【小学生の通信教育】人気サービスの費用・特徴一覧

子育て
  • 不動の人気どころは「スマイルゼミ」「進研ゼミ小学講座」
  • 価格で選ぶなら「スタディサプリ」
  • 難関中学の受験対策など応用問題に力を入れられる「Z会」
  • 勉強嫌い・不登校で授業に付いていくのが難しいなら「すらら」
  • 難関大学の現役生・プロ講師のオンライン家庭教師「Axisオンライン」
  • 自主学習とオンライン家庭教師のいいとこどり「ネット松陰塾」
サービス名月額
(税別)
入会金など
(税別)
教科
スマイルゼミ3600円~専用タブレット代
9980円(1年継続)
国・数・理・社・英
進研ゼミ小学講座3680円~専用タブレット代
なし(半年以上継続)
国・数・理・社・英
スタディサプリ
※4年生~
1980円~なし国・数・理・社・英(中学英語)
Z会2200円~なし国・数・理・社・英
すらら8000円~1万円国・数・理・社・英(中学英語)
Axisオンライン1万2600円~なし国・数・理・社・英
ネット松陰塾8000円~2万円国・数・理・社・英

※月額・入会金など・教科はプランやキャンペーンにより異なります

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自宅学習を強いられているお子さんには、自宅ではなかなか集中できない、また学校の宿題だけでは物足りないなどさまざまな問題が出てきています。

 

そんな時には、通信教育サービスを利用するのがおすすめです。通信教育と一言でいっても、目的に合わせてさまざまな選択肢があります。

たとえば下記のようなものです。

  • 勉強が苦手でもゲーム感覚で基礎から身につけられる
  • 難関中学受験に向けて応用問題の数をこなせる
  • 2020年から必修のプログラミングや英語に楽しく触れられる

 

今回はタブレットや紙の教材で自主的に勉強を進めていくものを中心に、オンラインの家庭教師サービスなども交えて紹介します。

スポンサーリンク

スマイルゼミ


人気の高い通信教育で、学習には専用タブレットを使います。2018年には通信教育の小学生タブレットNo.1、2019年には小学生の英語教材No.1を受賞しています。

 

英語ではネイティブスピーカーの発音を聞いたり自分の声を録音したりして、英語特有のアクセントを練習でき、9割以上の受講生が英語を好きになったと回答しています。

 

学校を入力すると、実際の授業で使っている教科書を使った問題が出せるため、授業の予習・復習にも役立ちます。

 

国・数の学力診断テスト後は苦手分野に即した講座を受けられ、中学入試を控えた受講生には、発展コースで過去問題や授業より内容を深めた講座を受けられます。

 

公式URL:https://smile-zemi.jp/shogaku/

スポンサーリンク

進研ゼミ小学講座


専用タブレットで勉強していきます。国・数・理・社のほか、検定対策や英語・プログラミングの学習ももちろんタブレットひとつででき、追加料金は必要ありません。なにより他社と違うのは、約1000冊の電子書籍が読めるところ。

 

英語は実際にAIのキャラクターと話しながら進めていき、話す内容によってAIが対応を変えるので、より実際のコミュニケーションに近い英語を学べます。プログラミングでは実際に動きを見ながらゲーム感覚で組んでいくことができます。

 

赤ペン先生による添削や課題完了でもらえる豪華プレゼントなど、子どもが続けたくなる仕掛けが詰まっています。

 

公式URL:https://sho.benesse.co.jp/

スポンサーリンク

スタディサプリ


月額料金が1980円と他社に比べて圧倒的に安いです。先生の授業を映像で見ながら、学習を進めていくことができます。授業は一コマ15分と短く、集中力を保ちやすいのも特徴です。

 

違う学年の授業動画も追加料金なしで見られるので、苦手分野の復習や中学英語などの先取りも思うままです。

 

中学受験に対応した応用レベルの演習もあり、中学受験を控える受講生の半数以上は塾と併用しています。とくに理科は映像で実験を見ることができ、受講生や保護者から高い評価を得ています。

 

公式URL:https://studysapuri.jp/course/elementary/

スポンサーリンク

Z会


2019年にタブレットを使った通信教育で顧客満足度No.1となりました。タブレットを使ったコースだけでなく紙の教材を使ったコースもあります。

 

2020年に必修となったプログラミングや英語は、紙の教材のコースでもデジタル教材(スマホ・パソコン・タブレット)で受講可能です。より分かりやすく、発音や思考能力を高められるのが特長です。

 

応用問題や発展問題が多いという口コミが目立ちますが、まずは基礎をしっかり理解してから発展問題に取り組めるので、無理なく授業の一歩先に踏み込んだレベルの学習ができます。

 

難関中学の受験コースが3年生から用意されているため、じっくり準備できます。

 

公式URL:https://www.zkai.co.jp/el/

スポンサーリンク

すらら


授業1つの単元は10~15分で、キャラクターが問題を出すなど楽しく勉強できる工夫がされており、約9割が3か月以上継続できています。

 

学習レベルが学年で分かれていないので、下の学年の授業を復習したり、得意な分野は上の学年の勉強に進めたり、個人に合った勉強の進め方ができるのが魅力です。

 

勉強嫌い・帰国子女・不登校・発達障がいなど、普段学校で授業についていけないと感じていても、コーチが親と子どもを両面からサポートしてくれます。

 

公式URL:https://surala.jp/home/grade/es/

スポンサーリンク

Axisオンライン


オンラインの家庭教師システムで、難関大学の現役生やプロの講師が授業をします。パソコン・スマホ・タブレットで受講できます。

 

家庭教師なので他の通信教育に比べ値段が高いですが、試験前のみなどスポットで授業をしてもらうことも可能で、その場合授業1コマ(40分)あたり約5000円~となります。

 

すでに持っている教材を活用できるので、タブレット代などがかからないのも魅力です。

 

公式URL:https://axis.onl/

スポンサーリンク

ネット松陰塾


全国250教室の塾を展開している松陰塾のオンラインバージョンで、パソコンやiPadで学習できるデジタル教材のほか、専用ノートで漢字の書き取り練習もできます。

 

週に1回程度、講師とテレビ電話を繋いで、教材の進捗やノートの確認、定期考査・入試の対策などができます。

 

教材は正解するまで次に進めない仕組みになっていて、分からないままになることがありません。英語は2020年の新指導要領に対応していて、小学生でも無理なく単語の発音やつづりから学んでいくことができます

 
公式URL:https://www.web-showin.com/

タイトルとURLをコピーしました