名刺デザインの相場:シンプルなら5千円。簡単自作でコスト減も可能

  • 文字のみのシンプルな名刺であれば相場5000円
  • 名刺デザインの中で最もコストがかかるのがロゴ作成。10万円かかることも
  • 名刺デザインの相場は、デザイナーの知名度よって大きな差がある
  • カラーやモノクロ、片面や両面など印刷方法によっても料金が変わる
  • コストを抑えて簡単に自作するには、無料ソフトや名刺作成サイトを使用する
スポンサーリンク

名刺デザイン相場表

名刺デザイン

シンプル:3000円〜5000円

こだわり:3万円~5万円

名刺イラスト

モノクロ:5000円〜8000円

カラー:8000円〜3万円

名刺ロゴ

3万円〜10万円

印刷代(100枚あたり)

1200円〜2500円

名刺の価格例:

名刺の価格例は、シンプルなデザイン3000円、モノクロイラスト5000円、名刺ロゴ3万円、印刷代1200円で合計3万9200円

  • シンプルなデザイン:3000円
  • モノクロイラスト:5000円
  • 名刺ロゴ:3万円
  • 印刷代:1200円

合計 3万9200円

 

上記はロゴやイラストを加えた場合ですので、文字のみのデザインであれば

  • シンプルなデザイン:3000円
  • 印刷代:1200円

合計 4200円

といった相場で作ることができます。

スポンサーリンク

名刺作成費用の内訳

名刺のデザイン費用:相場3000〜5万円

  • シンプル:3000円〜5000円
  • こだわり:3万円~5万円

デザインをシンプルにするか、装飾するかで値段が大きく違ってきます。

 

シンプルとは例えば文字のみで、下記のものが変えられます。

  • 文字のフォント
  • 配置

文字だけでは名刺の印象としては堅くなりますが、シンプルに名刺に名前や連絡先などの情報のみ入れたい場合は十分でしょう。

 

デザインにそこまでこだわらずに情報だけを入れる場合は、自分で名刺を作成した方が価格を抑えられるかもしれません。

 

文字をロゴのようにデザインするとなると、その分値段は高くなります。

名刺のイラスト費用:相場5000〜3万円

  • モノクロの相場:5000〜8000円
  • カラーの相場:8000〜3万円

モノクロで3000円〜というデザイナーも稀にいますが、ほぼ5000円からのケースが多いです。デザイナーの知名度や要望に沿うことでかかる作業時間によっても価格が変わります。

 

イラストがあることで名刺がより鮮やかになり、いい印象を与えられるのには間違いありません。

名刺のロゴ費用:相場3万〜10万円

ロゴは会社や製品のイメージを伝えることができるので、名刺のデザイン要素の中でも最も重要な役割を果たしています。名刺の費用の中で、1番コストが高いのもロゴです。

 

価格はデザイナーによってかなり変わるので、判断が難しいところでもあります。

 

デザイナーにロゴをフルオーダーする場合は、まずはどのようなロゴがいいかヒアリングをしてもらいます。 提案はいくつかしてもらえますが、何度もやり直しとなると追加コストがかかります。

 

どのようなロゴがいいのか、自分の要望やイメージを細かく相手に伝えることが大切です。

名刺の印刷費用:相場1200円〜2500円

名刺の印刷費用は、

  • 片面/ 両面
  • モノクロ/ カラー

それぞれにより費用が異なります。

名刺の印刷費用は、 片面/ 両面、モノクロ/ カラーそれぞれにより費用が異なる

表/ 裏

100枚当たりの相場

モノクロ/ なし

1200円

モノクロ/ モノクロ

1700円

カラー/ なし

1800円

カラー/ モノクロ

2100円

カラー/ カラー

2500円

 

郵送の日数でも下記のように相場が変わります。

  • 即日郵送:100枚1000円〜
  • 即日でなければ:100枚あたり500〜1000円

といった相場になります。

 

スポンサーリンク

名刺デザインの費用の内訳

名刺デザインの作成費用は、どのような名刺を作るかによって大幅に変わり、主に以下の3つの要素があります。

  • 文字のみ入れるのか
  • イラストを挿入するか
  • ロゴを作成するかどうか
スポンサーリンク

名刺を作る前に考えておくべき3つのポイント

スムーズに名刺を作る前に考えておくべき3つのポイントがあります。何も決めずに全て業者の人に任せてしまうと、後々「理想と違う!」「もっとこうしておけばよかった!」と後悔するかもしれません。

 

名刺を発注する場合は、どのような名刺を作るのか最初にカウンセリングがあります。その時点で何も決まっていないと何度もカウンセリングすることもあり、そのぶん追加のコストもかかってしまうのです。

1.デザインのイメージ

名刺のデザインにおいて、決めることは多くあります。

  • 文字の大きさや色
  • イラストを挿入するのか
  • ロゴを作成するのか
  • 名刺の用紙の種類 など。

これらのことをある程度決めておくと打ち合わせがスムーズです。

 

企業や個人に頼むと作る人によってその人の特徴も出るので、実績やデザイン例を確認して自分の理想に近いデザイナーに頼むのがおすすめです。

 

デザインにもテンプレートがあり、様々なことを自分で決めるのが苦手な方にはおすすめです。例えば印刷会社にも簡単な無料ソフトの名刺テンプレートがあり、それで名刺の作成も可能です。

2.名刺を使う目的・用途

何のために名刺を使うかでデザインや印象が変わるので、目的や用途を明確にしておきましょう。ビジネス用か趣味用かでは名刺に記載する内容も変わってきます。

 

  • ビジネス用の名刺:自分を売り込む必要がある。覚えてもらえるように名刺を会社のロゴのデザインにするなどの工夫が必要
  • 趣味用の名刺:自分の特技や興味のあることが中心。そこから自分のやりたいことにつながることも

3.重要な情報

名刺を作るうえでの一番の目的は、自分のことを覚えてもらうことです。

 

基本的には仕事に繋がるように、

  • 名前
  • 連絡先(メールアドレス)
  • 顔写真またはイラスト など

が必要となりますが、どの情報を目立たせたいかを考えておきましょう。

 

またオリジナリティでインパクトを与えたいなら、例えば片面のみ個性的なデザインをするなどもできます。

スポンサーリンク

安く名刺を作る3つの方法

何かとコストがかかるイメージの名刺ですが、「趣味で使うから安く名刺を作りたい」「名刺にこだわりたいからこそ自分で作りたい」という方は必見の方法です。

1.クラウドソーシングで名刺作成を依頼:相場1.5万円~

クラウドソーシングで名刺デザインの作成依頼をしている

クラウドソーシング(※)での名刺作成の相場はおよそ1.5万円からとなっています。プロに頼むよりも比較的安い値段で依頼することができるのでおすすめです。

 

※クラウドソーシング:インターネット上でさまざまな仕事を発注できるサービス。

 

例えば大手サイトの「ランサーズ」や「クラウドワークス」を通して名刺デザインの依頼ができます

 

自分で予算を決めて案件をサイト上に登録し、提案してきた人を選んだり、優れたデザイナーに自分から依頼することができます。

 

その人がどのようなデザインを作るのかは、過去の作品や実績を見ると分かります。自分のイメージしているものに近いデザイン実績のあるデザイナーを選ぶことで失敗のリスクが減らせます。

 

または「コンペ」で名刺のデザインを募集し、そこから気に入ったのを選ぶ方法もあります。コンペだと気に入った作品を中から選べるので、応募が多いほどたくさん選ぶことができお得です。

 

まずは気楽に案件を投稿し、募集をかけてみましょう。

2.無料ソフトで自作する:相場400円〜1000円

無料ソフトを使えば、実質、用紙と印刷のカラー代のみで名刺を作成できます。用紙が安ければ100枚400〜1000円といった低コスト化も可能です。

 

たとえば名刺の無料作成ソフト「ラベル屋さん.com」では用紙の種類を選び、簡単にレイアウトやデザインを編集することができます。

 

テンプレートの種類が豊富で、簡単に文字入れできます。デザインが完成したら、プリンターに用紙を設定して印刷するだけです。

3.格安印刷サイトで自作する:最安100枚140円

格安印刷ができる「プリスタ」のライトプランでは、名刺を最安100枚140円で作ることもできます。

表/ 裏

100枚当たりの相場

モノクロ/ なし

140円

モノクロ/ モノクロ

240円

カラー/ なし

340円

カラー/ モノクロ

440円

カラー/ カラー

540円

 

Webサイトにあるテンプレートや色を使うことができ、用紙の種類も豊富。紙質で値段が変わります。

名刺を自作するメリット・デメリット

メリット

  • デザインや配置を好きなように決められる
  • 無料ソフトを使えば印刷用紙とカラーインクのみのコストで作成できる
  • 急に名刺が必要になったとき、即日で作成・印刷できる

 

名刺はロゴやイラストを発注すると、名刺作成のトータルで5〜10万円と高くつく場合があります。しかし無料ソフトなどを使い自作することで、費用を大幅に抑えることができます。

 

急に名刺が必要になった際、急ぎでデザイン会社などに名刺デザインを依頼すると、追加料金がかかることもあります。

デメリット

  • サイトやソフトのテンプレートデザインを使用すると、他人と被ってしまう場合がある
  • プロに作ってもらうよりも質が低くなるリスクがある
  • 手間がかかる

 

趣味で名刺を作る場合やこだわりがない場合は、無料のテンプレートは魅力的です。しかし、無料のテンプレートはオリジナリティに欠け、誰かと被ってしまうこともあります。

 

さらに、慣れていない素人が一からデザインしようとすると、かなり手間がかかってしまいます。コストはかかるものの名刺のデザイナーに頼めば、カウンセリングをしてもらい自分の理想のデザインやイラストも合わせて作ってもらうことができます。

タイトルとURLをコピーしました