタログギフトや品物としてお礼をするという手段もあります。

タイトルとURLをコピーしました