「お年玉 相場」小学生・中学生・高校生・赤ちゃんまで

  • 未就学児はおもちゃ・お菓子・1000円以内
  • 小学生は3000円~5000円
  • 中学生・高校生は5000円~1万円
  • 迷ったら年齢×500円
  • 会えない場合は現金書留、各種ギフト券で

お年玉相場表(子どもの年代・関係性別)

子どもの関係性▶
▼子どもの年代・年齢
自分の子 おい・めい 友人の子
赤ちゃん
(0~3歳)
おもちゃ・お菓子
孫・甥姪の場合は現金は親に
おもちゃ・お菓子
幼稚園・保育園児
(未就学児・年少以上)
1000円 1000円~2000円 500円~1000円
小学生・低学年 3000円 3000円~5000円 1000円~3000円 1000円~3000円
小学生・高学年 5000円 5000円~1万円 1000円~5000円
中学生 5000円~1万円 3000円~5000円 3000円 / 各種ギフト券
高校生 1万円 5000円 / 各種ギフト券
大学生 1万円 / 渡さない 5000円 / 渡さない 渡さない

お年玉は迷ったら「年齢×500円」!

一番シンプルで分かりやすいお年玉の計算式は、

「年齢×500円」

例えば、小学1年生(7歳)の場合は「7歳×500円=3500円」、小学6年生(12歳)の場合だと「12×500円=6000円」となります。
これだと計算式に数字を入れるだけですので、悩まずに済みますね。

0歳~3歳はお菓子やおもちゃでも!

お金という物の存在をまだきちんと理解していない0歳~2、3歳くらいまでの赤ちゃんへのお年玉は、お金の代わりにお菓子やおもちゃをあげるという方もたくさんいます。

幼稚園児・保育園児はキャラクター袋などで工夫を!

未就学児へのお年玉の相場は赤ちゃん時代に比べ、お年玉をあげる割合は増えるものの、金額自体はまだまだ抑えられています。キャラクターもののポチ袋に入れてあげたり、手渡す際に少し工夫を入れたりすると、同じ金額のお年玉でもより喜んでもらえることもあります。

小学生(低学年)は3000円を目安に

お年玉の計算式(年齢×500円)でいくと、例えば1年生(=6歳)は6×500=3000円、2年生(=7歳)は7×500=3500円と、計算式と比較してもだいたい同じような金額になるため、困ったら計算式を参考に、ご家庭の懐と相談して決めていきましょう。

小学生(高学年)は日頃の使い道を考えて

小学生低学年と同様、基本的には計算式に当てはめて決めていきますが、家庭の経済状況や普段子供にどれくらいお金を使っているのか、日常のお小遣いはいくらかなど、色々な側面を考慮し、増減を決めていきましょう。

中学生は3年間一律5000円と統一するのもOK◎

中学生は部活帰りに買い食いをしたり、恋愛に目覚めたり、まさに大人への第一歩を歩み始める年齢です。お金の使い道が多様化する年齢でもあります。この年齢になると、他の親戚からもたくさんお年玉をもらえる場合が多いので、そちらとの兼ね合いも考えて渡してあげてください。

高校生はアルバイトをしていてもあげるのが一般的

この年齢になると、家庭の経済状況も理解できるようになりますし、アルバイトを始めて自分でお金を稼ぎ始める人もいます。その一方で、友達同士の付き合いも幅広くなってゆき、遠出をする機会も増え、一般的な高校生の遊び方(カラオケやボーリング、遊園地、ショッピングなど)を考えると妥当な金額ではないでしょうか。アルバイトをしていても、お年玉はあげるのが一般的です

大学生は「渡さない」という選択肢も

高校生までのお年玉の相場とは基準がガラッと変わり、渡すどの主体からしても「渡す」or「渡さない」という選択肢になるようです。「高校を卒業するまで」「成人するまで」「社会人になるまで」と、大学生へのお年玉はいろいろな考え方があります。あなたの考えであげるかどうか決めて問題ないでしょう。

お年玉の決めごと

兄弟でも金額に差はつけるべき?

結論からいうと、できれば年齢によって兄弟でもお年玉の金額に差をつけた方がいいです

「そんな事したら下の子がかわいそうじゃない?」と思われる人も多いと思いますが、
兄弟の年齢が離れれば離れるほど最終的にもらえるお年玉の金額に差が出てしまいます。
年齢によって金額を変えてあげた方が平等にはなります。

お年玉はいつまであげるの?

お年玉をあげる年齢の基準として多いのは以下の通りです。

  • 「成人するまで」
  • 「高校を卒業するまで」
  • 「社会人になるまで」

※2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられる法改正があるため、「成人」「20歳」のいずれが基準となるか注目されます。

毎年お年玉をあげている方は、一体何歳まであげれば良いのか、と疑問に思う方もいるかもしれません。高校の卒業は、人生の大きな分岐点(進学か就職かなどら)でもあるので、大人と子どもの分岐点と考える方も多いようです。金額も高くなりますし、いつまであげるかの決まりは特にありませんので、ご自身の考えであげるかあげないかを決めてください。

孫はいつまでも孫

祖父母からの場合には、年齢に関係なくお年玉をくれる、というケースも多いようです。実際に私も、社会人になっても、お正月には「帰省のお小遣い」も兼ねておばあちゃんからお年玉をもらっていました。いくつになっても「可愛い孫」、というのに変わりはないのでしょうね…。

遠方などで子供に会えない場合のお年玉の渡し方

  • 現金書留で現金を郵送する
  • 両親や義父母など代理の方に託し渡してもらう
  • お年玉を渡す代わりにプレゼントを贈る
  • 無理に送らないといけないわけではない

現金で送る場合は必ず専用の『現金書留』で!

お年玉を郵送する場合、普通郵便として封筒に入れ送る事は法律違反となりますので、「現金書留」で送る必要があります。現金書留でも品物や手紙を同封することは可能ですので、一筆お手紙も入れるのもよいですね。

また、別料金がかかりますが、現金書留は日付指定も可能ですので元旦に届ける事もできます。事前に両親あてに送り、元旦にお子さんに渡してもらうのもいいですね。

お年玉を現金書留で送る手順

  1. ポチ袋にお金を入れる
  2. ポチ袋に子供の名前を書く
  3. 子供と親御さんに一筆手紙を書く
  4. 郵便局に持っていく。

現金書留の費用

  • 現金書留専用封筒:21円
  • 郵送の基本料金:82円
  • 現金書留料金:430円(送る現金が1万円までの場合。それ以上は5000円毎に+10円)

例)お年玉を2万円送る場合:21円+82円+430円+20円=553円

書留 - 日本郵便
引き受けから配達まで、郵便物の送達過程を記録します。万一の場合には、お申し出のあった損害要償額の範囲内で実損額を賠償します。

遠方の子供のお年玉の取扱いについて

遠方に住んでいてなかなか会えない場合や、日にちが合わずお年玉を渡せない時は、無理にお年玉を送らないといけない、という決まりはありません

お年玉をあげる子の親との関係性や家族内での考え方にもよりますが、一般的にお年玉は「会った時に渡すもの」、と捉えている人も多いようです。

家庭によって考え方が違うと思いますので、両親や義両親に相談して決めてもよいでしょう。

お年玉のマナー

喪中の場合のお年玉

喪中の場合でもお年玉は渡してOK

服喪期間を過ぎていればお年玉を渡しても良いと考えられています。子供たちも年に一度のお年玉を楽しみにしているでしょうし、何もあげないのも気の毒なものです。
ただし、新年を祝う言葉は使えませんので、「おめでとう」という表現を使うことはNGです。「おこづかい」とあげるのが一般的ですが、シンプルにポチ袋に「◯◯ちゃんへ」とだけ書くという方もいらっしゃるようです。

現金以外のお年玉・お年賀

券種 使いみち 買える場所
図書カード
書籍購入 図書カードNEXT
書店
Amazonギフト券
Amazon.co.jpでのお買い物 Amazonサイト
コンビニエンスストア
家電量販店・スーパーマーケット・ドラッグストア
itunesカード
iTunes Storeでのお買い物
主にゲーム・コンテンツ・音楽・映画
Appleサイト
コンビニエンスストア・Appleストア直営店
家電量販店・スーパーマーケット・ドン・キホーテ

お年玉はポチ袋に入れて渡す

お正月にお金をあげる時に使用するポチ袋。ポチ袋はお年玉だけでなく、心づけを包む際などにも用いられます。ただし、お年玉と書いてあるものはお年玉にしか使えませんのでご注意下さい!

お年玉を袋に入れずに渡すのはマナー違反です。お年玉をあげる際は必ずポチ袋を合わせて用意しておきましょう。

ポチ袋は名前入りで

ポチ袋の表側の真ん中に「お年玉」と書き、左上に渡す子供の名前を書くのがマナーです

ポチ袋に何も書かずに渡す方がいらっしゃいますが、あらかじめ名前が入っていると「前もって準備してくれていた」と感謝の気持ちも大きくなるものです。

小さい子供には「あいちゃん」「しょうくん」というように、ひらがなで書いてあげると良いでしょう。

次の項で詳しくお伝えしますが、目上の方の子供にお年玉をあげる場合、お年玉袋の表書きは「お年賀」がベストです。「お年玉」をあげるのは、基本的に親戚や親しい間柄の子供だけです

あげる相手別・お年玉袋の書き方

あげる相手 表書き 中身・注意点
目上の人の子供 お年賀 図書券やギフト券などの品物。
(お年玉としてあげるのは失礼に当たる。)
小さな子供 ひらがなで「おめでとう」「おとしだま」等。
左上に「◯◯ちゃんへ」等、子供の名を書くと良い。
お金の代わりにお菓子や絵本,おもちゃなどを、お年玉代わりにあげてもよい。
お年寄りやご両親 お年賀 現金収入の少ないお年寄りに感謝の気持ちを込めて。

ポチ袋はインターネットでも簡単に印刷できます◎

市販のポチ袋には、「お年玉」「おとしだま」といった文字が書かれているものもありますが、最近はインターネット上でダウンロードできる無料のポチ袋(お年玉袋)のPDFデータを公開しているサイトもいくつかあります。

提供サイト デザイン例
エコリカ – プリント素材 –
ペーパーミュージアム ポチ袋素材
ディズニーポチ袋

目上の人には「お年賀」として渡しましょう

【お年玉】としてあげる人

「お年玉」というのは、元々はお正月に神仏にお供えしたお餅を玉にして家族に分け与えた「年玉」が始まりとされており、家長が家族に分け与えたということがその始まりとなるので、「お年玉」は目上から目下に金品を贈る時に使う言葉になります。

  • 親から子へ
  • 叔父叔母から甥姪へ
  • 会社の上司から部下へ

【お年賀】としてあげる人

一方「お年賀」は、元々は年神様へのお供え物から始まった習慣です。これが時代とともに年始の挨拶回りの手土産のことを「お年賀」と呼ぶようになりました。すなわち、「お年賀」は目下から目上に金品を贈る時に使う言葉になります。

  • 上司の子供へ
  • お年寄りやご両親へ
  • 取引先の方へ

上司の子供であったとしても、「お年玉」として渡すのは失礼にあたります。上司や取引先の方へご挨拶に行かれる時は十分に注意しましょう!

お年玉を渡すタイミングはお正月の期間中がベスト!

一般的なお正月の期間は、

  • 「三が日(さんがにち)」
  • 「松の内(まつのうち)」

と言われています。三が日は1月1日~3日、松の内は1月1日~7日(地方によって日付が異なり、7日・10日・15日までのところもあります)となります。

お年玉を渡すタイミングもその範囲内がベストであると考えられるでしょう。

豆知識:お年玉の由来

現在は誕生日が来ると歳を1つ加えます(満年齢と言います)が、昔はお正月が来るたびに歳を1つずつ加える「数え年(かぞえどし)」という数え方が使われていました。

こうして新しい年を迎えると、歳をひとつ重ねるわけですが、年齢を重ねることの象徴として歳神様(としがみさま)にお供えものをし、新しい1年の無病息災を祈りました。このときお供物として供えられたお餅を、御歳神様の賜わりもの(おとしがみさまのたまわりもの)として分け合って食べるようになったことがお年玉の始まりとされています。

そうしたお年玉のはじまりは、神様へのお供え物だった鏡餅を割って、家族に分け与えるという習慣が起源だという説が有力です。神様にお供えして力の宿った鏡餅をいただくことによって、1年がよい年になりますようにと願う風習が、現代のお年玉に変わって残っているというわけです。

タイトルとURLをコピーしました