廃車の費用相場:廃車買取業者に依頼すると簡単&収入になる?

  • 廃車を廃車買取業者に依頼することで、無料~10万円の収入になることも
  • 廃車買取業者は、手続きの代行も無料で行っているところが多い
  • 廃車にすると還付金が受け取れる
  • 廃車手続きをしても車を手元に置いておきたいなどの理由で、自分で廃車にする場合、出費は3万円程度
スポンサーリンク

廃車時の出費と収入

廃車の出費は、廃車することで受け取れる収入(還付金や買取金額)を差し引いて求めることができます。

 

計算式:

(解体費用 + レッカー代 + リサイクル料金 + 抹消登録手続き費用)-(還付金 + 車の買取価格)

 

解体費用

自分で行う:1万円~3万円

買取業者:無料

レッカー代

1万円前後

持ち込みの場合必要なし

リサイクル料金

(購入時に支払い済み)

1万円前後

抹消登録手続き費用

自分で行う(用紙代のみ):300~1000円

代行依頼する:0円~1.5万円

 

「廃車」となると費用がかかりそうですが、中にはプラスになる事例も多くあります。

 

廃車にすると、還付金が返ってきます。さらに下記のような場合もあります。

  • 廃車を買取業者に依頼し、高値で売却できた場合:新型で新車に近い車ほど高値で売れやすい
  • 自動車税を払ったばかりで、車検残がたくさん残っている状態で廃車にした場合:重量税・自動車税・自賠責の還付が多くなる

スポンサーリンク

廃車時の出費

解体費用:0~3万円

廃車の買取業者に解体・買取まで依頼すると、無料または収入が発生することも多いです。

 

詳しくはこちら>>廃車の買取相場

 

ただし、廃車にしても車は手元に残しておきたい場合など、業者に買い取りしてもらわない場合は1万円~3万円の出費になります。

 

レッカー代:1万円前後

事故・故障に遭って廃車になった場合にかかるレッカー代を、以下にまとめました。

JAF(一般道路)

 

会員

非会員

昼間

夜間

基本料金

無料

8230円

1万290円

作業料

無料

4650円

(吊り上げ作業:9300円)

けん引料

15kmまで無料

(15km超過は

1kmごとに720円)

1kmにつき720円

※故障車けん引での料金を参考

※出動した際の高速道路料金も別途かかります

 

JAF(高速道路)

 

会員

非会員

昼間

夜間

基本料金

無料

1万6460円

1万9540円

作業料

無料

4650円

(吊り上げ作業:9300円)

けん引料

15kmまで無料

(15km超過は

1kmごとに720円)

1kmにつき720円

※故障車けん引での料金を参考

※出動した際の高速道路料金も別途かかります

 

リサイクル料金:1万円前後

軽自動車

8000円〜1万2000円

普通車

1万円〜2万円

外国車

2万円

 

2005年以降に新車として登録された自動車であれば、購入時に支払っているので、廃車時に新たに支払う必要はありません。

 

抹消登録手続き費用:300円~1.5万円

自分で行う場合

300~1000円

(用紙の代金のみ)

業者に代行依頼する場合

廃車買取業者:0円

手続きのみの代行:1万5000円~

 

自動車の抹消登録手続きをすることで、還付金が受け取れます。

 

廃車の買取専門業者は無料で手続きを代行しているところも多いです。業者や行政書士に手続きの代行のみ依頼する場合、ばらつきがありますが、最低でも1万5000円は見積もっておきましょう。

 

スポンサーリンク

廃車時に返ってくるお金・収入

還付金3つ:自動車税、重量税、自賠責保険

廃車にして戻ってくるお金は3種類あり、自動車税、重量税、自賠責保険

自動車を廃車にすることにより、戻ってくる税金をまとめました。

1.自動車税(軽自動車以外)

普通車の場合、抹消登録をすると、翌年3月分までの自動車税が月割りで還付されます。抹消処理からおよそ2ヶ月〜3ヶ月後に、県税事務所より封筒が送られてきます。同封されている振込書を、郵便局または指定の銀行にて換金してもらいます。

 

軽自動車の場合、月割の概念がないため、還付されません。

 

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

~1000cc

2万7000円

2万4500円

2万2100円

1万9600円

1万7200円

1万4700円

1万2200円

9800円

7300円

4900円

2400円

~1500cc

3万1600円

2万8700円

2万5800円

2万3000円

2万100円

1万7200円

1万4300円

1万1500円

8600円

5700円

2800円

~2000cc

3万6200円

3万2900円

2万9600円

2万6300円

2万3000円

1万9700円

1万6400円

1万3100円

9800円

6500円

3200円

~2500cc

4万1200円

3万7500円

3万3700円

3万円

2万6200円

2万2500円

1万8700円

1万5000円

1万1200円

7500円

3700円

※3月抹消の場合、還付金なし

2.自動車重量税

自動車が解体処理されてから永久抹消処理をすることにより、還付されます。

 

「自動車検査証に記載されている有効期限の月」から、「永久抹消処理をした月」を差し引いた残月数により、還付額が決定します。

 

指定の口座に振り込まれるまでには、1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。

軽自動車

残月数

24ヶ月

23ヶ月

22ヶ月

21ヶ月

20ヶ月

19ヶ月

18ヶ月

17ヶ月

16ヶ月

15ヶ月

14ヶ月

13ヶ月

12ヶ月

11ヶ月

10ヶ月

9ヶ月

8ヶ月

7ヶ月

6ヶ月

5ヶ月

4ヶ月

3ヶ月

2ヶ月

1ヶ月

還付額

8800円

8434円

8067円

7700円

7334円

6967円

6600円

6234円

5867円

5500円

5134円

4767円

4400円

4034円

3667円

3300円

2934円

2567円

2200円

1834円

1467円

1100円

734円

367円

 

普通車

残月数

24ヶ月

23ヶ月

22ヶ月

21ヶ月

20ヶ月

19ヶ月

18ヶ月

17ヶ月

16ヶ月

15ヶ月

14ヶ月

13ヶ月

12ヶ月

11ヶ月

10ヶ月

9ヶ月

8ヶ月

7ヶ月

6ヶ月

5ヶ月

4ヶ月

3ヶ月

2ヶ月

1ヶ月

還付額

〜1t

2万5200円

2万4150円

2万3100円

2万2050円

2万1000円

1万9950円

1万8900円

1万7850円

1万6800円

1万5750円

1万4700円

1万3650円

1万2600円

1万1550円

1万500円

9450円

8400円

7350円

6300円

5250円

4200円

3150円

2100円

1050円

〜1.5t

3万7800円

3万6225円

3万4650円

3万3075円

3万1500円

2万9925円

2万8350円

2万6775円

2万5200円

2万3625円

2万2050円

2万475円

1万8900円

1万7325円

1万5750円

1万4175円

1万2600円

1万500円

8400円

7875円

6300円

4725円

3150円

1575円

〜2.0t

5万400円

4万8300円

4万6200円

4万4100円

4万2000円

3万9900円

3万7800円

3万5700円

3万3600円

3万1500円

2万9400円

2万7300円

2万5200円

2万3100円

2万1000円

1万8900円

1万6800円

1万4700円

1万2600円

1万500円

8400円

6300円

4200円

2100円

〜2.5t

6万3000円

6万375円

5万7750円

5万5125円

5万2500円

4万9875円

4万7250円

4万4625円

4万2000円

3万9375円

3万6750円

3万4125円

3万1500円

2万8875円

2万6250円

2万3625円

2万1000円

1万8375円

1万5750円

1万3125円

1万500円

7875円

5250円

2625円

3.自賠責保険

自動車の抹消処理をした後に、加入先の保険会社に還付申請をすると、還付されます。申請した日から、自賠責保険証に記載されている有効期限まで、1ヶ月以上の残月があることが条件です。

 

24ヶ月契約の還付金

残月数

23ヶ月

22ヶ月

21ヶ月

20ヶ月

19ヶ月

18ヶ月

17ヶ月

16ヶ月

15ヶ月

14ヶ月

13ヶ月

12ヶ月

11ヶ月

10ヶ月

9ヶ月

8ヶ月

7ヶ月

6ヶ月

5ヶ月

4ヶ月

3ヶ月

2ヶ月

1ヶ月

還付額

軽自動車

2万1750円

2万840円

1万9920円

1万8090円

1万7180円

1万6260円

1万5350円

1万4430円

1万3520円

1万2600円

1万1690円

1万770円

9870円

8980円

8080円

7180円

6280円

5390円

4490円

3590円

2690円

1800円

900円

普通車

2万2240円

2万1270円

2万290円

1万9310円

1万8330円

1万7360円

1万6380円

1万5400円

1万4420円

1万3450円

1万2470円

1万1490円

1万530円

9580円

8620円

7660円

6700円

5750円

4790円

3830円

2870円

1920円

960円

 

廃車の買取相場

軽自動車

0円〜1万円

コンパクトカー

(パッソ、デミオなど)

0円〜5万円

中型車

(プリウス、インプレッサなど)

0円〜10万円

ファミリーカー

(ヴェルファイアなど)

0円〜10万円

外国車

(BMW、アウディなど)

0円〜5万円

 

廃車の専門買取業者に依頼すると、解体費用が無料になったり、かえって収入になることもあります。

 

車を解体することで、業者は中古品としてパーツが売れたり、鉄骨部分を鉄スクラップとして売ったりできるためです。

 

詳しくはこちら>>廃車買取業者は、なぜ無料で手続き代行してくれるの?

 

スポンサーリンク

廃車の手続き方法:業者に依頼?自力でやる?

自動車が事故または故障によって廃車となる場合、方法は

  • 業者に依頼する
  • 自分で手続きする

の2種類があります。

 

結論から言うと、基本的には業者に依頼することがおすすめです。

業者に依頼するとカンタン!連絡のみで完了

買取業者またはディーラーに依頼する場合は、その店舗に依頼するだけで完了します。レッカー移動から解体処理、還付金の手続きなども、全て無料で代行してくれます。

 

面倒な手続きをする必要もなく、自動車の買い取りまでしてくれるので、廃車は買取業者に依頼することをおすすめします。

 

全て無料の廃車引取り業者はこちら>>【廃車ラボ】

自分で廃車手続きした方がいい場合

車をスクラップせず、売りたくない場合は自分で手続きしたほうがお得です。

 

手続きの流れ

1.解体業者を探す

自動車の廃車処理は、資格のある専門業者でないとできません。近くの自動車解体業者などを検索します。

2.運輸支局で車の一時抹消をする

自動車の一時抹消処理をすることで、自動車税の支払いを止めます。管轄の運輸支局にて手続きします。(管轄の運輸支局を検索

 

自動車の走行が可能なら、解体業者まで移動したのち抹消処理をしても良いでしょう。

3.レッカーで解体業者まで運んでもらう

レッカー業者に依頼し、自動車を解体業者まで運んでもらいます。

4.重量税還付・自賠責保険の還付処理を行う

自動車の解体終了の連絡を受けたら、運輸支局にて永久抹消処理を行い、重量税還付の手続きをします。また、加入している自賠責保険へ連絡をし、自賠責保険料の還付手続きもします。

 

スポンサーリンク

おすすめの廃車買取業者3つ

廃車本舗

廃車本舗

  • 事故車から故障車、不動車まで買い取り
  • 廃車費用・レッカー費用は全て無料
  • 全国どこでも対応

 

公式サイト:廃車本舗

ハイシャル

ハイシャル

  • 「0円以上の買取保証」がある
  • 年中無休で全国に対応
  • 還付金などの手続き代行

 

公式サイト:ハイシャル

 

廃車ドットコム

廃車ドットコム

  • 国から解体業・破砕業の許可認定を受けている
  • 引き取りから手続きまで、無料で代行
  • 公式HPには、書類の書き方も掲載

 

公式サイト:廃車ドットコム

業者に依頼する時のポイント2つ

還付金を確認する

買取業者によっては、還付金申請をしない、もしくは買取金額に反映させないところもあります。

 

  • 還付金は支払われるのか
  • どのような方法で還付されるのか

これらを確認しておきましょう。

 

解体証明をきちんともらう

抹消処理がされていないと、自動車税の請求がきてしまいます。とくに、自動車の抹消依頼を依頼している場合、抹消処理もしてあるのか確認しましょう。

 

スポンサーリンク

任意保険のロードサービス

加入している任意保険にロードサービスが付帯していて、条件が合えば利用できます。ロードサービスを利用しても、等級ダウンにはなりません。保険会社によっては、宿泊サービスや移動費用補償なども充実しています。

 

保険

補償内容

レッカー代

宿泊費用

交通費

三井住友海上

運搬費用30万円まで※

1泊1万5000円まで

レンタカー費用1日あたり7000円補償

  • 衝突・接触:最大30日間
  • 故障:最大15日間

あいおいニッセイ同和

1回の事故で30万円まで※

約500km相当のレッカーけん引が可能

1回の事故につき1泊1万5000円まで

帰宅の交通費より、1000円を引いた額を補償

イーデザイン損保

  • 指定の最寄りの修理工場まで:距離制限なし
  • その他の修理工場や自宅まで:60kmまで

チューリッヒ

  • 指定の修理工場まで:距離制限なし
  • その他の修理工場:100kmまで

1泊の宿泊代。

搭乗者全員分、制限なし(ホテル指定)

※車両保険付帯時は、車両保険金額の10%、または30万円のどちらか高い額まで

 

スポンサーリンク

廃車に関するQ&A

廃車買取業者は、なぜ無料で手続き代行してくれるの?

買い取った廃車のパーツや、スクラップした際のアルミホイル・鉄くずなどを売って、収益を得ているためです。

 

たとえば、綺麗な状態で残っているエンジンなら、海外にて高値で売却されます。中には数十万円以上で売れるものも。その他のパーツも、使える部分は取り外して再販されます。

 

たとえ水没車や事故車であっても、スクラップにすれば鉄くず代やアルミホイル代で売却可能なので、買い取りしてくれるのです。

 

手続き代行無料の廃車買取業者はこちら>>カーネクスト

ローンが残っている車も廃車にできる?

以下の条件なら、ローンが残っていても廃車処理が可能です。

  • 自動車の所有者名義が運転者のもの
  • ローンの一括返済が可能

 

車検証に記載されている「所有者」名義が、ローン会社やディーラー名になっていなければ、廃車しても問題ないでしょう。

 

所有者がローン会社やディーラーの場合

自分の名義にする手続きが必要となります(所有権解除)。

 

ローン会社やディーラーに問い合わせ、ローンを一括返済して、所有権解除に必要な書類をもらいましょう。管轄の陸運局にて所有権解除の手続きをすれば、廃車が可能となります。

 

名義人が死亡した時の廃車はどうすればいい?

所有者が死亡した自動車を廃車にするには、相続の手続きが必要です。軽自動車と普通車では手続きが異なります。

軽自動車の場合

相続の手続きは不要ですが、そのままの名義では抹消処理が行えません。まず代理人へ名義変更し、その後に抹消処理などが行なえます

 

普通車の場合

解体処理をした後に書類上の手続きをすれば、簡単に済みます。

 

主にこれらの書類を用意する必要があります。

  • 戸籍謄本
  • 代表となる相続人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 委任状、譲渡書

 

参考:

使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度について|国税庁

県税の還付・充当について – 愛知県

タイトルとURLをコピーしました