SMSの料金:受信は無料!キャリア別・わかりやすい送信料金一覧表

IT・通信
  • SMSの料金相場は送信3円~。プランにより無料
  • SMS受信は国内外問わず無料
  • 料金は「送信する文字数」「キャリア」「送信先の国内外」により異なる
  • 格安モバイルはSMSを使えないことも
  • SMSにこだわらなければ無料チャットアプリを活用しよう
スポンサーリンク

SMSの料金相場表

キャリア

送信

受信

国内

海外

docomo

1通3〜30円

1通50〜500円

無料

au

1通0〜30円

1通100〜1000円

SoftBank

1通0〜30円

1通100〜1000円

格安モバイル

1通0〜30円

1通50〜1000円

SMSの料金は、「送信する文字数」「キャリア」「送信先の国内外」により変わります。特に海外キャリアへの送信は50円~1000円とかなり幅が広いことが分かります。

 

受信する場合は、文字数・キャリアを問わず無料です。

スポンサーリンク

各キャリアのSMS送信料金

国内の大手3社

docomoのSMS料金

文字数(全角)送信

国内

海外

1〜70文字

3円

50円

71〜134文字

6円

100円

135〜201文字

9円

150円

202〜268文字

12円

200円

269〜335文字

15円

250円

336〜402文字

18円

300円

403〜469文字

21円

350円

470〜536文字

24円

400円

537〜603文字

27円

450円

604〜670文字

30円

500円

※受信は無料

※ドコモ以外に送信できるのは1通最大70文字

 

SMSはFOMA料金プランの無料通話分が使えるので、無料通話分に収めれば料金は発生しません。

 

公式サイト:ドコモ 

auのSMS料金

文字数(全角)送信

auあて

国内

海外

1〜70文字

無料

※無料通話つき料金プランに
加入している場合

3円

100円

71〜134文字

6円

200円

135〜201文字

9円

300円

202〜268文字

12円

400円

269〜335文字

15円

500円

336〜402文字

18円

600円

403〜469文字

21円

700円

470〜536文字

24円

800円

537〜603文字

27円

900円

604〜670文字

30円

1000円

※受信は無料

※au以外に送信できるのは1通最大70文字

 

au同士でSMSのやりとりを行う場合、料金プランによっては無料で利用可能です。

 

公式サイト:au

SoftBankのSMS料金

文字数(全角)

送信

SoftBankあて

国内

海外

1〜70文字

無料

※以下いずれかの
プラン加入の場合

・スマ放題

・ホワイトプラン(i)

・ゴールドプラン(i)

3円

100円

71〜134文字

6円

200円

135〜201文字

9円

300円

202〜268文字

12円

400円

269〜335文字

15円

500円

336〜402文字

18円

600円

403〜469文字

21円

700円

470〜536文字

24円

800円

537〜603文字

27円

900円

604〜670文字

30円

1000円

  • SoftBank以外に送信できるのは1通最大70文字
  • ワイモバイル、その他ソフトバンク回線を使用したキャリアは1通最大670文字

※受信は無料

 

SoftBankユーザー同士でSMSのやりとりを行う場合、プランによっては国内・国外問わず無料で利用することができます。

 

その他のSoftBankユーザー・国内他キャリアへ送信する場合、1通3〜30円の料金が発生します。

 

公式サイト:ソフトバンク

格安モバイル4社

Y!mobile

文字数(全角)

送信

国内

海外

1〜70文字

3円

1通100円

71〜134文字

6円

135〜201文字

9円

202〜268文字

12円

269〜335文字

15円

336〜402文字

18円

403〜469文字

21円

470〜536文字

24円

537〜603文字

27円

604〜670文字

30円

※受信は無料

※Y!mobile以外に送信できるのは1通最大70文字

 

海外キャリアへ送信する場合、1通一律100円で利用可能です。

 

公式サイト:ワイモバイル

UQmobile

文字数(全角)

送信

国内

海外

1〜70文字

3円

100円

71〜134文字

6円

200円

135〜201文字

9円

300円

202〜268文字

12円

400円

269〜335文字

15円

500円

336〜402文字

18円

600円

403〜469文字

21円

700円

470〜536文字

24円

800円

537〜603文字

27円

900円

604〜670文字

30円

1000円

※受信は無料

※UQmobile以外に送信できるのは1通最大70文字。相手先により670文字

 

公式サイト:UQモバイル

LINEモバイル

文字数(全角)

送信

国内

海外

1〜70文字

3円

50円

71〜134文字

6円

100円

135〜201文字

9円

150円

202〜268文字

12円

200円

269〜335文字

15円

250円

336〜402文字

18円

300円

403〜469文字

21円

350円

470〜536文字

24円

400円

537〜603文字

27円

450円

604〜670文字

30円

500円

※受信は無料

※docomo、au、SoftBank、Y!mobile宛は1通最大70文字

 

公式サイト:LINEモバイル

mineoのSMS料金

プラン

送信

国内

海外

docomoプラン

1通3〜30円

1通50〜500円

au、SoftBankプラン

1通3〜30円

1通100円

※受信は無料

※docomo、au、SoftBank、Y!mobile宛は1通最大70文字

 

mineoのSMSの送信料金は契約した回線のプランによって、海外へ送信する料金が異なります。また文字数によって料金が異なるため、各回線のSMS料金を参照ください。

 

公式サイト:mineo

スポンサーリンク

SMSの料金を抑えるには?

送信する文字を減らす

SMSの料金は文字数によって異なり、少なければ少ないほど安くなります。特に70文字以内に収めれば、1通3円と最安値で利用可能です。

通話プランを変更する

SMSは無料通話分内に収めれば無料で利用することが可能です。SoftBankやauでは、同社間のやりとりは無料となるプランもあります。

 

SMSをよく利用する方は通話プランを見直してみるのも一つの方法です。

Eメールを利用する

「〜@docomo.ne.jp」など、キャリア独自のメールアドレスを利用すれば、長文やファイルを手軽に送信可能です。料金はパケット通信量によりますが、Wi-Fi環境下やパケット定額制なら実質無料で利用できます。

 

ただ格安モバイルは、キャリア独自のメールアドレスを提供していないことがほとんど。YahooやGoogleで無料アカウントを作り、そこでメールを送受信する人が多いです。

スポンサーリンク

SMSが送受信できない?試すべき方法3つ

SMSの送信ボタンを押すと、エラーや「!」が表示されて送信できなかったことはありませんか?送信だけでなく、SMSを受信できないケースもあります。

 

そんな時には下記3つの方法を試してみてください。

  • 制限文字数以内に収める
  • SMS拒否設定を解除する
  • 自分も相手もSMSが利用できるキャリアか確認

制限文字数以内に収める

キャリアの異なる機種同士でやりとりする場合、送信できる最大文字数は1通70文字です。文字数を減らして70文字以内に収めるか、文章を分割して送信してみましょう。

SMS拒否設定を確認する

迷惑メール防止のために、購入時はSMS拒否設定がオンになっている可能性があります。各キャリアのホームページにあるマイアカウント欄から確認してみましょう。

 

SMS拒否設定の例

(6種類)

内容

SMS一括拒否

全てのSMS受信拒否

非通知SMS拒否

番号非通知のSMS受信拒否

国際SMS拒否

海外キャリアからのSMS受信拒否

他事業者SMS拒否

他キャリアからのSMS受信拒否

個別番号拒否

特定の番号からのSMS受信拒否

個別番号受信

特定の番号からのSMSのみ受信

自分も相手もSMSが利用できるキャリアか確認

キャリアによってはSMSを利用できない場合があります。特に格安モバイルのデータ通信プランを利用している場合、電話番号が発行されないので利用できません。

 

自分がSMSを利用できても、相手が利用できない場合は送信できないので注意しましょう。

スポンサーリンク

知らなきゃもったいない!無料アプリを使おう

SMSにこだわらなければ、無料アプリでやりとりできます。文字数の制限もないので、快適に使用できます。中にはビジネスで使用されているものも。

 

おすすめの無料チャットアプリは下記5つです。

  • +メッセージ
  • iMessage
  • Chatwork
  • Skype
  • LINE

+メッセージ

対象ユーザー

docomo、au、SoftBank

料金

無料

+メッセージ(プラスメッセージ)は、docomo・au・SoftBankユーザー間のみで使用できます。SMSのように相手の電話番号が分かればやりとりできます。

 

+メッセージでは、最大2730文字まで送ることが可能です。料金はパケット通信量に応じて発生するため、Wi-Fi環境下やパケット定額制に加入していれば実質無料です。

+メッセージ(プラスメッセージ)

+メッセージ
無料
posted withアプリーチ

アンドロイドユーザーは、それぞれのキャリアのページからダウンロード可能です。

iMessage

対象ユーザー

iPhone、iPad、Macユーザー

料金

無料

iPhoneユーザーなら誰でも利用できるiMessage(アイメッセージ)。電話番号かAppleIDがあればやりとりできるので、iPadやMacでも利用可能です。

 

iMessageには文字数制限がなく、スタンプや絵文字、手書き文字など機能も豊富です。

 

公式サイト:iMessageとSMS・MMS について

 

無料通話アプリFaceTimeも使える

アップルユーザーなら、顔を見て話したいときには「FaceTime(フェイスタイム)」が便利です。FaceTimeはiMessageと同じく、アップル製品に最初から入っているアプリです。

 

スカイプより画質がきれいで、国内外無料で使えます。

Chatwork

対象ユーザー

誰でも利用可能

料金

無料

(ビジネス向けの有料プランあり)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業で導入されるビジネスチャットツールです。文字だけでなく、書類や写真、ビデオといったファイルも送信可能です。

 

ビジネスで利用する場合、有料プランへの切り替えが推奨されています。

Chatwork

Chatwork
無料
posted withアプリーチ

Skype

対象ユーザー

誰でも利用可能

料金

無料

Skype(スカイプ)はLINEが流行る前から、海外でよく利用されています。ビデオ通話が主ですが、チャットもできます。

Skype - 無料のチャットとビデオ通話

Skype – 無料のチャットとビデオ通話
無料
posted withアプリーチ

LINE

対象ユーザー

誰でも利用可能

料金

無料

メッセージツールとして、国内で知らない人はいないLINE(ライン)。ビデオ通話や電話もできます。

LINE

LINE
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました