バイク買取の相場:相場を調べず査定はもったいない!損をしない売却方法

車・バイク
  • 買取相場は原付なら0~5万円。場合によって10万円近く損をすることも。
  • 販売価格から買取価格を予測し、「相見積もり」で損を防ぐ。
  • 大手買取店を基準に相見積もりを。販売力があるお店=高価買取に期待。
  • 買取業者一覧で自分に合った売却方法を探そう!
スポンサーリンク

販売価格20万円未満のバイクなら~5万円が相場

バイク買取価格は販売利益の構成から、目安となる買取相場価格(予測期待値)が推測できます。

 

販売価格整備費用営業利益買取価格(予測期待値)
20万円未満5万円~10万円~5万円
20万円~50万円10~15万円5~30万円
50万円以上10~20万円25万円~
スポンサーリンク

どんなバイクも「リサーチ」と「相見積もり」が大切

バイクを安く手放してしまったことに気がついて残念がる人の様子

およその相場価格を知らずにいきなり査定を依頼する場合、安く買い取られ損をしてしまう恐れがあります。

 

販売価格が30万円のヤマハ・マジェスティの場合、10~15万円の買取価格が期待できます。しかし、相場価格を知らずにいると、買取店のスタッフさんに買取希望額を聞かれた際、期待値より安く答えてしまうことがあるでしょう。

 

さらに相手も商売なので、キズなどの理由をつけ「8万円でいかがでしょうか?」というように安い額で交渉してきて、本来15万円のところを8万円で手放すなんてことも起こり得ます。

 

また、販売価格が20万円以下のバイクの場合、「こちらのバイクには買取額が付きませんでした。通常ですと処分費用が必要になりますが、今なら無料で引き取らせていただきます。いかがしますか?」と言われることも考えられます。

 

「安く買って高く売る」は商売の基本ではありますが、買取店のスタッフさんの意のままにならないためにも、複数のお店で年式・走行距離・色などを比較し、同程度のバイクがいくらで売られているのかを、予めリサーチすることが大切です。

 

そして、買取価格(期待値)を理解した上で査定に望み、複数のお店で相見積もりを取り、価格を競わせた上で納得し売却することが理想です。

スポンサーリンク

査定は「大手買取店」を基準に相見積もりを取ること

買取店は、業界最大手の「バイク王」から、街の小さなバイク屋さんまでいろいろとありますが、買取後の販売経路はどこも共通して以下の2つがあります。

 

  • 自社販売ルート
  • 業者間オークション

 

バイク買取後は、整備費用を抑えつつ売れる状態にまで仕上げられます。その後、一定期間自社の売り場に並べられますが、そこで売れない場合はオークションにて売却されるという流れになります。

 

 特徴
自社ルートによる売却お店にとって、売却利益を乗せられるため、ここで売れることが理想的。
業者間オークションでの売却在庫の循環と買取費用の回収が目的のため自社ルートでの販売に比べると利益は追求されていない。

このことから分かるように、バイク業界は販売経路に強みがある業者ほど、高く買い取ってくれる傾向があります。そのため、バイク王など業界大手とされる買取店での査定とあわせて、他のお店で相見積もりを取ることが一般的です。

バイクを査定するポイント

バイクと査定チェックシート

バイクを査定する際は、主に以下のような項目をチェックしています。

 

  • キズ・へこみ・外観
  • エンジンの音や調子
  • 電子部品・ライト
  • ホイールやサスペンションの動き・消耗品など

 

キズ・へこみ・外観

査定士は、傷の位置や凹み具合によって転倒や事故の大きさを予想します。

 

例えば、タンクに凹みがあると、そこからサビが発生し修理費用が大きくなるため、査定額への影響も大きくなります。

 

その他同様に、販売までにかかるコストを予測した査定が行われます。

エンジンの音や調子

エンジンがかかる場合、オイル漏れ・アイドリング音・走行距離からエンジンの状態を査定します。

 

査定士の経験による判断が大部分を占めているため、マフラーからの排気の色・ニオイ・音などに異常がある場合は、事故の有無や普段の使い方について質問されることもあります。

電子部品・ライト

ヘッドライトやウィンカーなど、主に公道を走るために必要な灯火類に対しての査定です。

 

単なる球切れの場合は査定額に影響しませんが、 メンテナンスがされていないバイクはケーブル類にグリスがつきやすく、それが原因で断線等の恐れもあるため、周辺への影響を考えた査定が行われます。

ホイールやサスペンションの動き・消耗品など

全身と同じぐらい大切な足回りの部品に対する査定です。状態が悪い場合は安全走行へのリスクが高いため、 歪み・曲がり・サビなどの他、可動具合を細かく査定します。

 

フロントフォークのオイル交換など、簡単なメンテナンスで動きが大きく改善される部品もあるため、査定前に調整することをおすすめします。

 

査定の際の注意点

注意すべきなのは、査定時に嘘の申告をしないこと。

 

嘘が判明した場合は、売却後のリスクを考えて査定額を下げるなどの対応をされることがあります。売り手に対して共有すべき部分もあるため正直な申告が必要です。

 

また査定するお店ごとにも違いがあるため、査定結果に納得したい場合は、依頼する前に複数のお店で確認することをおすすめします。

買取価格に影響を与える要素とは?

高く売れる時期

車と同じ様に、バイクも需要と供給のバランスによって価格が上下します。

一年のうちで高価買取に期待できる季節は次の通りです。

 

高く売れる時期理由
3月~4月
  • 新年度、新学期に伴う通勤通学用(小型・中型)バイクの需要が高まるため
  • 5月のゴールデンウィークに向けてツーリングの需要が高まるため
6月~7月
  • 夏季休暇
  • 北海道などへのロングツーリングの需要が高まるため
12月
  • 年末年始の長期休暇
  • 冬のボーナス商戦で販売台数が増え、中古車両の需要が高まるため

年式

バイクの買取価格に最も大きな影響を与えるのが「年式」です。

 

旧車のマニアもいるため一概に言えない部分もありますが、基本的には新しい年式に人気が集まるものです。

 

新しい分、整備費用も抑えられ、走行によるダメージや経年劣化の少ない高年式車両には高価買取が期待できます。

モデルチェンジ

モデルチェンジが発表された場合、旧型モデルの買取価格にも下落傾向がみられます。

 

近年のモデルチェンジで特に分かりやすかったのが、2018年2月1日にモデルチェンジのあった「Kawasaki NINJA 250」のケースです。

 

モデル走行距離販売価格買取価格(予測期待値)
2017年モデル
(モデルチェンジ前)
3595kmグリーン48.9万円28.9~33.9万円
2018年モデル
(モデルチェンジ後)
3785kmブルー54.8万円29.8~39.8万円

車検・保険・修復歴なし・ワンオーナーで見た場合

※参考:グーバイク 「Kawasaki NINJA 250」

 

以上の比較結果から、この車種は同じ走行距離や年式でも、モデルによって6万円ほど差があることが分かります。

 

他の多くの車種でも高年式モデルが高く売れる傾向があり、販売力のある大手買取店を基準にした相見積もりを「需要が高まる季節に合わせて」または「価格が下がる前に」行うことで高価買取が期待できます。

スポンサーリンク

バイク買取業者一覧 その他の売却・処分方法も

大手販売店から街の小さなバイク屋さんまで、仕入れ・販売経路として業者間オークションを利用しているお店が多く、バイク買取業者は無数にあります。

 

業者間オークションそのもので見れば相場価格にほとんど差はありません。しかし、お店の営業スタイルによっても買取価格が変わるため、付帯するサービスにも注目すると良いでしょう。

 

 業者特徴おすすめ度
ディーラーホンダドリーム新車からのホンダユーザーに最適
YSPヤマハバイク専門店ならではの安心買取と信頼査定
買取店バイク王業界最大手の安心感と店舗数
レッドバロン販売実績は業界No.1の年間9万台超!
一括査定バイク比較.comバイク一括査定業界No.1
バイクブロス査定後売却状況が6割以上と非常に高い
楽天カーサービス楽天の安心感・ポイントが貯まる
その他オークション・個人売買旧車や特殊なバイクの売却向き
リスクがある分高く売れる可能性がある
自分で廃車・廃車業者他店で査定額が0円の場合の処分に

ディーラー

メーカー直営店や特約店など、ブランドごとに専門性の高い査定内容が魅力です。買取店にはない安心感があるため、乗り換えや下取りなど、売却後も視野に入れた付き合いができます。

ホンダドリーム

ホンダドリーム

特徴
  • Honda DREAMで購入された126cc以上のホンダバイク新車を専門に買取
  • AIS・Dream認定検査員が査定するため、一定の査定品質が望める
  • 査定基準が公開されている
  • メーカーの安心感がある

公式サイトはこちら>>ホンダドリーム

 

YSP

YSP

特徴
  • ヤマハバイクを専門に買取
  • 全国統一の査定基準と専任スタッフによる査定があり、一定の査定品質が望める
  • 査定時間が約20分と短い
  • ヤマハバイクに買い換えるならお得感がある

公式サイトはこちら>>YSP

 

販売・買取店

販売・買取実績のある大手販売・買取店は、自社の大きな販売ルートを活かした高価買取に期待できます。また、店舗数が多いため、依頼を受けたらすぐに査定ができるなど、流通に特化したメリットがあります。

バイク王

バイク王

特徴
  • 買取台数累計170万台の業界最大手
  • 全国に60店舗以上あり、その在庫の多さや輸送コスト低さから高価買取が期待できる
  • バイクの出張買取が可能
  • LINEでの写真査定ができる

公式サイトはこちら>>バイク王

 

レッドバロン

レッドバロン

特徴
  • 販売実績は業界No.1の年間9万台超
  • 流通コストを削減しており高価買取を期待できる
  • 売却後の帰りの足も確保される
  • 買取代金は最短当日にその場で現金で支払い

公式サイトはこちら>>レッドバロン

一括査定

全国様々な買取店に対し一同に査定依頼ができるため、短時間でおおよその買取価格がわかり、相見積もりの手間が省けるというメリットがあります。

 

しかし、たくさんの買取店からメールや電話などが来るため、その対応に煩わしさを感じる人が多いのも事実です。

バイク比較.com

バイク比較.com

特徴
  • 価格.com、Yahoo自動車、Webikeと提携しているため、大手から中規模店まで全国80社のバイク買取業者で一括査定可能。
  • しつこい勧誘などがない

公式サイトはこちら>>バイク比較.com

 

バイクブロス

バイクブロス

特徴
  • バイク比較.comと比べると査定業者の数が最大8社と少ないが、納得の査定額で査定後売却状況は6割以上と非常に高い
  • ローン中のバイクや、不動車でも査定可能

公式サイトはこちら>>バイクブロス

 

楽天カーサービス

楽天カーサービス

特徴
  • バイク比較.comやバイクブロスと比べると査定業者の数が最大5社と少ないが、楽天ブランドの安心感がある
  • 成約後に楽天ポイントが1000ポイント貯まる

公式サイトはこちら>>楽天のバイク一括査定!

その他

買取業者やディーラー以外の売却方法です。

少々面倒な部分はありますが、一般的な査定では出しきれない、価値のあるバイクを買い取ってもらうことができます。

オークション・個人売買

カスタムバイクや廃盤モデルなど希少性のあるバイクの場合、業者に比べて段違いで高く売れる可能性があります。しかし、取引の際のトラブルは自己責任のため、専門的な知識が必要です。

自分で廃車する・廃車業者に依頼する

自分で廃車をする他に、廃車買取業者を選ぶという手段もあります。

 

廃車買取業者では、走行不能・損壊の激しいバイクなど、買取査定額の付かないものでも買い取ってもらえる可能性があります。また、面倒な廃車手続きも行ってくれるため、少しでもお金に変えたい場合におすすめです。

 

ちなみに、バイクを廃車にする場合は、排気量ごとに場所や必要なものが変わるため注意が必要です。

 

 手続きの場所もらえるもの用意するもの廃車費用
原付・125cc以下市町村の役場
  • 廃車申告書
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
0円
126cc~250cc以下陸運局
  • 軽自動車届出済証
  • 返納証明書交付請求書
  • 軽自動車届出済証
  • 返納届出書
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 軽自動車届出済書
約2300円~
251c以上
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 車検証
約2500円~
スポンサーリンク

バイク査定と売却時に必要なもの

バイク売却時に必要なものは、共通のものと排気量別に異なるものがあります。

 

共通して必要なもの
  • 身分証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑

 

排気量別に異なるもの
原付・125cc以下
  • 標識交付証明書(ナンバー取得時に発行される)
126cc~250cc以下
  • 軽自動車届出済証返納済確認書
  • 軽自動車届出済証返納証明書
  • 軽自動車届出済証
251cc以上
  • 自動車検査証(ナンバー取得時に発行される)
  • 自動車検査証返納証明書

以上の項目は名義変更の際に必要なものです。売却が決まった際に業者側が手配してくれることがありますが、個人売買をする際などでは自分で用意する必要があります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました