カワウソの値段:60万~100万円!必要な費用&購入前に知るべきこと

ペット
  • カワウソの値段は1体60万〜100万円が相場
  • エサ代に毎月約1万円かかる
  • 毎日の水浴びが必須。水道代が高額に
  • トイレのしつけができ、人懐っこい性格のためペットに人気
  • カワウソを診てくれる動物病院は少数。あらかじめチェックしておこう
  • カワウソは輸入制限されているため、証明書のある正規店で購入を
スポンサーリンク

カワウソの飼育にかかる費用相場表

費用項目

金額

初期費用

生体の購入費

60万〜100万円

ペット用品代

1万〜2万5000円

毎月のエサ代

1万3000円〜1万5000円

診察・治療費

1000円〜3万円

小柄でつぶらな瞳の愛くるしい姿とその人懐っこさから、高い人気を誇るカワウソ。

 

しかし生体の購入費は高く、1体60万円からです。また人気の高騰から需要が高まっており、100万円以上する可能性もあります。

 

ペットとして迎えると、ペット用品の準備代やエサ代、水道代に電気代もかかります。特にエサ代は毎月必要なので、責任と余裕を持って飼育しましょう。

スポンサーリンク

【費用別】カワウソの飼育に必要な金額

カワウソの赤ちゃん

生体の購入費

幼獣(赤ちゃん)

100万円

生後1年〜

60万〜80万円

カワウソは大きく4属13種類に分けられますが、日本で流通しているカワウソの大半は「コツメカワウソ」で、ペットとして迎える際はこの種を購入することとなります。

 

購入費は平均60万円~80万円と高く、赤ちゃんの場合は100万円近くかかります。

動物園での展示やテレビ番組特集、カワウソをモチーフにしたキャラクター等の影響で人気が上がり、流通が少ないことも相まって値段が高騰しています。

 

購入先はエキゾチックアニマル専門店が一般的です。一般のペットショップや個人ブリーダーが取扱うことはほぼありません。流通しているのは人工繁殖したカワウソがほとんどです。

 

しかし繁殖がとても難しく、専門店でも年にほんの数匹が誕生する程度です。販売されるまで、根気強く待つ必要があります。

カワウソは絶滅危惧種!

カワウソは、国際自然保護連合(IUCN)で絶滅危惧Ⅱ種(絶滅の危機が増大)のため、ワシントン条例で輸出入が制限されており、輸出する際には政府からの輸出許可証が必要になります。

 

カワウソ人気の高騰に伴って、密輸したカワウソを高値で販売する悪質なケースが増えています。

密輸カワウソは購入しない!
確認ポイント

  • どこで産まれたか
  • 親カワウソの入手先はどこか
  • 繁殖させたのは誰か
  • 正規ルートでの輸入か
    政府発行の許可証を確認

【2019年8月27日追記】

ビロードカワウソの国際取引を禁止する議案が採択されました。密輸などにより数が激減しているためで、日本でのカワウソ人気も大きく関わっています。

 

ビロードカワウソはコツメカワウソより少し大きいものの、よく似た外見のため、詳しくなければ見分けがつきません。カワウソを購入する場合は上記のポイントをしっかり確認することが大事です。

ペット用品

ペット用品

項目

金額

ゲージ

5000円〜15000円

水浴び用のプール

2000円〜5000円

トイレ周り用品

約2000円

おもちゃ

1000円〜2000円

約1万〜2万5000円

 

カワウソ専用のペット用品はほとんどないので、小型・中型犬やフェレット用のグッズで代用できます。

ゲージ

とにかく活発に動き回るカワウソ。在宅時は動きを監視できるため、放し飼いでも問題ありません。

 

しかし外出などで目を離すと、高いところに登って物を落としたり、コードをかじったりする危険性があります。事故や怪我を防ぐために、ゲージに入れておくようにしましょう。

 

なおカワウソ専用のゲージは販売されていません。ゲージ内でも十分に動き回れるスペースを確保するために、少し広めの中型犬用のゲージの購入をおすすめします。

水浴び用のプール

もともと水辺に生息するカワウソは、毎日水浴びしなければストレスが溜まってしまいます。泳ぎ回ることが好きなので、サイズに余裕のあるプールを準備しましょう。

 

おすすめは子供用のビニールプールです。通販やホームセンターで2000円〜5000円で購入でき、大きさも十分です。

トイレ周り用品

カワウソはとても賢い生き物なので、しつけをすればトイレの場所を覚えることができます。特定の場所にペット用シーツやトイレ用トレーを準備し、トイレをしつけましょう。

 

なお食事量が多いカワウソはその分排泄量も多いので、シーツのこまめな交換が必要です。

おもちゃ

好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなカワウソにおもちゃを与えれば、楽しく遊ぶ姿を披露してくれます。おもちゃは小さなぬいぐるみや、電動で動くボール、中に手を入れて物を取る箱などがおすすめです。

 

おもちゃで遊ぶことでストレス発散ができ、遊んでいる可愛らしい姿を見られたりするので、ぜひ用意してみてください。

毎月のエサ代

毎月のエサ代

フェレットフード・キャットフード

約1万円

鶏肉・海鮮・野菜など

約3000円

1万3000〜1万5000円

自然界に生息するカワウソは肉食なので、お肉や生魚、貝等の海鮮品を好みます。甲殻類も食べるため、非常にあごの力が強いです。

 

飼育する場合、主食とするエサは、動物性タンパク質・脂質を多く含むフェレットフードかキャットフードでOKです。おやつでささみ肉やアジ、生野菜などをあげるようにしましょう。

 

カワウソのエサで特筆すべきは、摂取する量の多さです。運動量が多いため、その分多くのエネルギーを必要とします。

1日のエサの量は体重の15%が目安です。

コツメカワウソの平均体重である4kgで換算すると、1日約600g(1ヶ月で18kg)のエサが必要です。

 

一方フェレットフードの相場は3kg2000円です。つまり1ヶ月でフェレットフード6袋分(1万2000円)が必要となります。

 

もちろんエサの摂取量は個体によって異なりますが、少なくとも毎月1万円以上のエサ代が必要なことを覚えておきましょう。

診察・治療費

診察料

約1000円〜

駆虫薬

約2000円〜

皮下注射

約1500円〜

フェレット用ワクチン

約5500円〜

アレルギー検査

約3万円〜

カワウソを診察・治療できる病院は少ないため、犬や猫よりも治療費がやや高めです。

ワクチンや駆虫薬は1年に1度摂取するので、毎年約1万円の診察・治療費がかかることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

カワウソをペットとして飼うには?

体長

約40〜65cm

体重

3〜6kg

体毛

短くて柔らかい、フワフワ

寿命

約10〜15年

ネコ目イタチ科であるコツメカワウソは、犬と猫に次いで人気のペットであるフェレットの仲間です。名前の通り爪が小さく、人懐っこく甘えん坊で、動きはとても素早いです。その可愛らしい姿が高い人気を誇っています。

 

一方でストレスを溜め込みやすく、毎日の水浴びや生活環境には細心の注意が必要です。またエサや排泄の量も多いので、費用や掃除の手間がかかる可能性もあります。

 

寿命は小型動物と同様に約10〜15年ですが、15年以上育った例も多数あります。カワウソをペットとして迎え入れる場合は、事前の準備を怠らず、責任と愛情を持って育てるようにしましょう。

カワウソを飼育する前に知っておくべきポイント

近年カワウソ人気が高騰していますが、「ただ可愛いから飼いたい」という理由だけで購入するのはNGです。特にカワウソは繁殖が難しく、絶滅危惧種に指定されるほど貴重な生き物なので、責任と愛情を持って飼育するようにしましょう。

 

カワウソをペットとして迎え入れる前に知っておくべきポイントを6つ紹介します。

  • 毎日水浴びが必要
  • 温度・湿度管理に注意
  • ストレスに敏感
  • 体臭が気になる
  • 騒音に注意
  • 診察・治療できる病院が少ない

毎日水浴びが必要

水浴び

本来川辺に生息するカワウソを自宅で飼育する場合、十分に水浴びできる時間と環境を用意してあげましょう。季節にもよりますが、毎日約1時間程水浴びさせる必要があります。

 

水を張ったお風呂でも問題ありませんが、掃除に手間がかかるかもしれません。

水浴びにおすすめの環境は、庭やベランダに置ける子供用ビニールプールです。価格が安い上に、活発に泳ぎまわれるスペースを確保できます。滑り台やおもちゃも一緒に用意すると、より喜んでくれるでしょう。

 

水浴びできる環境を用意するのが難しい場合は、近所の公園の川などに連れて行きましょう。好奇心旺盛なのでたまに野外へ散歩に連れ出してあげるのもおすすめです。散歩の際も必ずリードをし、脱走や事故を防ぎましょう。

温度・湿度管理に注意する

主に東南アジアに生息するカワウソは、高温多湿の環境を好みます。そのため日本での暮らしには比較的適していますが、秋・冬は注意が必要です。

 

室内温度は常に20度以上を保つようにしましょう。また乾燥にも弱いので、加湿器などで部屋の湿度を調整することも大切です。

ストレスに敏感

ストレスに敏感

カワウソは好奇心旺盛で人懐っこい性格を持つ反面、臆病で警戒心が強い一面もあります。大声で怒鳴ってしつけしたり、強く叩いたりするのは絶対に控えましょう。

ストレス発散のための毎日の水浴びや、快適な温度・湿度管理も欠かさないように注意が必要です。

 

基本的には水浴びや生活環境に注意しながら、自由に動き回って遊ばせるのが一番です。ストレスが溜まると病気や早死にの原因となるので、もしも異変を感じた場合は動物病院や購入したペットショップに駆けつけましょう。

体臭が気になることも

カワウソには犬や猫と同様、分泌物を溜める肛門嚢(こうもんのう)という組織があります。ここから出る分泌物のニオイが犬や猫よりきついため、体臭が気になるかもしれません。

 

またエサの摂取量が多いので、その分排泄量も多いです。数時間放置するだけで強烈なニオイを放つので、カワウソが踏みつけたりする前にすぐに処理しましょう。

洗う時はペット用シャンプーで

カワウソの体臭が気になった場合は、ペット用シャンプーで洗いましょう。カワウソは水を好むので、他の動物のように過度にお風呂を嫌がることはありません。

水浴びの際に洗えば、水浴びとシャンプーを同時に済ませられます。水浴び後に生乾きのままだとニオイが気になるので、タオルで水気を優しく拭き取ってあげましょう。

 

ちなみにカワウソはスカンクやフェレットと同様のイタチ科ですが、分泌腺から意図的にニオイを放つことはありません。ただし排泄などのタイミングで分泌腺からニオイが放たれた時は、強烈なので注意しましょう。

鳴き声・騒音に注意する

鳴き声・騒音に注意

昼行性であるカワウソは、人間と同様に昼間活動し、夜になると静かに眠ります。とはいえ昼間の活動は非常に活発で、とにかく自由に動き回ります。

 

そんな姿が愛らしい反面、騒音には注意が必要です。小柄なのでドンドンと大きな音が鳴るほどではありませんが、近所迷惑にならないように防音対策を施しましょう。

 

また鳴き声が気になる可能性もあります。可愛らしい声で「キューキュー」と鳴いたり、時折大きな声で鳴くこともあります。鳴く時は何かを訴えている場合が多いです。水浴びで楽しんでいるのか、お腹が空いているのかなど、飼い続けながらコミュニケーションを深めていきましょう。

診察・治療できる病院が少ない

日本での流通量が少ないカワウソは、病気の際に対応できる動物病院が少ないのが現状です。主に食欲不振と寄生虫に気を付けて飼育しましょう。適度な運動と適切な食事が大切です。

 

何かあった場合に、すぐに連れて行ける病院が近所にあるか購入前に確認するのをお勧めします。

なお購入した専門店で応急処置を行ってくれる場合もあるので、そちらも確認しておきましょう。

スポンサーリンク

カワウソを取り扱うおすすめペットショップ

コツメイト(東京)

コツメイト

東京・池袋にあるコツメイトは、コツメカワウソと触れ合える人気のカフェです。他にもフクロモモンガ、ハリネズミとも触れ合えます。

コツメカワウソの販売も行っており、インドネシアから直接輸入しているため流通量が比較的安定しています。

公式サイトはこちら>>
コツメイト

バード&アニマルプロショップ テイクオフ(福岡)

バード&アニマルプロショップ テイクオフ

福岡県にあるバード&アニマルプロショップ テイクオフでは、比較的珍しい動物が販売されています。コツメカワウソも取り扱われています。専門店なのでしっかり飼育されており、通販でエサを購入できるのが魅力です。

 

公式サイトはこちら>>
バード&アニマルプロショップ テイクオフ

ペットショップマリン(兵庫)

ペットショップマリン

兵庫県にあるペットショップマリンは小動物専門店で、コツメカワウソも取り扱われています。ただし流通は安定しておらず、年0匹の時もあります。入荷状況などはお店にお問い合わせください。

 

公式サイトはこちら>>
ペットショップマリン

タイトルとURLをコピーしました