内祝いの相場:結婚・出産・新築などシーン別にご紹介

  • 内祝い(結婚、出産、新築、開店開業)の相場は、いただいたお祝いの半額が一般的
  • 上司や親戚、友人など、贈る相手によって品物を選ぶことが大事である
  • 内祝いとして選ばれる品物には、タオルや食材、食器、カタログギフトなど生活の中で活用しやすいものが多くなっている
  • 内祝いにお礼状を入れると、より感謝の気持ちを伝えることができる
  • シーンに合わせて正しく熨斗を使うのが、大人としての常識でもある
スポンサーリンク

内祝いの相場はいただいたお祝いの半額~3分の1が一般的

内祝いの相場はいただいたお祝いの半額~3分の1

いただくお祝いの金額によっても相場は変わってきますが、その「半額~3分の1」で用意をすると安心です。相手に失礼になることもありません。

スポンサーリンク

シーン別にみる内祝いの相場や特徴

内祝いを用意するシーンは、結婚や出産、新築などと記念すべきときが多いです。そこで、シーン別に内祝いの相場や特徴を見てみましょう。

結婚内祝い

3万円いただいているので1~1.5万円前後で結婚内祝いを検討する

内祝いの金額

おすすめの品物

2千円~5千円

個包装されたお菓子やジュース

ハンカチなどの小物

5千円~1万円

ビールや焼酎、タオルなどのセット

美味しいお菓子と紅茶のセットやティーカップ

1万円~2万円

贅沢なグルメ品やブランド食器

2万円以上

カタログギフト

 

結婚祝いでは3万円いただくというケースが多いため、結婚内祝いには1万5千円程度のものを準備すると良いでしょう。

結婚内祝いの金額は一般的には決まっているものの、贈る相手によって品物を変えてみましょう。相手のことを思って選ぶことが大切です

5万円・10万円といった高額の結婚祝いをいただいたとき

高額の結婚祝いをいただいたときは、一般的には通用する半返しが返って失礼にあたることがあるため注意が必要です

祖父母やおじ・おばなどの親族にあたる人は、結婚祝いが高額になる可能性が高いです。
5万円の半額になる2万5千円分で内祝いの品を考えるというよりは、心のこもった内祝いを送ると良いでしょう。結婚式のアルバムや新婚旅行のおみやげなどを直接持っていくことで、相手も喜んでくれるはずです。

連名で結婚祝いをいただいたとき

職場や友人から連名で結婚祝いをいただくこともありますが、この場合は内祝いを辞退されることが多いです。
人数分で割るのが難しかったり、予算的に良いものが見つからないケースもあるからです。相手に負担をかけないために内祝いを辞退するという方法もあるため、連名でお祝いをいただいたときには慎重に対応しましょう。

贈る相手が両親の場合

両親に内祝いを贈るときには、二人で一緒に使えるものを選ぶと喜んでもらえるでしょう。食器やタオル、贅沢感を味わえるグルメなどがおすすめです。二人が好きなものを選んで、届いたときに喜んでくれると嬉しいものです。

 

出産内祝いの場合

生後1か月の頃に渡す出産内祝い

内祝いの金額

おすすめの品物

2千円~5千円

お菓子の詰め合わせやタオルなど

5千円~1万円

ブランド食器やタオルなどの日用品やお菓子

1万円~2万円

ブランド食器のセットやグルメ品

2万円以上

カタログギフトやグルメ品

 

出産内祝いの相場は、結婚内祝いと同じく「いただいた出産祝いの半額」を目安に用意するとよいでしょう。3万円の出産祝いをいただいたら、内祝いは1万5千円程度となります。

内祝いを贈るベストな時期は、赤ちゃんが生後1ヶ月を迎えた頃です。

産後は赤ちゃんの世話や体調面で落ち着かない日が続くので、産前に大まかに内容を決めておくと、ゆとりを持って対応できます。いただくお祝いの金額によって内祝いの内容も変わってくるので、「金額ごと」にどのような商品があるのかチェックしておくと安心です。

 

親戚や両親など親族の場合

両親や親族には、有名ブランドのお菓子や食器など、こだわりの品物がおすすめです。好きなものを自由に選べるカタログギフトもおすすめです。

「失礼のないように上質なものを贈りたい」、「確実に喜んでもらえるものを選びたいと」考える人が多いため、質にこだわった品物が多くなっています。

知人や上司などの場合

知人や上司に出産祝いをいただいたときの内祝いには、相手の好みに合わせて喜んでもらえるものを選びましょう。紅茶と焼き菓子のセットやタオルの他、みんなに喜んでもらえると想定できるお菓子の詰め合わせやカタログギフトもおすすめです。

新築内祝い

引越しから1~2カ月以内に渡す新築内祝い
念願のマイホームを建てたとき、親族や関係者などから新築祝いをいただくこともあります。そのお返しとして用意する内祝いも、いただいたお祝いの半額が相場となっています。

内祝いの金額

おすすめの品物

2千円~5千円

入浴剤や洗剤などの日用品

5千円~1万円

ボディソープや石鹸、お菓子や紅茶の詰め合わせなど

1万円~2万円

カタログギフトやグルメ品

2万円以上

カタログギフト

両親や親戚には生活で活用しやすいものを

両親や親戚には、タオルや食器のほか、鍋や急須といった調理器具など、生活の中ですぐに活用できるものがおすすめです。

知人や上司には気軽に利用できるものを

食器や入浴剤、コーヒーや紅茶など、気軽に利用できるものがおすすめです。高級なお菓子が入っていると嬉しいですし、好みがわかっている方であれば、食器も毎日の食事の場で活用してもらうことができます。

新築祝いには「消えもの」が喜ばれます

新築祝いは、他の方も同じタイミングで贈ることが想定されるので、消費できる「消えもの」が安心です。食べ物であれば他の人からのお祝いと重なっても問題なく、贈る相手に負担を与えずにお祝いの気持ちを伝えることができます。入浴の際に使う石鹸や入浴剤、飲み物や食べ物を贈るのもおすすめです。

「新居に招待する」という手段も

新築内祝いの場合は、結婚内祝いや出産内祝いのように品物を選ぶ以外の選択肢として、新居に招待するという方法もあります。無事に完成した新居にお招きし、くつろいでもらうというのが目的です。「こんな家が建ちました」という紹介をする場にもなります。

開店、開業内祝いの相場はお返し方法によって異なる

内祝いとしておもてなしをする場合は開店、開業一ヵ月以内を目安にする

内祝いの金額

おすすめの品物

2千円~5千円

文房具や生活雑貨

5千円~1万円

お酒、高級ブランドのお菓子、お店のチケット

1万円~2万円

贅沢グルメや食器など

2万円以上

カタログギフト

 

開店、開業内祝いを考えるとき、いただいたお祝いによって内祝いの品物を上の表を参考にしながら探してみてください。また、どのように内祝いをするかによって、準備物は変わります。特に開店・開業内祝いの場合は、選択肢の一つとしてパーティーでおもてなしをする方法があるので、チェックしておきましょう。

パーティーでおもてなしをする場合

パーティーでおもてなしをする場合は、新しいお店や会社の中でゆっくりくつろいでもらうことが目的となります。その際に美味しい食事やお酒を用意して、みんなで楽しい時間を過ごせるよう、工夫してみましょう。
パーティーに来てもらった人には、ボールペンやタオルなどちょっとしたものを添えると良いです。また、パーティーは欠席だったけれどお祝いをいただいている場合は、お祝いの金額の半額程度で品物を選びましょう。

品物でお返しする場合

お返しする相手

品物

取引先

商品券やカタログギフト、名入れの記念品

友人や知人

記念品やお店のサービス券、生活雑貨

親戚や両親などの身内

タオルやお菓子、お店のサービス券

 

品物でお返しする場合は、相場を目安に、相手が日常生活で使いやすいものを選んでみましょう。高級食材や家電、食器、タオルなど、プチ贅沢を味わえるものから毎日活用できるものまで、いろんな品物をチェックしてみてください。
その際に、お礼状も一緒に入れておくと、相手に感謝の気持ちを伝えることができます。

開店、開業内祝いは、贈る相手によっても品物を吟味することが大切です。

特に取引先への内祝いは、品物を慎重に選びましょう。今後お付き合いさせていただくことにもなる場合は、失礼のないようにしなければいけません。 

スポンサーリンク

内祝いにお礼状入れるとき、どんなことを書けばいい?

内祝いのお礼状に書く内容はお礼の言葉、抱負、名前、新居の住所や連絡先
内祝いには、結婚や出産、新築などとシーンに合わせて用意することが多いです。その際に品物を贈るだけでなくお礼状も添えてあると、受け取った人は嬉しいものです。そこで、内祝いに入れるお礼状の書き方や例文を紹介しましょう。

お礼の言葉

どんな内祝いを用意する際にも欠かせないのが、お礼の言葉です。周りの人に支えられて今があるということを伝えるために、お礼の言葉は必須です。以下のような例文が、お礼状では使用できます。

・温かなお心遣いをいただきましたこと、心よりお礼申し上げます
・私どもの結婚に際しまして 過分なお心遣いをいただき 誠にありがとうございました
・この度はこころのこもった お祝いをいただき 誠に ありがとうございます

新生活への抱負

お礼の言葉を添えたら、次に新生活への抱負を語っていきます。こんな言葉をお礼状に入れると、受け取った相手も明るい気持ちになれるでしょう。

・これからふたりで力を合わせて幸せな家庭を築いていきたいと思っています
・喜びとともに責任の重さを感じ、気の引き締まる思いでおります。

結婚の内祝いなら新郎新婦の名前、出産の内祝いなら子どもの名前を

結婚や出産の内祝いでお礼状を書くときには、新郎新婦の名前や子どもの名前を書くのも忘れないようにしましょう。新郎新婦の名前を書くときは、旧姓を表示するのもポイントです。また、子どもの名前はふりがなをふって、由来も添えておくとよいでしょう。

新居の住所や連絡先 

新築や結婚して住所が変わった場合や、今後やり取りをしていく中で重要となる連絡先に関しての記載も必ず添えておきましょう。お礼状の最後で良いので、住所と連絡先は必要です。届いた内祝いの中にお礼状が入っていると、温かい気持ちになれるものです。また、本人たちの近況を知ることもできます。内祝いを用意するときは、ぜひお礼状も入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

 熨斗はシーンに合わせて使い分けよう

結婚は結び切り、出産や新築、開店は蝶結び
結婚や出産、新築などのシーンで内祝いを準備するとき、熨斗のマナーについての知識も必要になります。シーンに合わせて使い分けなければいけない熨斗ですが、どのようにすれば良いのでしょうか?それぞれの内祝いのシーンに応じて、ふさわしい熨斗を紹介します。

 

内祝いの種類

熨斗上

水引

熨斗下

結婚

内祝

結び切り

新郎の苗字のみ

出産

内祝

出産内祝

蝶結び

子どもの名前のみ

新築

内祝

新築内祝

蝶結び

世帯主の苗字

開店・開業

御礼

開店祝い

蝶結び

社名または店名

どの種類の内祝いを用意するかによって、熨斗に書く内容も異なります。常識はずれと思われないためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。苗字や子どもの名前の漢字を間違えないようにすることも大切です。

 

 

参考:

のしのマナー|内祝いならPIARY(ピアリー)

新築祝いのお返しマナー | ギフトコンシェルジュ〔リンベル〕

タイトルとURLをコピーしました