合鍵の値段:300円〜1万円以上!種類別費用と作成時の注意点

住まい・引越し・暮らし
  • シンプルな構造の合鍵作成なら300〜1000円で作成可能
  • セキュリティーが高い鍵の場合は1万円以上するケースも
  • 専門店などで作成できない鍵は各メーカーや購入店に依頼しよう
  • メーカーやキーナンバーなどを伝えればネットでも合鍵を作成可能
  • 鍵を全て紛失した場合でも鍵穴から作成することができる
スポンサーリンク

合鍵作成の料金相場表

種類相場
ディスクシリンダー錠300〜800円
ピンタンブラー錠300〜1000円
ディンプルシリンダー錠3000〜1万5000円
電子キー2000円〜
カードキー3000円〜
イモビライザーキー応相談

合鍵作成の値段は鍵の種類によって異なります。ディスクシリンダー錠やピンタンブラー錠など、一般住宅に使われることの多い鍵300〜1000円と比較的安く作成可能です。

 

一方、自動車やセキュリティーが高い鍵の合鍵を作成する場合は値段が高く、1万円以上するケースもあります。

スポンサーリンク

【種類別】合鍵作成の値段

合鍵の種類は大きく「一般キー」「特殊キー」の2種類に分けられます。

一般キー

ディスクシリンダー錠

ディスクシリンダー錠

値段相場300〜800円
所要時間約10分
作成できる場所合鍵を作成できる店ならどこでも可

鍵の両端部分がギザギザした形状で、戸建住宅やマンション、オフィス、車など幅広く使用されています。

 

構造がシンプルなので最も簡単に作成することができます。そのため値段が安く、所要時間も短いのが特徴です。また元鍵が壊れた場合でも、追加料金を支払えば合鍵を作成できる可能性が高いです。

 

一方でピッキングしやすく、セキュリティー面を疑問視する声があるため、近年ではディスクシリンダー錠の使用が減ってきています。

ピンタンブラー錠

ピンタンブラー錠

値段相場300〜1000円
所要時間約10分
作成できる場所合鍵を作成できる店ならどこでも可

鍵の片側のみギザギザした形状のピンタンブラー錠は、住宅だけでなくロッカーや引き出しなどに使用されることが多いです。

 

ディスクシリンダー錠と同様構造がシンプルなので、安価・短時間で合鍵を作成可能です。基本的にはどの店でも対応してもらえます。

 

またピンタンブラー錠はピッキングに強い反面、脆くて折れやすいといったデメリットがあります。しかし、基本的に壊れた場合でも、折れた鍵やスペアキーから合鍵を作成できます。

ディンプルシリンダー錠

ディンプルシリンダー錠

値段相場3000〜1万5000円
所要時間数時間〜数週間
作成できる場所大手合鍵屋、購入メーカーなど

平面部分に小さな丸や線が刻まれたディンプルシリンダー錠は、近年建てられた住宅やオフィスなどに使用されています。

 

非常に複雑な構造なので防犯性が高いのがメリットです。そのため、合鍵作成には費用と時間が必要です。形状によっては1万円を超えたり、数週間かかったりする可能性も。

 

また専門器具や工場から取り寄せて作成するので、基本的に大手合鍵屋や購入メーカーのみでしか取り扱われていません。店舗に訪れる前に、ディンプルシリンダー錠の合鍵を作成できるか電話で確認しましょう。

特殊キー

電子キー

電子キー

値段相場2000円〜
所要時間数週間〜
作成できる場所各メーカー、一部合鍵屋

電気の力で鍵の開け閉めを自動で行える電子キー。スマートエントリーやキーレスキーとも呼ばれ、車やシャッターなどに使用されるのが一般的です。

 

ボタンを押すリモコンタイプや、特定部分に近付ける生体認証タイプなど様々です。電子キーの合鍵作成には特殊な部品が必要なので、基本的には購入メーカーに依頼します。

 

一部合鍵屋で部品を代用して作成することもできますが、必ずしも開くわけではありません。また元鍵を一度解体するため、壊れるリスクもあります。

カードキー

カードキー

値段相場2000円〜
所要時間数時間〜数日
作成できる場所各メーカー

カードキーは専用カードを差し込んだり、特定部分に近付けたりして鍵を開け閉めします。住宅やオフィス、ホテルなどに使用されることが多いです。

 

カードキーには電子や磁気など様々なタイプがありますが、コンピューターからカードに特定のIDやデータを読み込ませる必要があるので、購入メーカーのみでしか作成することができません。

イモビライザーキー

イモビライザーキー

値段相場応相談
所要時間数時間〜数週間
作成できる場所各メーカー、ディーラー、一部合鍵屋

近年車に導入されることが多いイモビライザーキーは、エンジンをかける際に車と鍵を照合して専用キーであるか確かめます。ドアの開閉など、電子キーと一体化することもあります。

 

特殊な照合システムが搭載されているため、基本的に購入メーカーかディーラーのみでしか作成することはできません。また料金も車種や年式によって異なり、新型の高級車の場合は数万円する可能性があります。

 

なおイモビライザーキー対応の合鍵屋に車種や年式を伝えれば、数時間で作成できる場合があります。ただし純正キーではないため、正常に作動しない可能性も。緊急時以外は、購入メーカーやディーラーに依頼するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

合鍵を作成できる場所

  • 鍵・合鍵専門店
  • ホームセンター
  • ネットの合鍵専門店
  • 自転車屋・自動車屋
  • 各メーカー・購入店

 

合鍵は上記5つの場所で作成可能です。基本的にシンプルな構造の一般キーなら、近所にある鍵・合鍵専門店やホームセンターのサービスカウンターに持ち込めば、1000円以下・約10分で作ってもらえるでしょう。

 

また「近所に合鍵屋がない」という場合、ネットの合鍵専門店もおすすめです。鍵の写真や表面のキーナンバーなどを送るだけで良いので、持ち込む必要がありません。ただし不法侵入等のリスクもあるので、信頼の置ける店を選びましょう。

 

なお特殊な形状の鍵を複製する場合、各メーカーや購入店に持ち込むのが一般的です。ただし一部の合鍵専門店でも複製可能なので、店舗に訪れる前に電話で確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

合鍵を作成する際の注意点

合鍵を作成する際の注意点

本人確認やセキュリティー証明書が必要

元鍵や複製キーがあれば誰でも合鍵を作ることができるので、一般的に本人確認が必要となります。運転免許証や健康保険証など、本人確認書類を持参しましょう。

 

またディンプルシリンダー錠や電子キーなど、セキュリティーの高い鍵を複製する場合、セキュリティーカードや鍵登録システムの証明書を求められる場合があるので用意しておきましょう。

全ての合鍵を作成できるわけではない

合鍵の作成が困難な鍵の種類

  • 一部のディンプルシリンダー錠や電子キー構造
  • カードキー
  • ロータリーディスクシリンダー錠
  • その他特殊な鍵

 

ディンプルシリンダー錠電子キーといった構造が複雑な鍵は、合鍵を作成できない可能性があります。また対応可能な合鍵専門店に持ち込んだ場合でも、形状によっては作成できません。無理に作成すると、元鍵が破損してしまうので注意が必要です。

 

なおカードキーや、ロータリーディスクシリンダー錠(ディスクシリンダー錠の改良版)、その他特殊な鍵は合鍵を作成できません。紛失時や予備でもう1本持っておきたい場合は、購入店や各メーカーに問い合わせましょう。

基本的に合鍵は元鍵で作成する

鍵はメーカー名とキーナンバーが表面に記載された「元鍵」と、表面に記載がなく、元鍵をもとに作成された「合鍵」の2種類に分けられます。

 

元鍵と合鍵には肉眼でこそ分からないものの、ごく僅かにズレがあります。そのため合鍵から合鍵を作成するとズレが大きくなり、「鍵が入らない」「鍵が抜けない」といったトラブルが起きる可能性もあります。

 

合鍵からの作成を受け付けない店もあるので、基本的には元鍵を持ち込みましょう。また合鍵しかない場合、トラブル時は自己責任となるので注意が必要です。

集合住宅で合鍵を作る場合は管理人の許可を取る

集合住宅や賃貸に住んでいて合鍵を作成したい場合は、事前に管理人・大家さんから必ず許可を取りましょう。

 

無許可で作成すると、盗難や不法侵入、他の住人を巻き込んだトラブル等が発生した際に責任を問われるかもしれません。特にオートロック付きマンションは注意が必要です。

 

また、退去時は鍵交換が行われるものの、防犯上合鍵も含めて返却するのが一般的です。なお合鍵作成の費用は返却されません。さらに合鍵作成で元鍵が壊れた場合、追加費用が請求されるので注意しましょう。

特殊キーは事前に紛失時の対応を確認する

街の合鍵専門店やホームセンターで、構造が複雑な特殊キーの合鍵を作成するのは困難です。また作成できる場合でも、工場・メーカーから取り寄せることもあるため数週間を要する可能性もあります。

 

トラブルが起きてから対応するのは遅いので、特殊キーを受け取るタイミングで事前に対応を確認しておきましょう。また購入店や各メーカーに問い合わせて、スペアキーを貰っておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク

鍵自体を紛失した場合の対処法

鍵自体を紛失した場合の対処法

万が一元鍵やスペアキーなど全ての鍵を紛失してしまった場合は、下記2つの方法で対応しましょう。

  • 鍵穴から合鍵を作成する
  • 鍵を交換する

鍵穴から合鍵を作成する

鍵穴から一般キーの作成約5000円〜
鍵穴から特殊キーの作成約1万円〜
鍵穴から自動車キーの作成約1.5万円〜
破壊開錠約1万円〜

住宅や事務所、自動車などの基本的な鍵を紛失した場合、鍵穴から合鍵を作成することができます。出張対応可能な合鍵専門店や鍵開け業者に依頼しましょう。

 

料金は鍵穴の種類によって異なり、特殊キーや自動車キーなど困難なものは1万円以上するのが一般的です。目安所要時間は数時間です。

 

なお鍵穴から合鍵を作成するには開錠が必要ですが、基本的にピッキングで行われます。ただし金庫などピッキングで開けられない場合は、破壊開錠となるので注意しましょう。

 

またカードキーや電子キーなど鍵穴がないものは、合鍵を作成できません。各メーカーや販売店に連絡して紛失時の対応を取りましょう。

鍵を交換する

一般キーの交換約1万円〜
特殊キーの交換約1.5万円〜
電子キーの交換約2万円〜

鍵を紛失すると第三者に悪用されるリスクがあるので、防犯の観点から鍵自体を交換して新しくするのもおすすめです。鍵交換の相場は1万円〜で、特殊キーだと数万円するケースもあります。

 

また工具があれば自分で鍵交換することもできます。ただしDIYの知識が必要なので、鍵交換業者に依頼する方が良いでしょう。

スポンサーリンク

合鍵作成におすすめの業者

 料金エリア/店舗数(対応時間)
カギの110番・カギの救急車 一般キー:600円〜
特殊キー:3000円〜
全国/100店舗以上
ミスターミニット 一般キー:900円〜
特殊キー:2500円〜
全国/300店舗以上
鍵のレスキュー(出張業者) 鍵穴から作成:8000円〜
鍵交換:4000円〜
全国/24時間365日
俺の合鍵(ネット合鍵店)2000円〜全国/24時間365日

カギの110番・カギの救急車

一般キー600円〜
特殊キー3000円〜
エリア/店舗数全国/100店舗以上

※料金は店舗によって異なります。

 

全国100店舗以上に店を構えるカギの110番・カギの救急車。「適正価格でスピーディに合鍵作成してもらえる」と人気です。技術力も高く、イモビライザーキャンピングカーのキャビンキーなども作成可能です。

公式サイト:カギの110番・カギの救急車

ミスターミニット

一般キー900円〜
特殊キー2500円〜
エリア/店舗数全国/300店舗以上

店舗数がとにかく多いミスターミニットは、駅前や繁華街の中にも店を構えており、通勤や買い物の合間に利用できます。作成可能な合鍵の種類が多く、自動車キー電子キーも依頼可能です。

公式サイト:ミスターミニット

鍵のレスキュー

鍵穴から合鍵の作製8000円〜
鍵交換4000円〜+部材費
対応エリア/時間全国/24時間365日

鍵のレスキューは鍵トラブル時に現場で対応してくれる出張サービスです。トラブル対応件数が100万件を超える実績を持ち、鍵穴からの合鍵作成や鍵交換など、基本的にどんな鍵でも対応できます。また1500人の鍵前技師が各エリアに配置されており、最短5分で到着可能です。

公式サイト:鍵のレスキュー

俺の合鍵

合鍵作製2000円〜
最短届け日5日〜
配送可能エリア/時間全国/24時間365日

ネットで合鍵作成を依頼できる俺の合鍵。鍵の表裏の写真やメーカー、キーナンバーなどを送るだけで、最短5日で合鍵が届きます。テレビや新聞、警視庁にも紹介されており、安心して依頼可能です。

公式サイト:俺の合鍵

防犯の窓口

合鍵作成可能な近所の店を検索できるサイトです。300件を超える店舗が登録されています。また鍵交換や特殊キーから検索することもできます。

公式サイト:防犯の窓口

タイトルとURLをコピーしました