TOEICの受験料【2019年最新版】値上げ発表!お得に受ける方法

英語
  • 資格として書けるのは「公開テスト」
  • 「公開テスト」は2020年4月に値上げされ5830円→6490円(税込)へ
  • 1年後の同月に割引適用される「リピート割引受験」制度がある
  • 楽天ペイ×楽天カード支払いでポイントがもらえる
  • 手軽にスコアアップを狙うならアプリ「スタディサプリTOEIC」がおすすめ
スポンサーリンク

TOEICの種類別料金表

TOEICの種類

内容

料金(税込)

リスニング&

リーディング

公開テスト

聞く・読む力を測る

5830円

※2020年4月~:6490円

スピーキング&

ライティング

話す・書く力を測る

1万450円

スピーキング

話す力を測る

6930円

ブリッジ・リスニング&

リーディング

初心者向け

聞く・読む力を測る

4950円

ブリッジ・スピーキング&

ライティング

初心者向け

話す・書く力を測る

9350円

※2019年10月~増税分値上げ後の料金

 

TOEICの種類は下記5つに分けられます。各種類によって特徴や受験料、追加期間の受験料、キャンセル料などが異なります。

TOEICの種類は下記5つに分けられます。①リスニング&リーディングは公開テスト。②スピーキング&ライティング、③スピーキング、④ブリッジ・リスニング&リーディング、⑤ブリッジ・スピーキング&ライティング

1.リスニング&リーディング(公開テスト)

料金の項目

料金

備考

受験料

5830円

※2020年4月~:6490円

追加期間の受験料

追加期間なし

変更手数料

申込後は変更できない

キャンセル手数料

キャンセル後の返金なし

L&Rテスト(リスニング&リーディング)は「公開テスト」とも呼ばれ、600点以上(990点満点)を取得すれば資格欄に記載できます。

 

英語によるコミュニケーション能力の物差しとしても活用されることが多いテストです。

 

日常会話やビジネスなど、幅広いシーンで使用可能な「聞く」「読む」英語力を測定・育成することができます。

 

受験料は5830円と比較的安いですが、申込後は受験会場・受験日の変更不可です。またキャンセルによる返金もないので、申込前にスケジュールをよく確認しましょう。

 

中学・高校レベルの英語を見直しながら勉強したい人や、更なるスコアアップを狙うならアプリ「スタディサプリTOEIC」がおすすめです。無料で7日間のお試しもできます。

2020年4月~公開テスト値上げ

2020年4月実施分のテストから、公開テストは6490円(税込)に値上げされます。

 

1度目の受験から1年後・2年後の同月に再受験すると割引される「リピート割引受験」も、5092円→5846円(税込)に値上げされます。

2.スピーキング&ライティング

料金の項目

料金

備考

受験料

1万450円

キャンセルの場合は
手数料との差額を返金

追加期間の受験料

1万3200円

空席がある場合
期間限定で追加申込可

変更手数料

2750円

申込開始日から
1ヶ月間変更可

キャンセル手数料

5000円

申込開始日から
1ヶ月間キャンセル可

S&Wテスト(スピーキング&ライティング)は、「話す」「書く」といった英語で発信する力を測定・育成することが目的のテストです。2007年にスタートしたばかりですが、グローバル化が進む近年注目を集めています。

 

S&Wテストの受験料はTOEICの中で最も高いですが、機械で自動採点できるL&Rテスト(リスニング・リーディング:公開テスト)とは異なり、複数の試験官の採点を平均化してスコアを出すためです。

3.スピーキング

料金の項目

料金

備考

受験料

6930円

追加期間の受験料

8745円

空席がある場合
期間限定で追加申込可

変更手数料

1815円

一定期間のみ受付

キャンセル手数料

3150円

一定期間のみ受付

話す英語力のみを測定する「Speaking Test(スピーキングテスト)」はS&Wテスト(スピーキング&ライティング)よりも安い値段で受験可能です。

4.ブリッジ・リスニング&リーディング

料金の項目

料金

備考

受験料

4950円

追加期間の受験料

追加期間なし

変更手数料

申込後は変更できない

キャンセル手数料

キャンセル後の返金なし

Bridge L&Rテスト(ブリッジ・リスニング&リーディング)は、基礎的な英語コミュニケーション能力を測定・育成できるテストです。英語を勉強し始めた中学生や、英語をやり直したい社会人など、初・中級者向けの問題が出題されます。

 

受験料はTOEICの中で最も安い4860円です。L&Rテストよりも料金・難易度が低いので、不安のある方はまずBridge L&Rテストを受験してみてはいかがでしょうか?

5.ブリッジ・スピーキング&ライティング

料金の項目

料金

備考

受験料

9350円

キャンセルの場合は
手数料との差額を返金

追加期間の受験料

1万2100円

空席がある場合
期間限定で追加申込可

変更手数料

2750円

申込開始日から
1ヶ月間変更可

キャンセル手数料

5000円

申込開始日から
1ヶ月間キャンセル可

Bridge S&Wテスト(ブリッジ・スピーキング&ライティング)は、英語による基礎的な発信能力を測定・育成することを目的としたテストです。

 

Bridge L&Rテスト(ブリッジ・リスニング&リーディング)と同じく初・中級者向けの問題が出題されており、「話す」「書く」英語力を一から鍛えたい人が受験することが多いです。

スポンサーリンク

TOEICをお得に支払う3つの方法

各方法によって割引料金や条件が異なります。

割引方法

公開テスト(5830円)の割引価格
(税込)

リピート割引受験を活用

(公開テストのみ)

5186円(644円安い)
※2020年4月~:5846円

楽天ペイで支払い

5713円(117円安い)

TOEIC IPテストを受験

4155円(1675円安い)

1.リピート割引受験を活用

適用後価格

5186円(税込)
2020年4月~:5846円(税込)

条件

  • 1度目の受験から1年後・2年後の
    同月に再受験する場合
  • 対象:公開テスト(L&Rテスト)のみ

リピート割引受験を活用すると、1度目の受験から1年後と2年後の同月に1回ずつ割引が適用されます。その他の月は割引対象外で、割引はL&Rテストのみの適用となります。TOEICの公式サイトから申し込みできます。

▼例

1度目の受験(2019年5月):通常料金

→ 1年後(2020年5月):1度目の割引

→ さらに1年後(2021年5月):2度目の割引

※その他の年月の受験料金:通常料金

1度目の受験を終えた後、しっかり勉強して1年後に割引価格で再受験する方が多いです。割引が適用される年月をメモして覚えておきましょう。

 

また2019年10月からの増税に伴い、リピート割引受験料も値上げされ、さらに4月に再び値上げされることが決まっています。

 

▼2020年4月(249回)~の割引料金

  • 公開テスト:6490円
  • リピート割引受験:5846円(644円安い)

2.楽天ペイで支払う

適用後価格

公開テストの場合
実質5713円(117円安い)

条件

支払い時に楽天ペイを選択

TOEICの支払いは下記3種類から選択できます。

  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い
  • 楽天ペイ

楽天ペイは100円につき1ポイント貯まります。楽天ペイ×楽天カードを組み合わせた支払いでポイントが2倍受け取れるので、100円につき2ポイント受け取れることになります。

 

楽天ペイで支払った場合も、「リピート割引」は適用されます。

▼2020年4月(249回)~の割引料金

  • 公開テスト:6490円
  • 割引適用後:6360円(130円安い)

楽天ポイントも使える

楽天ポイントも支払いに使用できます。例えば3000ポイント使用すれば、2830円で受験可能です。

3.TOEIC IPテストを受験する

適用後価格

4155円(1675円安い)

条件

自分が所属する団体からのみ受験可

TOEIC IPテストとは

  • 公募不可。学校や企業、英会話スクールなど団体が10人以上受験者を集めて行う
  • 試験内容:リスニング&リーディング
  • 公開テストとは違い、過去問の再利用
  • 資格として認められる公式認定証は発行されない
  • 公開テストのスコア目安となるスコアレポートが付与される

 

公開テストの模擬試験として利用する受験者が多いです。受験したい場合は、所属する学校・企業などがIPテストを行なっているか確認しましょう。

学校・企業の補助制度も利用しよう

TOEICのスコアはビジネススキルとして活用できるため、TOEIC IPをはじめ公開テストも受験を推奨する学校・企業が多く、補助制度が設けられていることも。

 

制度がなくても交渉すれば検討される場合もあるので、まずは相談してみましょう。

スポンサーリンク

TOEICを受験するまでの流れ

1.日程・会場を確認

TOEICを受験する場合、まずは日程と会場を確認しましょう。開催される日程・会場はテストによって異なります。

テストの種類

日程

会場

リスニング&
リーディング

2月・8月を除いて
各月、年10回

全国約80都市

スピーキング&
ライティング

各月午前・午後、年24回

全国13都市

ブリッジ・リスニング&

リーディング

2〜3ヶ月に一度・年4回

全国13都市

ブリッジ・スピーキング&

ライティング

2〜3ヶ月に一度
年8回(午前・午後)

全国3都市

受験者の多いL&Rテストは、開催される日程・会場が多く受けやすいのが特徴です。またS&Wテストは午前・午後の1日2回開催されます。

 

ちなみに全てのテストは日曜日に実施されます。

 

日程・会場を間違えると変更するのに手数料がかかったり、返金されない場合があります。申込み前に事前にスケジュールや申込内容をしっかり確認しておきましょう。

 

詳しい日程はこちら>>
【公式】年間テスト日程

2.受験申込

受験申込できる期間は試験実施日の2週間前〜1ヶ月半前までです。

 

空席があれば試験実施日の1週間前まで追加申込可能ですが、確実に受験したい場合は一次募集の期間内に申込みましょう。

 

なお支払いが完了した時点で申込完了となるので、期間内に支払い手続きまで済ませましょう。

3.試験準備&受験票到着

申込が完了したらTOEIC対策を行いましょう。

 

試験日の約2週間前に受験票が届きます。

試験会場や試験日を改めて確認しておきましょう。万が一受験票が届かない場合は、TOEICの公式サイトから問い合わせましょう。

4.試験当日

TOEICには受付時間があり、その時間内に現地で受付を済ませる必要があります。混雑が予想されるので、時間に余裕を持って行動しましょう。

 

当日の持ち物5つ

  • 受験票
  • 証明写真1枚
  • 本人確認書類
    (運転免許証、健康保険証等)
  • 筆記用具
    (HBの筆記用具・消しゴム)
  • 腕時計
    試験中は時刻アナウンスされない
スポンサーリンク

スキマ時間にスコアアップ!おすすめアプリ

アプリを使えば通勤・通学時間でも勉強できるので、毎日忙しい社会人・学生におすすめです。

スタディサプリTOEIC

スタディサプリは、月額2980円でTOEICを学習できるアプリです。英単語や文法から本番形式の模試まで幅広く対応しています。TOEICで満点を取った講師の解説動画が300本収録されており、映像を見ながら勉強可能です。

料金

月額2980円(税別)

対応機種

スマホ(iPhone、Android)、PC

  • 1日2分から、無理なく始められる
  • 7日間、無料で全機能お試しできる
  • 中学レベルの英語の見直しから、ハイスコア対策まで幅広くカバー
  • 本番形式の問題集20回分と、講師の解説動画300本が収録

値段は高く感じるかもしれませんが、着実にTOEICのスコアアップが狙えるアプリです。英単語や文法、問題集までスマホで完結してしまいます。なかなか独学が続かない人も、これなら手軽に始められますね。

 



タイトルとURLをコピーしました