ハワイ挙式・結婚式の費用:100〜250万円!各料金と節約のコツ

冠婚葬祭
  • ハワイ結婚式の費用は約100万〜250万円 
  • 挙式だけでなく、旅費や宿泊費にも費用がかかる 
  • ゲストの旅費・宿泊費は負担しないが、お祝い金等は頂かないのが一般的 
  • 人気時期からあえてずらすことで費用を大幅に抑えられる 
  • 航空券やホテルは会社経由か個人手配のどちらが安いか検討しよう 
スポンサーリンク

ハワイ結婚式の相場表

種類費用
挙式料50万〜100万円
旅費(2人分)10万〜50万円
宿泊費(2人分)20万〜80万円
現地パーティー代20〜30万円
ゲストの旅費・宿泊費(1人当たり)0〜5万円
100万〜265万円

ハワイ結婚式の費用は挙式プランや航空会社、宿泊ホテルの料金などで大きく異なります。一般的に予算を重視する場合は挙式のみで約100万円ハネムーンも合わせて豪華に行う場合は250万円前後が相場です。

スポンサーリンク

【行事別】ハワイ結婚式の費用の特徴

挙式料:50万〜100万円

挙式会場を決める際は、ハワイ挙式を取り扱う旅行会社を利用するのが一般的です。費用は、挙式会場やプラン内容によって異なりますが、50万~100万円です。

 

「人気のチャペルで豪華に式を挙げたい!」という場合は、費用が高くなる傾向にあります。一方でロケーションの良いハワイで行う挙式自体はシンプルにするなら、費用を抑えられるでしょう。

 

基本プランには以下の内容が含まれることが多いです。

  • 新郎新婦の衣装、ドレス、ブーケ
  • メイク、ヘアメイク
  • 映像撮影、作成
  • 会場使用料
  • 牧師、神父、音楽奏者
  • 結婚証明書
  • 会場までの送迎

上記の基本内容以外に、「可愛いウエディングドレスを着たい」「絶景で撮影したい」など、さらにこだわる場合はオプション料金が発生します。

旅費(2人分):1万〜50万円

旅費を左右するポイントは大きく分けて下記3つです。

  • 航空会社
  • 利用時期
  • 手配方法

ANAやJAL、ハワイアン航空といった大手航空会社を選ぶと、往復30〜50万円と費用は高くなりますが、長時間のフライトでも快適に過ごすことができます。また早い時期から予約すれば安いプランを選択可能です。

 

一方旅費を安く済ませたい場合、エアアジアXやスクートといったLCCの利用がおすすめです。LCCなら2人で往復10万円前後で航空券を手に入れることができます。

 

また費用は利用時期も大きく影響します。大型連休や金・土曜の出発は高くなる傾向にあります。一方、大型連休明けや日曜日・平日の出発なら費用を抑えられるでしょう。

 

さらに、手配方法も重要です。費用を抑えたいなら個人で便を選んで申し込むことがおすすめですが、旅行会社を通して申し込むと特典が付くため総合的に見ると安くなる可能性があります。

宿泊費:20万〜80万円

宿泊費を左右するポイントは大きく分けて下記4つです。

  • 宿泊日数
  • ホテルの人気度
  • 宿泊する時期
  • 手配方法

ハワイ結婚式の宿泊日数の平均は、4泊6日〜5泊7日です。「せっかくハワイに行くのでのんびり過ごしたい!」と考える夫婦が多いようです。ただし挙式だけ済ませる場合、2泊3日で十分でしょう。宿泊日数が長い分費用は高くなります。

 

ハワイの人気ホテルの宿泊費は以下の通りです。

ハレクラニ5万7000円
モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート & スパ3万6000円
シェラトン ワイキキ2万8000円
ワイキキ・パーク・ホテル1万9000円
シェラトン・プリンセス・カイウラニ1万7000円
オハナ ワイキキ マリア バイ アウトリガー8000円

※1泊2日一人あたりの参考価格

人気ホテルは宿泊費が高い傾向にあります。また、宿泊費は人気時期によっても変動します。

 

ちなみにホテルを選ぶ際は利用シーンで選ぶことも大切です。例えば家族で行く場合は大人数で泊まれるコンドミニアム型ホテルを利用したり、フォトウェディングを楽しみたい場合は景色や内装が良いラグジュアリーホテルに泊まったりするのがおすすめです。

 

利用シーンを考えずに予約すると、ゲストの宿泊や別会場の予約などに余計な出費が発生する可能性もあるので注意しましょう。

現地パーティー代:20万〜30万円

挙式後に結婚式場や宿泊ホテルのパーティー会場・レストランを借りて、ゲストと現地でパーティーを行うこともできます。

 

費用は一人当たり2万〜3万円で、会場や料理・飲み物プランによって異なります。ハワイ結婚式の招待人数の平均は10人前後なので、総額20万〜30万円が相場です。

 

日本のウェディングパーティーのようにケーキ入刀を行う場合、さらにオプション代が発生する可能性があります。

ゲストの旅費・宿泊費:0〜5万円

ゲストの旅費・宿泊費を負担するかどうかで、ハワイ結婚式の費用は大きく異なります。

 

とはいえ10名前後のゲストの旅費・宿泊費を負担すると、100万円以上かかる可能性もあります。そのためゲストに全額負担してもらうか、一部負担するのが一般的です。挙式プランによっては、ゲストの航空券・宿泊ホテルをまとめて予約すれば割引になるものもあります。

 

またゲストに旅費・宿泊費を負担してもらう場合は、お祝い金(ご祝儀)やパーティー代を頂かないのが一般的です。ハワイ結婚式に招待する際に、事前に伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

費用節約のコツ!見直すべき4つのポイント

費用節約のコツ

1. 日程を人気時期からずらす

ハワイ結婚式を挙げる際、人気時期からあえてずらすことで費用を抑えることができます。

ハワイ結婚式の費用が安い時期

  • 大型連休や休暇明けの5月中旬〜7月中旬、9月中旬〜12月中旬 
  • 日曜日〜木曜日の出発 
  • 雨季に入る11月〜3月 
  • 8ヶ月〜1年前からの申し込み 

中でも狙い目の時期は「5月中旬〜7月下旬の平日」です。大型連休明けの平日なので値段が安い上に、ハワイが乾季に入っている時期なので天候が安定し快適に過ごせる確率が高いです。

2. 航空券やホテルの手配を工夫する

 会社経由個人手配
費用高い安い
割引大人数での申込なら大幅割引可能マイルを利用・チャージ可能
特典ありなし

航空券やホテルの手配を工夫することで旅費・宿泊費を安く済ませることができます。

 

旅行会社経由で手配する場合、手数料が発生するので費用は高くなりますが、ゲストの分までまとめて予約すれば大幅割引できる可能性があります。また現地でのショッピング券や機内サービスなど、同一価格で特典が付けられるのが一般的です。

 

一方個人手配は自分で航空券や宿泊ホテルを探して申し込む必要がありますが、その分費用は高くなります。またマイルを利用・チャージできるので、実質割引可能です。ただし特典などは付かない場合が多いので、総合的に見てどちらがお得か判断することが大切です。

3. 自分達で準備できるものを揃えておく

ハワイ結婚式はハワイ挙式を取り扱う旅行会社を利用して申し込むのが一般的ですが、自分達で準備できるものがあれば持ち込みましょう。例えば、ブーケやアクセサリーを持参したり、友人のカメラマンに撮影を依頼したりなどです。時間や手間はかかりますが、その分オリジナリティ溢れる結婚式にすることができます。

 

ただし会場や会社によっては持ち込みできなかったり、持ち込み料が発生したりする可能性があるので、手配する前に必ず確認しましょう。 

 

またトラブルが発生した場合は自分達で対処する必要があります。初めての海外婚で不安な場合はプロデュース会社に一任する方が良いでしょう。

4. 特にこだわりたいポイントを決める

 「一生に一度のハワイ結婚式を理想のものに仕上げたい!」という気持ちだけで進めてしまうと、想像以上に費用が高くなってしまうケースがあります。 

 

費用を抑えるためには、特にこだわりたいポイントを事前に決めておくことが大切です。

 

ハワイ結婚式で人気のこだわりポイントは「衣装」「撮影地」です。自分好みの衣装が用意されているか、抜群のロケーションで思い出の写真を撮影できるかをポイントに、挙式会場や宿泊先を選びましょう。

スポンサーリンク

ハワイ結婚式のおすすめプロデュース会社

プロデューサーに相談している様子

 教会・チャペル価格帯国内店舗
ワタベウェディング18件低〜中27店舗
アールイズ・ウエディング4件低〜高8店舗
グロリアブライダル14件低〜中5店舗
H.I.Sウェディング54件中〜高46店舗
ファーストウェディング18件中〜高2店舗
小さな結婚式3件15店舗

ワタベウェディング

教会・チャペル18件
プランの価格帯低〜中
国内店舗27店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

ハワイ結婚式を40年以上プロデュースするワタベウェディングは、挙式や現地パーティーはもちろん、ロケーションフォトや家族旅行の手配まで手厚くサポートしてくれます。教会やチャペルが18件用意されており、理想に合わせて選ぶことができます。

公式サイト:WATABE WEDDING

アールイズ・ウエディング

教会・チャペル4件
プランの価格帯低〜高
国内店舗8店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

アールイズ・ウエディングはリゾートウエディングの専門店で、高級ホテルでゴージャスな結婚式を挙げることができます。日本で試着したウエディングドレスを現地へ運び、本番でも着用できるので、サイズや雰囲気が合わないといったトラブルがないのも魅力です。

公式サイト:アールイズ・ウエディング

グロリアブライダル

教会・チャペル14件
プランの価格帯低〜中
国内店舗5店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

グロリアブライダルは人気のワイマナロエリアで唯一シーサイドチャペルを直営しているので、ワイマナロエリアでの挙式を安く抑えることができます。衣装の種類やフォトツアー、現地パーティーなどのケアも充実しており、満足度の高いサービスを受けられるでしょう。

公式サイト:グロリアブライダル

H.I.Sウェディング

教会・チャペル54件
プランの価格帯中〜高
国内店舗46店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

旅行会社のH.I.Sが運営するH.I.Sウェディングは、54件の教会・チャペルの中から会場を選ぶことができます。また航空券やホテルもまとめて手配できるため、割引を利用して費用を抑えることも可能です。

公式サイト:H.I.Sウェディング

ファーストウェディング

教会・チャペル18件
プランの価格帯中〜高
国内店舗2店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

ファーストウェディングは専属担当制で1組ずつ丁寧にプランニングしてくれるのが魅力で、とにかく内容にこだわりたい方に人気です。また写真や映像技術にも定評があり、リクエストして一生の宝物となる写真を撮ることも可能です。

公式サイト:ファーストウェディング

小さな結婚式

教会・チャペル3件
プランの価格帯
国内店舗15店舗
現地サロン/日本語スタッフ有り/有り

小さな結婚式は、とにかく低価格でリゾート婚を挙げられることで人気です。ハワイ結婚式なら13万8000円から挙げることができます。もちろん安いだけでなくサービスも充実しており、衣装レンタルや写真撮影、列席者プランなど、手厚いサポートが受けられます。

公式サイト:小さな結婚式

スポンサーリンク

ハワイ直行便のおすすめ航空会社

航空券を調べている様子

JAL(日本航空)

運賃例(往復)7万5000円〜
発着空港成田、関空、中部
受託手荷物数2個(23kg)まで無料

日本を代表する航空会社の一つであるJALは、価格が高い分サービスが充実しており、快適なフライトを送ることができます。また成田空港から直行便が毎日4便出ており、ハワイ路線も充実しています。

公式サイト:JAL国際線

ANA(全日空)

運賃例(往復)9万9700円〜
発着空港成田、羽田
受託手荷物数2個(23kg)まで無料

「ハワイといえばJAL」というイメージがありますが、ANAもサービス十分です。また2019年春から大型機エアバスA380の投入や、ホノルル空港のANAラウンジ設置など、ハワイ行きに力を入れています。

公式サイト:ANAのハワイ旅行・ツアー

ハワイアン航空

運賃例(往復)5万5000円〜
発着空港成田、羽田、関空、新千歳
受託手荷物数2個(23kg)まで無料

ハワイへの運航をメインとしたハワイアン航空は、大手航空でありながら航空券が比較的安いのが特徴です。一部では「座席が少し狭い」「日本語スタッフが少ない」という声もありますが、コスパが良いことで人気です。

公式サイト:ハワイアン航空

エアアジアX

運賃例(往復)1万2900円〜
発着空港関空
受託手荷物数2個(7kg)まで無料

とにかく安くハワイへ行きたい場合は、LCCのエアアジアXがおすすめです。最安1万2900円でハワイへ行くことができます。ただLCCなので、座席の狭さや手荷物の制限には注意が必要です。 

公式サイト:エアアジアX

タイトルとURLをコピーしました