一人暮らしの費用:20代は15万円前後。生活費の内訳と節約のコツ

住まい・引越し
  • 20代の場合、生活費と家賃の合計は、平均して15万円前後(家賃を除いて平均7~8万円)
  • 賃貸契約には初期費用が家賃の4~5か月分かかる
  • 初期費用は敷金・礼金が必要ない部屋を選ぶことで抑えられるが、立地が悪いなど条件があまりよくないことが多い
  • 引っ越し費用は閑散期の6~7月にすることで5000円~抑えられる
  • 都市ガスを選ぶ、格安SIMを使うなど、工夫により毎月の生活費を大幅に抑えられる
スポンサーリンク

一人暮らし 相場表

 

項目

相場

一人暮らし開始費用

賃貸の初期費用

家賃の4〜5ヶ月分

引越し費用

2万円〜5万円

家電

9万円~19.5万円

毎月かかる費用

家賃

3万円〜6万円

毎月の生活費

7.1万円~11.8万円

20代の場合:
家賃+毎月の生活費=毎月15万円前後

家賃を除いた場合、20代の生活費の平均は7~8万円となっています。

スポンサーリンク

地域ごとの一人暮らしの家賃(ワンルーム〜1DK)

地域

都道府県

家賃の相場

北海道

北海道札幌市

3万円〜4.5万円

東北

青森県青森市

4万円

宮城県仙台市

4万円〜4.5万円

関東

東京都新宿区

9万円〜12万円

千葉県千葉市

4万円〜6万円

北陸

富山県富山市

4万円

長野県松本市

5万円

中部

愛知県名古屋市

4万円〜6万円

静岡県静岡市

4万円〜6万円

関西

大阪府大阪市

4万円〜6.5万円

京都府京都市

4.5万円〜6万円

四国

高知県高知市

3.5万円〜4万円

香川県高松市

4万円〜5万円

中国

岡山県岡山市

3.5万円〜4.5万円

山口県下関市

5万円

九州

福岡県福岡市

4万円〜5万円

熊本県熊本市

4万円〜5万円

沖縄

沖縄県那覇市

4万円〜5万円

 

家賃は地域によって大きく変動し、都心部であるほど家賃は高くなります。地方であれば、都心部と比較して数万円ほど安く抑えられます。

 

ただ都心部でも、以下の条件なら家賃が安いことが多いです。

  • 交通の便があまりよくない
  • 物件に何かしらの欠陥がある(間取りが不便など)

 

家賃を安く抑えるためには、こだわりのポイントをできるだけ絞っておきましょう。

 

家賃について詳しい説明や、一人暮らし物件の賢い選び方のポイントはこちら>>

一人暮らしの家賃相場:目安は手取りの3割。上手な部屋選びの秘訣

 

スポンサーリンク

賃貸契約の初期費用

賃貸契約の初期費用には、トータルで家賃の4〜5ヶ月分が必要です。内訳はこのようになります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 保証金・敷引き
  • 仲介手数料
  • 前払い家賃
  • 火災保険料

 

家賃が6万円の場合:
6万円 × 4~5か月=24万円~30万円

 

6つの初期費用の詳細

敷金

地域

敷金費用の相場

北海道、東北、関東方面

0.8ヶ月〜2ヶ月

中部地方

1ヶ月〜2ヶ月以上

関西、四国、九州

2ヶ月以上

 

部屋を退去する際に、元通りに修復するために使われる、前払い準備金です。修復するために差し引かれた金額は、退去時に戻ってきます。

 

相場としては、家賃の1ヶ月分になりますが、地域によって変動します。

礼金

地域

礼金の相場

関東地域

0.8ヶ月〜1ヶ月

中部地域

1ヶ月〜1.5ヶ月

関西地域

1ヶ月〜2ヶ月

 

礼金とは、大家に対してお礼の意味を込めて支払う金額です。支払いをしたら、敷金のように戻ってはきません。全国的な礼金の相場は家賃1ヶ月ほどです。

 

交通の便が不便であるなど、不人気な立地の物件には敷金・礼金がないケースが多いです。大家としては、安くすることで早く入居者を確保したいのです。

 

ただし敷金がない代わりに、「退去時のクリーニング代」として敷金のようなものが請求されるケースもあります。契約を交わす前に、しっかりと確認しておきましょう。

 

保証金・敷引き

入居する前に家賃の数カ月分を一括して預かり、退去時に「原状回復費用」や一定金額の「敷引き」を引いた金額が戻ってきます。相場にして、およそ3ヶ月分が差し引かれています。

 

関西より西の方面では、敷金礼金の代わりとして「保証金」を請求しているところもあります

仲介手数料

地域

仲介手数料の相場

関東地域

0.5ヶ月〜1ヶ月

中部地域

1ヶ月

関西地域

0〜1ヶ月

 

仲介手数料とは、大家と借り主の仲介をした不動産会社に支払う手数料のことで、上限は家賃1か月分+消費税と法律で定められています。賃貸住宅に住む約6割の人が、仲介手数料を払っています。

 

仲介手数料やその他初期費用を抑えたいなら、詳しくはこちら>>

仲介手数料の相場:上限は家賃1か月分。安いと落とし穴も

前払い家賃

入居する際の家賃の一ヶ月分を、先に支払いする金額のことです。月の途中から契約して住み始める場合は、日割りで計算されるケースがあります。

火災保険料

契約年数

火災保険料の相場

1年

5000円〜8000円

2年

1万円〜1.5万円

 

賃貸契約の際には、火災保険への加入が義務付けられています。火災が発生した場合、建物自体の火災保険は大家が加入していますが、家財や隣家への賠償は、自分の火災保険で補うためです。

 

詳しくはこちら>>

火災保険の相場:基礎を知れば保険料は抑えられる

スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越し代費用

 

荷物量少

荷物量多

近距離

(20km未満)

遠距離

(50km未満)

近距離

(20km未満)

遠距離

(50km未満)

通常期

2万円〜2.5万円

2万円〜3万円

2.5万円〜3万円

3万円〜5万円

繁忙期
(3月)

2.5万円〜3万円

3.5万円〜5万円

3.5万円〜5万円

4万円〜6万円

 

一人暮らしの引っ越し費用は、以下の3項目によって料金が変動します。

  • 荷物の量
  • 引越し先までの距離
  • 時期(3月は繁忙期となり料金が高め)

 

なるべく安く済ませるには、閑散期の6月〜7月あたりで引越しを検討しましょう。1〜3月は引越しシーズンに当たるため、引越し費用が通常よりも5000〜1万円ほど高くなります。

 

閑散期には引越し業者も余裕があるので、下記のようなメリットがあります。

  • 繁忙期よりも対応が早くなる
  • 値引き交渉にも応じやすい

 

「荷物少・多」の基準を確認、業者ごとのプラン比較はこちら>>

単身引越しの相場:3万円~。引越プランの選び方と費用を抑えるコツ

スポンサーリンク

一人暮らしの毎月の生活費

一人暮らしの全体の平均費用は1か月7.1万円~11.8万円で、そのうち20代の平均費用は7~8万円

水道・光熱費

1万円~2万円

通信費

1000円~1万円

食費

2.5万円~5万円

交際費

1万円

洋服、娯楽費

2万円

日用品・消耗品、医療費など

5000円〜8000円

合計

7.1万円~11.8万円

 

20代の生活費の平均金額は、家賃を除いて7万円~8万円(家賃込みでは15万円前後)となっています。

主な6つの費用の詳細

水道・光熱費:1万円~2万円

電気代

5000円〜1万円

水道代

2000円〜5000円

ガス代

3000円〜5000円

合計

1万円~2万円

 

電気代は、夏・冬にエアコンを使うので、料金がより高くなる傾向にあります。

 

水道代は、地域によって変動します。また、お風呂が好きな人だと、料金が高めになります。中には一定料金として、家賃に水道代が含まれているところもあります。

 

ガス代は、同じガスの使用料で比較しても、都市ガスの方がプロパンガスよりも、月に1000〜3000円ほど安くなります。

 

キッチンコンロがガス・IHか、浴槽の給湯器がガス・電気かによっても変動し、冬場には1万円近い金額になるケースもあります

 

とくに

  • 自炊でガスコンロを利用する
  • お風呂に入浴する回数が多い

これらに当てはまる人は、プロパンガスか都市ガスかをしっかりと確認するようにしましょう。

 

通信費:1000円~1万円

Wi-Fiなどのインターネット代や、スマートフォンなどの通信費です。契約している会社や加入しているプランによって、大きく異なります。

 

 

1か月の通信費の相場

インターネット 回線代

3000円〜5000円

通信料金

1000円〜1万円

 

携帯電話の通信費は、格安SIMを使用することで抑えられます。

 

大手キャリアの場合、一人あたりの月額料金の平均は5000円〜1万円。一方の格安SIMなら、一人あたりの月額料金の平均は1000円〜5000円。

 

つまり、最大で5000円以上節約することができるのです。

 

格安SIMを提供しているDTI のサイトでは料金シミュレーションを使ってスマートフォン代がどのくらい安くなるかチェックすることができます。参考にしてみてください。

 

また、プランによっては光回線とセットで安くなるものもあります。パソコンのインターネット代の節約も考えるのなら、格安SIMとセットになっているキャリアを選ぶのも良いでしょう。

 

格安SIMとは
SIMカード
スマホやタブレットの中に入っている小さなカードをSIMカードといいます。格安SIMを提供している会社は、このSIMカードのみを取り扱い、通信には大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の回線を借りています。

食費:2.5万円~5万円

 

男性

女性

20代〜30代

4万円〜5万円

2.5万円〜3万円

 

食費は、自炊の方が外食に比べて1食あたり100円〜500円ほど安く抑えられます。外食費には、食材や光熱費のほかにも、人件費・店舗の維持費などが含まれています。

 

自炊を多めにすることで、月2万円程度に抑えることも可能です。

 

平日は自炊をする時間がなくても、週末に作り置きをしておくなどの工夫で食費を抑えることもできます。

 

また男女差が大きいのは、男性の方が付き合いで外食が多くなることや食べる量が多いことが原因です。

交際費:1万円

年代

1か月の交際費の相場

20代〜30代

1万円

 

飲み会や、遊びに出かけた際にかかる費用です。男性の方が多めに支払うシーンが多いためか、高めになる傾向があります。

 

日用品・消耗品、医療費:5000円〜8000円

トイレットペーパーや台所用の消耗品など、日用品は一人暮らしなら少量で済みますし、家にほとんどいない人であれば、そこまで費用はかかりません。

 

医療費は、体質や季節の変動による体調の変化などで大きく変動します。

スポンサーリンク

一人暮らしで必要となる家電

家電

相場

よく選ばれる特徴

電子レンジ

1万円〜1.5万円

  • シンプルな単機能型
  • 500W〜600W
  • 容量18L〜20L
  • コンパクトサイズ

冷蔵庫

2万円〜3万円

  • 霜取りの必要のない「間冷型」
  • 冷凍・冷蔵室が別の「2ドア」
  • 容量100L〜150L
  • 天板の耐熱温度100℃程度、耐荷重量30kg以上

洗濯機

2万円〜5万円

  • 容量5kg前後
  • 安さ重視:縦型洗濯機
  • 機能重視:ドラム型洗濯機
  • 忙しい人には「洗濯予約機能」
  • 簡易乾燥機能付き

炊飯器

5000円〜1.5万円

  • 1〜3合炊き
  • 安さ重視:マイコン式
  • 美味しさ重視:IH式
  • 手間が省ける「無洗米コース」

ガスコンロ

2万円〜4万円

  • コンロ台の上に設置する「据え置き」タイプ
  • 2口コンロ

掃除機

5000円〜1.5万円

  • 静音タイプ
  • コンパクト&軽量なスティックタイプ
  • お手入れが楽な「紙パック」方式

テレビ

1万円〜3万円

  • 薄型&小さめの26〜36型
  • 視聴時間が少なければ「フルハイビジョン」
  • あとで見返したい番組が多いなら「HDD付きテレビ」

合計

9万円~19.5万円

 

「あったらいいな」がコンセプトの家電販売サイトはこちら>>ツインバード・ストア

家電購入の心配のいらない「家具付き物件」

「家具付き物件」には電子レンジや冷蔵庫といった、生活に最低限必要なものが最初から揃っているので、わざわざ家電を購入することがありません。

 

家具を一からそろえる場合には、自分の生活スタイルなども考慮しつつ、なるべく必要最低限のものに限ったり機能を最低限のものにしたりすることでかなり費用が抑えられます。

 

たとえば電子レンジの場合、温める機能しか使用しないなら、オーブン機能のないシンプルなタイプのものを選べば1万円以内のものが買えます。

スポンサーリンク

一人暮らしの費用節約のポイントまとめ

下記のような工夫をすれば、費用が抑えられます

工夫内容

節約できる金額

こだわるポイントを絞り、家賃の安い物件を選ぶ

1か月あたり1万円以上

敷金・礼金不要の物件を選ぶ

1〜2ヶ月分の家賃

引越し時期を閑散期の6月〜7月あたりにする

5000円〜

ガスが選べるなら「都市ガス」を選ぶ

1か月あたり1000円〜

食事は主に自炊する

1か月あたり8000円〜

 

 

参考:

20代独身、生活費の平均は?どれくらいが普通?

平成28年度住宅市場動向調査報告書 | 国土交通省

家計調査 家計収支編 単身世帯 詳細結果表 年次 2018年 |  政府統計の総合窓口

家計調査報告(家計収支編)平成29年(2017年) | 総務省統計局

タイトルとURLをコピーしました