ホームページ作成の相場:作成の流れと費用をわかりやすく解説

  • 標準的な機能のホームページ作成料金は30万円~40万円
  • クラウドソーシングを通してフリーランスのデザイナーに依頼すると15万円~20万円に抑えられることも
  • サポートを受けながら自分で製作するなら10万円以下の場合も
  • 初期費用だけでなく、ランニングコスト(月額費用)も大事
  • 正確な見積りを出してもらうには、自分の目的・用途を具体的に提示すること
スポンサーリンク

ホームページ作成費用の相場

制作会社で依頼した場合

費用

目的など

10万円以下

  • 小規模なスタイル
  • 対象:中小企業

30万円~40万円

  • 標準的なスタイル
  • 対象:中小企業

100万円以上

  • SEO対策・マーケティング戦略
  • 対象:大企業・上場企業

※SEO対策:検索結果でウェブサイトがより多く露出されるために行う取り組みのこと

制作会社に依頼した場合、平均費用で見ると80万円以上になりますが、全体の分布で考えると30万円~40万円の価格帯が多くなります。集客目的のホームページの場合、高品質で複雑な工程回数が多くなるため、費用は100万円を軽く超えます。

クラウドソーシングで依頼した場合

依頼相手

費用

フリーランス(個人事業主)

例:クラウドソーシングで依頼する場合

10万円~20万円、高いと30万円

フリーランス(個人事業主)に依頼する場合、依頼相手により価格が変わります。例えば、クラウドソーシングを利用する場合、制作会社よりも費用を安く抑えられます。ホームページ作成の目的や費用を考えて、依頼相手を決めましょう。

詳しくはこちら>>クラウドソーシングとは

スポンサーリンク

費用別に見たホームページの特徴

10万円以下:小規模なホームページ

目的

  • 費用を安く抑えたい
  • はじめの一歩としてホームページを作りたい
  • 会社名を検索されたときのみ閲覧してもらえればよい

制作期間

  • 最短で1週間、最長で2ヵ月

依頼相手

  • フリーランス(個人事業主)や中小規模の制作会社

特徴

  • 名刺代わりの会社案内用のホームページ
  • 集客目的ではなく、コンテンツの更新も必要ない
  • SEO対策は必要ない
  • テンプレートのデザイン使用

安い費用のホームページは、更新が少ないのではじめのデザインが大事になります。

最近では、CMSと呼ばれるホームページ管理システムの「WordPress(ワードプレス)」などを使って、初心者でも簡単にコンテンツを作成・管理ができるようになりました。CMSを使うことで後から発生する費用を抑えられます。

CMSについて詳しくはこちら>>WordPressなどCMSを利用する

30万円~40万円以上:標準的な機能をそろえたホームページ

目的

  • 企業サイトとして標準的な機能を一通りそろえたい
  • オリジナル色を出したい
  • 簡単なSEO対策をできるようにしたい

制作期間

  • 最短で2週間、最長で2~3ヵ月

依頼相手

  • フリーランス(個人事業主)や中小規模の制作会社

特徴

  • 中小企業の会社案内や問い合わせなどの標準的な内容
  • 見栄えがよく、デザインがオリジナルである
  • 費用を抑えたままSEO対策が可能な制作会社も

少しでも費用を抑えたい場合は、自分で写真や文章を用意すると安くなります。

 

オリジナル要素を強くさせたい場合、SEO対策の取り込み、デザインやホームページのコンテンツを充実させる必要があります。制作側が画像や原稿を用意したり、内容の量が増えると、費用はさらに40万~60万円以上と高くなっていきます。

100万円以上:集客目的でSEO対策など優れたホームページ

目的

  • 高品質のデザインや文章など豊富なコンテンツの充実
  • 本格的なマーケティング戦略・SEO対策・Web集客の解析を行いたい
  • 企業のブランディングを高めたい

制作期間

  • 最短で1ヵ月、最長で2~4か月以上

依頼相手

  • デザイン力・Webマーケティング戦略に定評のある制作会社・広告代理店
  • 有名デザイナーに依頼すると、300万円以上かかることも

特徴

  • 上場企業などの大企業が自社のブランディングや戦略的にコンテンツの充実を高める
  • 特色あるデザインや仕掛けのホームページでWeb集客を行う
  • コンテンツの更新やシステム障害の対応可能

 

100万円以上になると、主に大企業が対象になります。高額の費用になると、動画制作やスマートフォンでの閲覧環境にも対応できるため、トレンドにも対応しやすいホームページを制作することが可能です。

他に、マーケティング戦略やシステムの障害対応などセキュリティ対策があると高額になります。

スポンサーリンク

ホームページのページ構成

ホームページは、トップページと枝分かれしたいくつかの下層ページ(会社紹介、実績紹介、サービス・商品紹介、採用情報、問い合わせなど)で成り立っている。

ホームページの構成は、はじめにトップページが表示され、トップページから枝分かれしていくつものページとつながっています。これらの枝分かれでつながっているページを下層ページと呼ばれ、トップから下層へとページがつながっていきます。

 

制作会社によって内容・項目は異なりますが、主な費用は以下のとおりです。

  • 基本料金
  • トップページ作成費用
  • 下層ページなどの作成にかかる費用の合計

 

見積書では、次のように記載されています。

  • トップページ作成費用
  • 下層ページ作成費用
  • 問い合わせフォーム設置費用
  • SEO対策費用

 

実際のホームページ作成では役割を分担して作成します。

  • デザイン担当:デザイナー
  • コーディング担当:プログラマー
スポンサーリンク

ホームページ作成の流れとそれぞれの費用

ホームページ作成の流れは、ディレクション、デザイン、コンテンツ作成、コーディング・システム制作、サーバ・ドメイン取得、運用開始、オプションの項目から成り立っている。

工程作業の費用
(初期費用)

項目

金額

ディレクション

全体費用

約5~20%

デザイン費用

トップページデザイン

5万円~20万円

下層ページデザイン

5000円~5万円

コンテンツ作成費用

セールスライティング

1ページ:

3万円~20万円

SEOライティング

1ページ:

1万円~20万円

コーディング・システム

制作費用

トップページ

1万円~3万円

下層ページ

8000円~2万円

独自のCMSのシステム

100万円以上

かかることも

問い合わせフォーム

3万円

サーバ・ドメイン

取得代行費用

代行費用

3万円

オプション

(SEO対策費用・アクセス解析

コンテンツ更新など)

大企業

100万円以上

中小企業

10万円~30万円

内部SEO対策

3万円~5万円

グーグルアナリティクスの設置※

3万円~5万円

※グーグルアナリティクスとは、閲覧数や流入経路などを調べるアクセス解析用ツール

 

「コーディング作業のみ」など、単体の工程のみを依頼することができます。

1.ディレクション:プロジェクトの進行管理

  • ディレクション費用:全体費用の約5~20%

 

ディレクションとは、ホームページ作成でのプロジェクト全体の統率を行う作業のことです。主にディレクターが担当します。ディレクターは依頼者と打ち合わせを行い、ホームページの企画構成を決め、進行管理をします。

 

ホームページ作成は、デザイナー、プログラマー、システムエンジニア、ライター、マーケターといった複数人が携わるプロジェクトです。効率よく作成を進めていくために、ディレクションと呼ばれる作業が必要となります。

2.デザイン:全体のイメージコンセプト

  • トップページデザイン費用:5万円~20万円
  • 下層ページデザイン費用:5000円~5万円

 

デザインは、ホームページで使う色彩などイメージコンセプトを決めます。

大きく分けてトップページと下層ページに分かれます。特にトップページはホームページの顔となるため、ユーザーに与える印象を決める大事なページになります。

 

さらにホームページで使われるイラストやロゴ、ボタン作成なども、細かくデザインされます。

 

トップページは依頼者ごとに違ったデザインになるため割高になりますが、下層ページはトップページをもとにして作られるため、費用が安くなります。下層ページの料金は、下層ページの枚数×デザイン費用となります。

 

デザインのイラストやロゴなどは、別途料金扱いにしている制作会社が多いです。

3.コンテンツ作成:写真・文章などの内容

  • セールスライティング費用:1ページ3万円~20万円
  • SEOライティング費用:1ページ1万円~20万円(キーワードによって異なる)

 

コンテンツは、ホームページの中身となるもので、写真はカメラマンが担当、文章はライターが担当します。他にも動画の作成があります。Web集客の鍵を握るので、いかに見ている相手を満足させられるか質の高いコンテンツを提供できるか鍵になります。

 

コンテンツの写真や文章は、依頼側が用意するか制作会社に依頼するかによって、ホームページ作成費用が大きく変わってきます。集客目的のセールスライティングを意識する場合、制作会社に依頼するほうが良いでしょう。文字数で費用を細かく決めている制作会社もあります。

4.コーディング・システム制作:デザイン・依頼内容を反映

  • コーディング費用:トップページ 1万円~3万円・下層ページ 8000円~2万円(システム制作費用)
  • 独自のCMSのシステム:100万円以上かかることも
  • 問い合わせフォーム:3万円

 

コーディングの工程では、プログラマーがプログラミング言語を使い、ホームページのデザイン内容を反映させていきます。コーディング費用は、端末や古いブラウザへの表示対応が必要になるほど高くなります。

 

システム制作はシステムエンジニアが担当し、依頼者が希望するシステムの設計を行います。プログラマーは、その設計書に基づいてコーディングを行っていきます。

 

その後、システムエンジニアはその設計に基づいて作られたシステムがきちんと作動するのか確認します。その他に、問い合わせフォーム、CMS構築、仕上がったホームページの運用・保守もシステムエンジニアが行います。

5.サーバ・ドメイン取得代行:ネットで公開

  • 代行費用:3万円

 

ドメイン・サーバ契約・管理は自分達でしておくといいでしょう。そのため、もし依頼側と制作側の間で費用が払えない問題が発生した場合、ホームページが表示されなくなる可能性があります。

 

完成したホームページをネット上に公開するためには、ホームページの内容であるファイルを収容しておくためのサーバと、ネット上の住所であるドメインの取得が必要です。

 

これらの作業は、取得代行として制作側が行ってくれますが、制作側で契約しているサーバにホームページをアップすることもあります。

 

サーバは、ホームページを公開するための必要な場所です。

6.オプション:SEO対策・アクセス解析・コンテンツ更新

  • 本格的なSEO対策:大企業100万円以上、中小企業10万円~30万円
  • 内部SEO対策:3万円~5万円
  • Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設置:3万円~5万円

 

ホームページ閲覧の集客のために必要なオプションです。SEO対策は幅が広い上に、検索上位に表示されるまでは時間を要します。それだけに、しっかりと計画を立てて取り組むことが必要になります。

 

よってSEO対策は、本格的なサポート込みでは、大企業:100万円以上中小企業:10万円~30万円かかることもあります。明確な金額を定めていない制作会社は、時間と労力で金額を設定する場合もあります。一方で内部SEO対策であると3万円~5万円といったところです。

 

また、閲覧数や流入経路などを調べるアクセス解析用ツールのGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)は、設置で3万円~5万円(使用自体は無料)です。

スポンサーリンク

ホームページのランニングコスト

ホームページ作成後は、以下の費用がかかります。

  • ホームページ作成の初期費用
  • 作成後に発生するランニングコスト(月額費用)

 

ホームページのランニングコスト(月額費用)

ランニングコスト

月額費用

内訳

維持費

5000円以下

必要最低ライン

  • サーバ・ドメイン利用料
  • SSL

管理費

5000円~5万円

管理目的

  • 維持費
  • コンテンツの更新費用
  • 障害対応
  • CMSのメンテナンス

運用費

5万円以上

集客目的

  • 維持費+管理費
  • アクセス解析費用
  • SEO対策

※アクセス解析:ホームページのパフォーマンスの分析

(グレードアップしていくごとに、維持費に管理費と運用費が加わります。)

 

ランニングコスト(月額費用)の維持費、管理費、運用費は事前の算出が大事です。

特にSEO対策を充実させたり、更新予定が多い中小企業はどのぐらいのランニングコストが必要になるのか事前に費用の確認をしましょう。

スポンサーリンク

ホームページを安く依頼するポイント3つ

1.WordPressなどCMSを利用する

CMSとは、テキストや画像などの情報を入力するだけで、ウェブサイトの作成を自動的に行うことができるシステムのことです。

 
メリット

  • CMSを活用することで依頼者側で簡単にホームページのコンテンツの更新作業が可能
  • コンテンツの更新が多い会社は、大幅な費用削減になる
  • デザインやコーディングを自由に変えられる
  • 代表例:WordPress、joomla!、Drupaなど

 
デメリット

  • バージョンアップに合わせてメンテナンスを行うとメンテナンス費用が発生
  • オリジナル性が出しづらくなる

独自開発のCMSでオリジナル性を出す

メリット

  • 制作会社が独自にシステム開発したCMSを使うことによって、オリジナル性を出すことができる
  • サーバメンテナンスやバックアップを行ってくれる

 
デメリット

  • 費用が高額である。100万円以上かかるところも

2.クラウドソーシングでサイト作成を依頼する

クラウドソーシングでサイト作成を依頼する場合、制作会社と異なり人件費が安いため、15万円~20万円でホームページ作成をしています。

詳しくはこちら>>クラウドソーシングとは

3.見積もり前に何が必要か制作側にはっきり伝えておく

ホームページ制作会社の見積書は、工数が増える可能性を前もって計算して見積もるため、はじめの見積りでは高く算出されます。よって、事前に目的や用途など具体的な方向性を伝えておくことが大事です。

 
制作会社に正確な見積もりをしてもらうときのポイント

  • 依頼者側が可能な作業範囲(写真や文章など)
  • 具体的なデザイン
  • コンテンツの内容
  • ページ数
  • 運用方針の内容と集客など結果を出したい期間

 

項目を具体的に示すことで、制作側も見積もりがしやすくなり、余計な部分を省いて見積もりをしてくれます。制作側と依頼者側で信頼関係を築き、見積書を作成することが大事です

スポンサーリンク

ホームページ作成の依頼先:制作会社とクラウドソーシング

ホームページ作成依頼先の見極めるポイントとして、以下の3点を確認しましょう。

 

  • 過去の実績
  • 保守・サポート体制
  • ホームページの目的に適しているかどうか

制作会社に依頼する

メリット

デメリット

  • 複数人で稼働しており安定している
  • 提案数が多い
  • 制作実績が多い
  • コンプライアンス(法令遵守)がしっかりしている
  • 人件費などで高くなる
  • 費用・時間の融通が利きづらい

複数の制作会社を比較・相談できるサイト

ウェブ上で手軽に多数のウェブ制作会社を比較・相談できます。また、ホームページ作成会社の比較だけでなく、ホームページの目的や要件をヒアリングして最適な制作会社を紹介してくれます

 

  • 全国の制作会社の検索ができる
  • 業界や目的ごとに会社を選べる
  • 見積依頼の仕方をサポート
  • 詳しくはこちら>>Web幹事公式サイト

クラウドソーシングでフリーランスに依頼する

 

費用相場:大体10万~20万、高いと30万円

メリット

デメリット

  • 費用が安い
  • 費用・時間の融通が利く
  • 相談がしやすい
  • 信頼性に欠けるフリーランスがいることも
    例:検収が遅い
  • 提案数が少ない
  • 実績が少ない

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、オンライン上で多数の人に業務を発注することです

クラウドソーシングとは、オンライン上で多数の人に業務を発注することです。依頼者はネットを通して仕事を募集し、依頼者の条件に合えば、作業者は募集を見て合意するかどうかを決めます。

主なクラウドソーシングサイトとは

クラウドワークス

クラウドワークスは、ユーザー数約255万人、仕事依頼数約238万件の実績があります。

 

特徴:ホームページ作成に限らず、多分野のスキルに対応

ホームページ作成の依頼の場合、Webデザイン、WordPress制作・導入、コーディング作業など作業内容を提示してフリーランスを探します。また、希望のフリーランスに直接依頼することも可能です。

詳しくはこちら>>クラウドワークス公式サイト

 

ランサーズ

ランサーズは、依頼件数210万件、依頼総額2100億円の実績を持っているクラウドソーシングです。

 

特徴:法人の場合、「Lancers Pro」を利用して即戦力人材を最短で紹介できる

ホームページ作成に関わる作業内容を細かく指定し、条件に合ったフリーランスを探すことができます。スキルのある人に依頼したい方におすすめです。

詳しくはこちら>>ランサーズ公式サイト

自作なら大幅なコスト減!制作サポートサービスも

ホームページを自分で作成すると10万円以下で済むなど、大幅なコスト減になります。電話での操作サポートサービスを受けることが可能です。

詳しくはこちら>>あきばれHP公式サイト

タイトルとURLをコピーしました