💻はじめてテレワークを導入する企業が選ぶ!定番の人気ツール11選

在宅勤務をスムーズに!おすすめテレワークツール11選IT・通信
  • 離れていても円滑に会議を進めたいなら「Web会議(ビデオ通話)ツール」
  • コミュニケーションの効率化を図りたいなら「チャットツール」
  • データの保管と共有がしたいなら「オンラインストレージサービス」
  • メンバーのタスク状況を管理したいなら「業務管理ツール」
  • メンバーのスケジュールを確認したいなら「グループウェア」
  • 勤怠や人事の管理をペーパーレスで行いたいなら「勤怠・労務・人事管理ツール」

【おすすめテレワークツール 一覧】

目的ツール名無料プランの有無
Web会議
(ビデオ通話)
Zoom〇
Whereby〇
チャットSlack〇
Chatwork〇
オンラインストレージサービス
(データ保存)
Google Drive (Google One)〇
業務管理Trello〇
backlog×
グループウェアサイボウズ Office×
Garoon×
勤怠・人事・労務管理ジョブカン〇
jinjer×

2020年コロナウイルス拡大に伴い、その対策として取り上げられている「在宅勤務」「リモートワーク」「テレワーク」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

 

これを機にテレワークの導入を考えているものの、従業員の業務管理が行き届かないことや、コミュニケーションが円滑に進まないことを懸念して、未だに踏み切れていない管理者の方も多いのではないでしょうか。

 

その心配事は、各社が開発しているテレワークツールを有効活用することで解決です!

従業員と離れていながらでも、業務状況や勤怠状況を管理したり、コミュニケーションをスムーズに取ったりすることができます。

 

当記事では、初めてテレワークを導入する企業向けの、定番の人気ツールを厳選し、紹介しています。

スポンサーリンク

Web会議(ビデオ通話)ツール

「Web会議ツール」とは、ビデオ通話だけでなく、資料の共有なども行うことができるコミュニケーションツールのことです。

インターネットが使えるパソコンやスマートフォン、タブレットさえあれば、場所を問わず簡単に接続することができ、導入の簡単さとコスパの良さから、多くの中小企業が導入を開始しています。

Zoom:抜群の安定感!大人数の会議に最適

特徴

  • 高音質・高画質に定評があるWeb会議ツール
  • 従来のビデオツールよりも通信が安定している
  • 招待される側はユーザー登録が不要なためカンタン
  • 無料プランでは最大100人と通話可能
  • 有料プランでは最大1000人と通話可能(49のビデオをスクリーンに表示可)

料金プラン

プラン参加可能人数ミーティング時間料金
基本100人1対1:無制限
グループ:40分
無料
プロ100人24時間2000円/月
ビジネス300人24時間2700円/月
企業1000人24時間2700円/月

公式サイト>>Zoom

Whereby:招待されたらワンクリックで接続! 少人数会議向け

特徴

  • 招待される側はユーザー登録が不要なためカンタン
  • 無料プランでは4人まで通話が可能で、少人数での会議におすすめ
  • 日本語での公式サイトはないため、英語のサイトを翻訳して進める必要がある

料金プラン

プラン名参加可能人数開設できるミーティングルーム数
(1ユーザーあたり)
料金
(1ユーザーあたり)
Free4人1ルーム無料
Pro12人3ルーム9.99ドル/月
Business50人10ルーム59.99ドル/月

公式サイト>>Whereby

スポンサーリンク

チャットツール

ビジネスにおける「チャットツール」とは、SNSのように直感的に扱えるチャット機能に、業務の管理ができる機能が加わったコミュニケーションツールのことです。
電話やメールといった従来の連絡方法よりも、より柔軟で効率の良いやり取りができるのが特徴です。

Slack:チャットツールの定番!基本機能は全て無料

特徴

  • 世界100カ国以上で使われている実績のあるチャットツール
  • 基本の機能が完全無料
  • 書類・画像・映像などを簡単に共有可能
  • 絵文字や顔文字を活用して親密なコミュニケーションが取れる
  • タスク管理ツールと連携させて、通知させることができる

料金プラン

プラン検索可能なメッセージ数ストレージ容量
(1ユーザーあたり)
料金
 (1ユーザーあたり)
(無料)1万件5G無料
スタンダード無制限10G850円/月
プラス無制限20G1600円/月
Enterprise Grid無制限1T要見積もり

公式サイト>>Slack

Chatwork:タスク管理もできる日本製チャットツール

特徴

  • ビジネス向けのチャットツール
  • 基本機能はslackと同様
  • グループチャットごとにタスクを一覧形式で管理できる
  • 社外の人をグループに追加することが可能
  • 日本の企業が作っているサービスのため、問い合わせ時が安心

料金プラン

プラン開設可能なグループの数ストレージ容量料金
(1ユーザーあたり)
フリー14まで5GB無料
パーソナル無制限10GB400円/月
ビジネス無制限10GB/1ユーザー500円/月
エンタープライズ無制限10GB/1ユーザー800円/月

公式サイト>>Chatwork

スポンサーリンク

オンラインストレージサービス

「オンラインストレージサービス」とは、インターネット上の保管スペースで、データを保存することができるサービスのことです。

インターネット接続さえあれば利用可能で、外付けのハードディスク等がなくてもデータを保存できます。

Google Drive (Google One):群を抜くストレージ容量

特徴

  • ファイルの保存や共有ができるクラウドストレージサービス
  • 文書や写真、音楽、映像、デザイン画などをドライブ上に保管するだけで共有可能
  • 他社と比較して、無料のストレージ容量(15G)が圧倒的に大きい
  • 文書や表計算、プレゼンなどで使用するスライドの編集も可能
  • 編集状況がリアルタイムで反映される
  • Googleアカウントさえあれば導入可能

料金プラン

ストレージ容量料金
15G無料
100G250円/月
200G380円/月
2TB1300円/月

*有料プランにアップグレードすると「Google One」というサービス名に変わります。

 

公式サイト>>Google One

スポンサーリンク

業務管理ツール

「業務管理ツール」では、個々が抱えているタスクをリスト化して、進捗状況に応じて整理することができます。

それぞれのタスクの期限や担当者なども一目で把握でき、その使いやすさが好評を得ています。

Trello:無駄を省いてシンプルにタスク管理

特徴

  • カンバンボード形式で直感的に使いやすいデザインのタスク管理ツール
  • 全体的な仕事量と、進捗状況・達成率が一目でわかる

料金プラン

プランプライベートボードの使用チームボードの使用料金
(1ユーザーあたり)
無料無制限10件まで無料
Business Class無制限無制限9.99ドル/月
Enterprise無制限無制限20.83ドル/月

公式サイト>>Trello

backlog:どの業種でも使いやすい多機能を搭載

特徴

  • 機能が充実したタスク管理ツール
  • 業務内容と作業進捗が一目でわかるガントチャートあり
  • Trelloと同様に、直感的に進捗管理しやすいカンバンボードあり
  • バグ管理やバージョン管理など、エンジニアにうれしい機能満載
  • Wiki機能を使ってプロジェクトに関する情報を記録可能

料金プラン

プランストレージプロジェクト数ユーザー数料金
スタータープラン1GB530人2400円/月
スタンダードプラン30GB100無制限1万1800円/月
プレミアム100GB無制限無制限1万9800円/月
プラチナ300GB無制限無制限5万円/月
エンタープライズ無制限無制限10人~15万円~/年

公式サイト>>backlog

スポンサーリンク

グループウェア

「グループウェア」とは、情報共有をしたりコミュニケーションを取りながら業務効率を上げる目的で使われるツールことです。
主に、スケジュール管理機能やワークフローシステム、会議室の予約機能、メール機能などが組み込まれています。

サイボウズ Office:直感的に使いやすい中小企業向けグループウェア

特徴

  • 中小企業向けのグループウェア(最大でも300名までの利用を推奨)
  • 会議室予約、スケジュール管理、ワークフローなど基本機能はすべて搭載
  • 初期費用無料、月額1ユーザー500円とお手頃で始めやすい

料金プラン

プラン
(クラウド版)
標準機能カスタムアプリ料金
(1ユーザーあたり)
スタンダードコース〇×500円/月
プレミアムコース〇〇800円/月

公式サイト>>サイボウズ Office

Garoon:シンプルなデザインの大企業向けグループウェア

特徴

  • 大企業向けのグループウェア(5000名規模でも対応可能)
  • 会議室予約、スケジュール管理、ワークフローなど基本機能はすべて搭載
  • パソコン操作が苦手な従業員でも使いやすい
  • 英語中国語にも対応しており、外国人従業員がいる場合に有用

料金プラン

プラン
(クラウド版)
料金
(1ユーザーあたり)
~300ユーザー845円/月
301~1000ユーザー800円/月
1001~3000ユーザー要問合せ
3001ユーザー~要問合せ

公式サイト>>Garoon

スポンサーリンク

勤怠・人事・労務管理ツール

従業員の勤怠管理や、採用などの人事業務まで一元管理することができるツールもあります。

ジョブカン:勤怠管理システム業界No.1の安心感!

特徴

  • スタッフの勤務状況をリアルタイム確認できる
  • シフトや休暇の申請・承認フローがシンプルで簡単
  • ICカード打刻、LINE打刻、slack打刻など様々な打刻方法に対応

料金プラン

出勤管理、シフト管理、休暇・申請管理、工数管理の、4つの機能を自由に組み合わせてプランを組むことができます。

プラン機能数料金
無料
(30日間)
1~4つ無料
プラン11つ200円/月
プラン22つ300円/月
プラン33つ400円/月
プラン44つ500円/月

公式サイト>>ジョブカン

jinjer:人事・労務・勤怠管理を1ツールですべて管理!

特徴

  • 導入社数1万1000社を誇る勤怠管理ツール
  • 初期費用無し、1機能あたり300円~とコスパがいい
  • 人事管理、経費管理、採用管理など人事業務も一元管理できる

料金プラン

機能ごとに料金が異なり、複数組み合わせて使用するのがおすすめです。

機能料金
(1ユーザーあたり)
人事管理500円
給与計算500円
経費管理500円
勤怠管理300円
労務管理300円
コンディション管理300円
ワークフロー管理300円

公式サイト>>jinjer

タイトルとURLをコピーしました