イラストの相場:1万円あれば安心。作成者の知名度によって高単価も

  • カラーイラストの相場はおよそ5000円~1万円前後
  • 人気のイラストレーターであれば5万円以上の高単価になることも
  • カラーの有無や媒体、イラストレーターの知名度により料金は変化する
  • イラストの納品までには、発注、ラフ、本納品の3ステップがある
  • 相談や見積もりの段階では料金は発生しない
スポンサーリンク

イラストの相場表

 

モノクロ

カラー

イラスト
(小カット)

3000円〜5000円

5000円〜1万円

テーマ

3万円~

5万円~

イラスト
10cm角に納まる程度の小カットイラストの場合の相場。
最も需要があるカットのカラーイラストの発注には、1万円の予算を確保しておけば、多くのイラストレーターに発注できます

テーマ
「テーマ」とは、広告やWEBサイトなどでメインとして使用される、比較的大きなサイズのイラスト。カットイラストに比べ料金は高額になります。

これらの料金はイラストのタッチや発行部数、イラストレーターの知名度などによって大幅に変動することもあります。一般的に、イラストレーターの技術や知名度が高いほど料金が高いため、納品物のクオリティも相応のものになります。

スポンサーリンク

イラスト料金の決定要素

イラスト業界の料金相場は非常に曖昧ですが、料金は以下の要素に応じて変動します。

  • クライアントの予算
  • イラストレーターのステータス(知名度、人気、能力)

 

クライアントの予算は、イラストの上限額となります

 

またイラストレーターの知名度・人気・スキルが高ければ、相場とはかけ離れた高額な料金で取引されることも。

人気イラストレーターの場合

カラーイラスト1枚あたりの相場は大体5000円前後ですが、人気イラストレーターへの依頼となると料金が跳ね上がります。

 

中には、下記のような高価格の設定が提示される場合も。

  • カットイラスト:1枚5万円以上
  • テーマ:1枚10万円以上

 

人気イラストレーターに発注する場合、イラストレーターの知名度・ブランドといった発注者の需要に応じた価格決定がされるケースが多いので、料金も相場より格段に跳ね上がります。

イラストの2次使用料金

著作権・版権はイラストレーターに帰属

イラストの著作権

イラストの著作権や版権は発注者ではなく、イラストレーターに帰属します。

 

イラストの無断利用が発覚した場合、訴訟などのトラブルに発展するケースもあります。よって、許可なく他の媒体に使用したり、商用目的で頒布するなどの行為は厳禁です。

 

著作権や版権を買い取りたいという場合は、当然、通常のイラスト費用よりも高額な料金が発生します。

 

イラストレーターからすれば、1度権利を買い取られると、様々な目的・媒体に使用されるリスクがあることから、料金設定は通常の3倍以上、場合によっては数十倍になることもあります。

 

権利の買取まで打診する場合は、イラストレーターとより慎重な打ち合わせが必要です。

 

スポンサーリンク

まずは発注先を選ぼう

イラストを発注したい場合、発注先の選択肢は主に下記の2択になります。

  • イラスト制作会社
  • フリーランスとして活動している個人

 

両者にはそれぞれメリット・デメリットが存在するので、ニーズにあわせて選択しましょう。

 

 

メリット

デメリット

イラスト制作会社

  • 料金設定が明確
  • お得なプラン体系
  • 細かなニーズへの対応が難しい

フリーランス

  • イラストレーターを指名できる
  • 細かなニーズに対応
  • 大量発注が難しい
  • 知名度が高いと料金が高い

 

それぞれのメリット・デメリット

イラスト制作会社に発注する場合

イラスト制作会社

イラスト制作会社にイラストを発注する場合は、会社独自に設定している料金表を基準に価格が決定されます。

 

メリット
  • イラストの種類・追加オプションの料金設定が明確
  • セットプランなどのお得なプランが用意されている

多くのクライアントを抱える専門会社だからこそ、安心して発注できるわかりやすい料金設定がなされています。

 

また、セットプランも魅力のひとつです。例えば、

  • 大量発注すると1点あたりの単価を値下げ
  • 同時に2体以上キャラクターデザインを発注すると20%割引

など、個人への発注では難しいサービスも提供してくれます。

デメリット
  • 個人発注に比べて細かなニーズへの対応が難しい
  • 発注先の会社に気に入ったイラストレーターがいない場合

 

イラストレーターはそれぞれ、似顔絵、動物やキャラクター、風景など得意分野があります。大きな会社にはさまざまな得意分野をもつイラストレーターが所属していますが、小規模の会社の場合は手配が難しい場合もあるかもしれません。

 

イラストを発注する際には、実績や過去の作品をよく確認し、会社側とイラストのイメージを共有することを心がけましょう。

フリーランスに発注する場合

メリット
  • 気に入ったイラストレーターを指名できる
  • 企業では難しい細かなニーズに対応してくれる

 

大手のイラストサイトでは、個人で活動するイラストレーターが実績(ポートフォリオ)を掲載しており、イメージと近いテイストを見つけることが可能です。

デメリット
  • 大量発注への対応が難しい
  • 知名度が高いイラストレーターは相場よりも大幅に料金が高くなる

 

さらに、イラストレーターによっては、納期が遅れたり、連絡が滞るなど、専門会社と比較してコミュニケーション上のリスクも存在します。このようなリスクを回避するためにも、サイトを利用する場合はイラストレーターの評価や実績を参考にしましょう。

 

大手サイト以外からの連絡、発注

フリーランスのイラストレーターは、通常大手専門サイトで仕事を募集していますが、中には個人サイトやSNSで仕事を受け付けている人もいます

 

個人サイトの場合、大抵はポートフォリオとして自身の実績が掲載されているので、そのイラストを参考にしましょう。また、多くのイラストレーターは自身の料金表を掲載しており、示された料金をもとに条件を提示することができます

 

相談や発注の際にはサイトの投稿フォームか記載されているメールアドレスから連絡しましょう。

 

人気・有名イラストレーターの中には、SNSで自身のイラストを公開している人もいます。その人が人気があるかどうかは、SNS上でのフォロワー数やいいねの数などである程度知ることができます。

 

特に、ツイッター上ではイラストレーターが自己発信することも多く、ダイレクトメールなどで仕事依頼を受け付けていることもあります。

 

スポンサーリンク

イラストの発注から納品まで

イラスト依頼の3ステップの流れは相談と見積、ラフ、納品

1.相談・見積もり:無料

まずは発注先のイラスト制作会社・個人に相談し、見積もりを取ります。イラスト制作会社であれば見積もり専用のフォームを設けていることがほとんどです。

 

見積もりの際は、イラストの条件やサンプル画像を送付し、できるだけ多くの情報を共有しておくことが重要です

イラスト制作会社であればサイトにサンプル画像を用意しているケースもあります。個人の場合は、ポートフォリオなどの過去の実績から近いイメージのものを指定することもできます。

 

この段階では料金は発生しませんので、お互いのイメージが共有できるまでじっくり相談しましょう。テーマを発注する場合はサイズが大きいため、カットイラストに比べて構想を練る時間が必要となります。

 

2.発注からラフの納品まで:ラフに着手で料金発生

イラストレーターが決まり、各条件について互いの合意が得られたら、イラストを発注し、ラフが納品されます。

 

ラフとは、完成品のイメージを共有するために描く大まかなイメージ画のことで、イラストレーターはクライアントのラフへのリアクションをもとに、本イラストの制作に移ります。

 

料金はこのラフ制作に着手した段階から発生することが多いです。

ラフが納品されたら

イラストレーターからラフが提出されたら、内容を確認し、必要に応じて修正、再提出してもらうことができます。基本的にラフの修正に別途料金は発生しませんが、大幅な変更や最初から描きなおす必要がある場合、追加料金が発生します

 

ラフの確認はイラストの完成に向けてお互いのイメージを共有する大切なステップなので、気になる点は遠慮せずに伝えましょう。

3.イラストの納品

ラフの提出・修正が終わると、イラストの納品になります。イラストの着色やデータ化した後の修正依頼は、ラフ段階と異なり、最小限のものにとどめる必要があります。大幅な修正や描き替えが必要となった場合は、追加の料金が発生することがほとんどです

スポンサーリンク

まずは無料で相談してみよう

相談・見積もりは無料

イラスト制作の料金発生はラフ着手段階からであり、相談・見積もりの段階では料金は発生しません

 

「イラストの制作をお願いしたいけれど、初めてでよくわからない」という方は、まずは目星をつけた発注先に相談してみましょう。イラストに関する各種条件や納期、料金など、相談に乗ってくれるはずです。

 

相談や見積もり段階で相手の連絡スピードや頻度など知ることができ、納期などに関して信頼できる相手かどうか判断する材料にもなります

イラストコーディネーターに頼んでみる

イラストコーディネーター

イラストコーディネーターは、イラストの知識を持ち合わせないクライアントに対して、ニーズに合った適切なイラストレーターを選択する手助けをしてくれます。

 

日本イラストレーター協会では、毎年100件以上のイラストコーディネートの実績があり、無料でサービスを受けることができます。コーディネートには以下の情報が必要です。

 

イラストレーターは人によって得意、不得意があり、タッチなどイラストの質感も様々です。このような様々な条件の中でイラストレーターを選ぶコストや失敗するリスクを考慮すれば、イラストコーディネーターに頼んだほうが良いケースもあるでしょう。

 

相場が分からない場合にも見積りが可能です。発注相手に悩んだ際には利用してみましょう。

 

相談の際には、以下のことを前もって決めておくとスムーズです。

  • 使用媒体
  • 使用サイズ
  • 使用するイラストの点数
  • 希望するイラストのタッチ
  • スケジュール(納期)
  • 予算

 

詳しくはこちら>>日本イラストレーター協会

 

実績を見て判断しよう

イラスト制作会社、フリーランス問わず、イラストレーターを選ぶ際には実績を見ることが重要です。

 

自分のイメージに近いイラスト実績があれば、納品されるイラストも満足いくものになることが多く、実績が多いイラストレーターに発注する方がクオリティやコミュニケーションの面でリスクを減らせます。

 

特に高単価の案件を発注する場合は、実績が少ないイラストレーターへの発注は避けたほうが無難です。

タイトルとURLをコピーしました