ロゴデザインの相場:用途と依頼先で費用はピンキリ。安く抑えるには

デザイン
  • ロゴデザインの費用は数万円~数千万円を超えるようなものまでピンキリ
  • 依頼相手・依頼対象物によって費用は変わる
  • 制作者の知名度・ロゴを用いる媒体の規模により付加価値がつき、費用に大きく影響する
  • 安く抑えるなら既存のデザインの購入、クラウドソーシングの活用などがある
  • 依頼先を選ぶときは、見積もりの分かりやすさと出来上がり修正対応の有無を確認
スポンサーリンク

ロゴデザイン相場表

 

CD

(1テーマ)

D

(1点)

カンプ

(1点)

フィニッシュ

(1点)

ブランドマーク

9万円

9万円

4万円

4万円

社名ロゴ

9万円

9万円

4万円

4万円

ブランドロゴ

9万円

9万円

4万円

4万円

コーポレートマーク

17.5万円

17.5万円

4万円

4万円

商品名ロゴ

4.5万円

4.5万円

4万円

4万円

ストアマーク

ショップマーク

9万円

9万円

4万円

4万円

ペットマーク

キャラクターマーク

4.5万円

4.5万円

4万円

4万円

キャンペーンマーク

キャンペーンロゴタイプ

3万円

3万円

4万円

4万円

※CD:クリエイティブディレクション。企画料:何を作るかの概要決め、デザイナーへの指示を含めた進行管理など。

※D:デザイン。 専門のデザイナーがデザインを作成。

※カンプ:デザイン案。デザインのイメージをつかむ土台の作成。

※フィニッシュ:制作が完了後、印刷用版下データへの落とし込み。

 

この相場は作業料に当たりますが、これだけ払えばロゴができるわけではありません。ロゴのデザイン料は様々な要素で出来ていて、制作料金にはさらにこれらが加わります。

 

 

スポンサーリンク

ロゴデザインにかかる費用

同じロゴでも、タイプによって金額に違いがあります。会社のコーポレートマークに利用するのと、一時的なキャンペーンで利用するのとでは用途が異なるからです。

 

注意が必要なのが、ロゴデザインはこの料金だけ支払えば作れるわけではない点です。実際にはこれらの金額にさまざまな要素が加わって、具体的な金額が決まります。

費用の主な項目5つ

ロゴデザインの費用項目には以下の5点があります。

  1. 作業料
  2. 支出経費
  3. 付加価値料
  4. 質的指数
  5. 量的指数

1. 作業料:労働に対する費用

作業料とは、デザインという労働に対して支払われる費用です。一般的な仕事だと、時給という形で金額が設定されることもありますが、デザインの場合は制作者によってかかる時間が全く別なので、1時間当たりの作業料は以下の式によって算出されます。

平均年収÷12ヵ月÷一ヵ月あたりの標準労働時間165×2で1時間当たりの作業料を求められる

平均年収 ÷12(月収)÷ 165(月当たり標準労働時間数)×2(標準人件費比率50%として)

 

2.支出経費:外注費・材料費などの費用

ロゴのデザインを行うにあたっては、さまざまな経費が発生するため、この支出経費も費用に含まれます。具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 外注費
  • 材料費
  • ロケ出張費 
  • 交通費
  • 雑費
  • 通信費

 

3.付加価値料:ロゴの付加価値に対する費用

質的指数+量的指数=付加価値料

付加価値料とは制作物、つまりロゴが持つ付加価値に対して支払われる費用です。

例えば、同じデザインのロゴであっても

  • 制作者の能力・知名度:質的指数
  • ロゴを用いるキャンペーンや広告の規模:量的指数

によって付加価値が左右されます。 

 

4.質的指数:作者の能力を表す数字

質的指数で示される作者の能力とは、デザインの能力だけでなく、知名度なども含んだものです。また、質的指数はロゴの制作費用を算出するときに掛けられるため、指数が大きい人ほど費用が高くなる仕組みです。

 

実際の指数に関しては当事者間の協議によって決定されます。

 

5.量的指数:「質的指数」以外の付加価値要因の指数

量的指数とは、制作物が使用される媒体の大きさ・数量など、作者の能力・知名度を表す「質的指数」以外でデザインに付加価値を与えるものを表す数字です。

例えば大きな媒体、発行部数の多い雑誌・広告に掲載するものであれば、付加価値が上がり、デザイン料も高くなります。この量的指数は制作物の料金を大きく左右する要素なのです。

 

見積もりに見られるその他の費用項目

実際にデザイン会社などから送られてくる見積もりでは、紹介したような項目以外の項目も見かけることも少なくありません。例えば、以下のようなものがあります。

  • デザイン費:デザインをするという行為に対する費用
  • CI/VI作成費:CI(コーポレート・アイデンティティ)やVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)の作成に対する費用。

    ※CI/VIとは:ロゴマークの指針のようなもの。企業価値を高めるためにデザインイメージを統一させ、誰が見てもその企業がわかるようにロゴマークを使うための戦略の一つ。

  • 提案数:複数のデザインを制作する場合の提案数による金額
  • 修正数:できあがったデザインに対する修正数による金額

 

このように、ロゴデザインの費用は、制作物そのものに対する費用だけでなく、デザイナーや経費、修正数などさまざまな要素によって決められています。実際にデザインを発注するにあたっては、これらの費用項目をしっかり確認し、納得したうえで発注するようにしましょう。

【豆知識】格安で作られた世界の有名ロゴ

デザインを依頼するにあたって費用は重要要素ですが、全てを決めるわけではないといえます。世界的にも有名なロゴの中には、意外にも安価な値段で作られているものもあるのです。

 

例えば、誰もが知るナイキのロゴは日本円にして約2800円、ツイッターのロゴはそれより安い1200円なのだそうです。

 

有名なデザイナーがデザインを行うと、付加価値がつくため高額になります。一方でそこまで有名でないデザイナーで価格が安くても、世界的なデザインを作り出すことができるのです。

スポンサーリンク

ロゴマークはどのように活用される?

新規事業・プロジェクトの立ち上げ

新しい会社の立ち上げ、新規プロジェクトの発足、独立など、新規事業がスタートするときにはその事業を象徴するようなロゴマークが必要になります。

 

ロゴはその事業やプロジェクトを表すものとなるほか、マークでその事業の存在を覚える人もいます。その事業の象徴としてロゴマークを持つことで、アピールにもなります。

 

企業のイメージ刷新

会社として新しいステージを迎えるタイミングでロゴをリニューアルすることで、従来の会社のイメージからリブランディングするという意味合いがあります。

 

長年親しんできた会社のロゴが、あるときを境に新しいものに刷新されることがあります。これには、さまざまな理由が考えられますが、例えばその一つが世代交代によるロゴマークの変更です。

 

企業の周年記念

ロゴを使うことで、祝うだけでなく、見ている人に歴史の長さを感じてもらえるというメリットがあります。

 

例えば、会社ができて10周年というタイミングの年に、10周年記念を祝うためのロゴを作ることがあります。「10」という数字を大きく表して10周年を表現しているものなどが見られます。

 

スポンサーリンク

ロゴが果たす役割4つ

企業がロゴを持っていたとしても、ロゴ自体は直接利益を生み出すわけではありません。では、ロゴにはどういった役割があるのでしょうか。以下の4つについて紹介します。

  • ブランディング
  • 認知度の向上
  • 社員のモチベーションや帰属意識を高める
  • 想いを表現する

 

1.企業やサービスのブランディング

ブランディングとは、そのブランドを作り上げていくための活動のことを意味します。

ロゴは企業やサービスのブランディングにおいて大きな役割を果たします。ロゴは他のサービスや会社、商品との差別化にも役立つため、特徴的なロゴを持つことで、ブランドとしての地位の確立を期待できるのです。

 

もちろんブランドを形成する要素はロゴだけではありませんが、ナイキやツイッターは、社名を聞いただけでロゴマークをイメージできる人が多いでしょう。使ったことのない商品でも見慣れたロゴがついているから、安心して購入した経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

このように、ロゴがブランドの顔となって、ユーザーの中にブランドのイメージを作り上げていくのです。

 

2.認知度の向上

人間が得る情報の多くは視覚に由来しているとされており、ロゴも人の視覚に訴えかけるものです。まずは多くの人に認知してもらいたい、という状況であればロゴがあることで認知度を向上させられる可能性があります。

 

例えば人の目に入るロゴが印象的なデザインであれば、そのロゴを見た人がブランドのことを覚える可能性がありますし、ロゴの側に会社名が書かれていれば、その会社のことも覚えるかもしれません。

 

たとえ、その会社の商品やサービスを利用していない人だとしても、ロゴがあることで、商品やサービスを認知はしているという状況を作ることができるのです。

 

3.メンバーのモチベーション・帰属意識を高める

ロゴは、そのチームや企業を象徴する存在です。ときには自分のアイデンティティの一部として、そのロゴを背負えることに誇りを感じる人もいるでしょう。つまりロゴの存在が、組織に対する帰属意識を高めることにつながるのです。

 

最も分かりやすい例がスポーツです。例えばサッカーチームの選手やサポーターは、チームのロゴに誇りを感じ、選手は大きな責任感のもと、そのロゴを背負って戦います。また、スタンドではサポーターが、ロゴが書かれた大きなフラッグを掲げることもあります。ロゴのもとに選手やサポーターが一体となって戦っているというわけです。

 

一見するとただのマークですが、たくさんの人をまとめる力を持っているのです。

 

4.企業・サービスへの想いの表現

ロゴは、文章のようにたくさんのことは表現できませんが、コンセプトや想いをデザインに載せることができます

 

ロゴを通してそういった想いを伝えることができれば、その企業の認知度や価値が高まっていくことが期待されます。また、会社として統一されたロゴがあり、そのロゴに込められた想いを社員に共有できていれば、会社としての軸を持つことができます。

 

また、会社の説明をする際に、ロゴマークを用いれば簡単に特徴を伝えることもできるでしょう。

 

スポンサーリンク

ロゴデザインの費用が上がる要素2つ

ロゴデザインの費用はピンからキリまであります。費用を左右する要素について紹介します。

 

ロゴの重要度

同じロゴでもコーポレートロゴを作るのとキャンペーンロゴを作るのとでは料金に違いが出てきます。

  • コーポレートロゴ:費用は高め。一般的に会社のロゴは長く使われるため重要度が高く、デザイナーがそそぐ労力も大きなものとなります
  • キャンペーンロゴ:費用は安め。一時的にしか使われないもの、展開規模の小さいものとなると、重要度は低いためです

何を目的として、何を作るのか、という点はロゴデザインを発注するのであれば抑えておきたいポイントです。

 

発注先

ロゴを作ると一口にいっても、発注先によって金額に雲泥の差があります。

 

トップクラスのデザイナーともなると1つのデザインで数千万円以上必要になる可能性もゼロではありません。また、デザイン事務所に依頼するにしても10万円程度、受賞歴などがあるともっと高くなります。

 

一方で、クラウドソーシングのように、誰でも参加できるプラットフォームを使えば安く抑えることもできます

 

スポンサーリンク

ロゴデザインの依頼先4つ

 

1.広告代理店

ロゴ制作以外のブランディング施策も一緒に依頼することができます。広告代理店というとCMやイベントなどで活躍しているイメージがあるかもしれませんが、ロゴデザインを行っている会社もあります。

例えば、新規キャンペーン用にロゴを作って、新しいロゴを反映させたキャンペーンサイトの展開も依頼するといった形です。

 

2.デザイン事務所

安いものだと数万円から依頼することも可能ですが、有名なデザイナーが所属している事務所では、費用は高くなります。

デザイン事務所にも大小さまざまなものがあり、費用にも違いがあるため注意が必要です。事務所のホームページに料金プランが掲載されているケースもあります。

 

地域別に検索できるサイトもあるので活用しましょう。>>デザイン事務所・制作会社のWebサイト一覧

 

3.フリーのデザイナー

事務所や広告代理店から独立してフリーのデザイナーとして活躍している人に依頼するというのも選択肢の1つです。得意分野や実績が異なるため、依頼する前に過去の作品を確認しましょう

 

おすすめサイトはこちら>>ココナラ

クラウドソーシングを活用

クラウドソーシングは、インターネット上でさまざまな仕事を発注できるサービスです。

クラウドソーイングを活用してロゴデザイン作成を依頼する

企業などのロゴデザインを発注することもでき、複数のデザインを提案してもらえます。その中から最適なものを選び、それに対して費用を支払うことになります。フリーのデザイナーが利用していることもあるため、思いもよらない良いロゴに出会える可能性もあるでしょう。

 

クラウドソーシングの場合、直接顔を合わせずに仕事をするので、デザイナーは依頼文からデザインのイメージを膨らませていくことになります。そのため、発注時点でしっかりとしたコンセプトやイメージを持っていることが大切です。

 

おすすめサイトはこちら>>ランサーズクラウドワークス

 

4.ウェブ上で購入してアレンジ

購入代金を比較的安く抑えることができるのが特徴です。ロゴマークの中には、すでにデザインされたものがインターネット上で販売されているものがあります。

 

この場合、サイトで気に入ったマークを選び、販売している製作会社にアレンジを依頼することになります。

 

おすすめサイトはこちら>>ロゴマーケットLOGO市ストア

 

スポンサーリンク

ロゴデザイン依頼の流れ2パターン

実際にロゴデザインを依頼する場合の流れについて確認していきましょう。ロゴを購入してアレンジするパターンとオーダーメイドで制作するパターンを紹介します。

 

1.デザイン案を購入する場合

ウェブサイトなどで販売されているデザイン案を購入する場合、そのままではなく色やフォントをアレンジを加えて使用するのが一般的です。流れは以下の通りです。

  1. ロゴマークの選定
  2. 販売している制作会社に申し込み
  3. 制作会社から連絡&アレンジ内容の確認
  4. デザインサンプル提示
  5. 修正
  6. 納品

 

既存のデザインを利用するとは言っても、アレンジを加えるため、制作会社にアレンジ内容を伝える際は細かい部分でもしっかりと伝えるようにしましょう。また、修正回数についても確認しておくことで、後々のトラブルを回避することができます。

 

2.オーダーメイドの場合

  1. 制作会社などに申し込み
  2. 制作会社からの連絡、今後の進め方などについての確認
  3. 打ち合わせ
  4. デザインサンプル提示
  5. 修正
  6. 納品

オーダーメイドの場合、一からデザインを作り上げていくことになるため、ロゴのコンセプトや使用目的、ロゴに込める想いなど細かい部分まで具体的にデザイナーに伝えるようにしましょう。また、必要に応じて対面で打ち合わせを行うなどしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。

 

スポンサーリンク

ロゴデザイン会社選びの確認ポイント4つ

1.クリアな見積もり内容

興味のある事務所が見つかったとしても、見積もりで不明点がクリアにならないようであれば依頼するのは避けたほうがいいでしょう。

 

見積もりの各費用項目の料金に対して、その金額が設定されている理由、またこちらの不明点に対して丁寧な説明があるか確認しましょう。

 

安く抑えたければ1万円ほどで制作することも可能ですが、デザイナーの能力や付加価値といった点では、やはり劣る可能性があります。

料金体系をホームページなどで公表している会社・事務所もあるので、確認は必須です。

 

2.デザインの質

せっかくロゴを作るのであればいいものを作りたいと誰もが考えるでしょう。一方でデザインの質は人によって判断基準が異なる部分です。できるだけ制作実績を確認し、テイストや雰囲気などを把握したうえで、どの事務所・デザイナーに依頼するのか関係者の間ですり合わせておくようにしましょう。

 

3.密なコミュニケーション

こちら側の要望を細かく聞いてくれたり、進捗状況を逐一報告してくれたり、細かいコミュニケーションを取れるかどうかも重要なポイントです。

事前に、事務所やデザイナーにどういうときに連絡をくれるのか確認しておくと、余計な不安を排除することができるでしょう。

 

4.修正対応の有無

できあがったロゴに納得できない場合は修正を依頼することになりますが、事務所やデザイナーによっては修正回数が決められているケースがあります。

  • 修正回数(無制限の場合もあり)
  • 修正1回に対する費用

これらは事前に確認しましょう。

 

参考:JAGDA:デザイン料金表

かんたん!広告づくり

ロゴ作成デザインに役立つまとめ

タイトルとURLをコピーしました