パソコンの相場:用途で考えるコスパの良い選び方のコツ

家電・電子機器
  • 最安値で3万円程度
  • ネットサーフィンや動画の視聴ならエントリーモデルで十分
  • 仕事で使うならHDDよりSSDがおすすめ
  • ビジネス用途は持ち運びやすさと性能のバランスに注目
  • 画像・動画編集やゲームに使う場合にはスペックが重要
スポンサーリンク

パソコン相場表

タイプ価格相場
デスクトップ (パソコン本体)5万円~15万円
ノートパソコン4万円~13万円
一体型パソコン5万円~20万円
タブレットPC3万円~10万円
2in1パソコン4万円~12万円

最安であればノートパソコンで3万円から、デスクトップパソコン(本体)で4万円から入手できます。その一方、高い性能を求めれば求めるほど金額も青天井です。パソコンは必要な機能をしっかり見定めてから選ぶのが後悔しない秘訣となります。

スポンサーリンク

用途別のパソコン価格相場とおすすめ機種

自宅用パソコンはベーシックモデルでもOK

家族でパソコンを囲む

自宅でメールを使いたい、ネット通販を利用したい、動画を楽しみたいという程度であれば最安値に近いパソコンでも問題ありません。最近ではパソコンの基礎性能が向上しているため、安いからといって劣悪な機種だとは限らないからです。不安であれば知名度の高いメーカーを選ぶと良いでしょう。

必要なスペック

CPUintel Celeron~
メモリ4GB~
ストレージ128GB(たくさん音楽や動画を保存するなら256GB~)

自宅用パソコンの相場

デスクトップパソコン4万円前後
ノートパソコン5万円前後

おすすめ機種:HP 15-da0000

HP 15-da0000 イメージ

約4万5000円から購入できるベーシックモデルでありながら、標準でフルHDの画質が魅力で、サイズも15インチと大型です。

 

タイプによっては、SSDや大容量のHDDも搭載可能なため、たくさんの画像や動画を保存しても快適に楽しめます。基本的には据え置きで利用するけれど、時々は別の部屋で利用したい方にぴったりです。

※引用:日本HP「HP 15-da0000 製品詳細」

ビジネス用パソコンはサイズと重量に注意

ビジネスマンとパソコン

ネットでのリサーチやメールのやり取り、WordやExcelのようなオフィスソフトを使う程度なら高い性能は不要です。ただ、さまざまなソフトを同時に開いたり、大容量のデータを扱ったりする場合はCPUとメモリに余裕を持った方が良いでしょう。動画や画像をたくさん保存する仕事でなければストレージは大きくなくても構いません。

 

液晶のタイプは、目が疲れにくいノングレア(非光沢型)がおすすめです。ビジネス用途なら持ち運ぶ機会も多くなるため、サイズと重さも重要な要素となります。1.5㎏程度なら持ち運びにもさほど負担を感じないでしょう。

おすすめスペック

CPUIntel Core i3~
メモリ4GB~(マルチタスクなら8GB~)
ストレージ128GB
液晶のタイプノングレア(非光沢型)
重量1.5㎏前後

ビジネス用パソコンの相場

デスクトップパソコン6万円前後
ノートパソコン7万円前後

おすすめ機種:Lenovo ThinkPad L390

Lenovo ThinkPad L390 イメージ

ThinkPadは長年ビジネスマンに支持され続けているビジネスノートです。いくつかモデルがあり、L390は液晶13.3インチ、重量約1.5㎏と仕事にちょうど良いサイズ感となっています。ストレージはSSDで液晶は疲れにくいノングレア仕様になっているなど、ビジネスで必要な機能が一通り揃っており、価格が9万円前後とリーズナブルなのもうれしい点です。

※引用:レノボジャパン「Lenovo ThinkPad L390」

動画・画像編集用パソコンはグラフィックボードが重要

パソコンで画像編集

画像や動画といった重いファイルを快適に処理できるよう、高性能なCPUメモリを積んでいる必要があります。また、グラフィックボードと呼ばれる画像処理のパーツも重要です。高性能なグラフィックボードがあることで、重い動画ファイルを扱ってもスムーズに動作してくれます。作業の関係上、画像や動画を数多く保存することになりますので、ストレージ容量にも余裕を持っておくと良いでしょう。

おすすめスペック

CPUIntel Core i7~
メモリ16GB~
保存容量1TB~
グラフィックボードGeForce GTX1050~

動画・画像編集用パソコンの相場

デスクトップパソコン10万円~
ノートパソコン12万円~

おすすめ機種:マウスコンピューター DAIV-DGZ530

マウスコンピューター DAIV-DGZ530 イメージ

最新のCPUであるIntel第9世代が実装されており、グラフィックボードは、遊べるゲームにも使用される、高精細グラフィックGTX10シリーズを搭載。ハードディスク容量も最大3TBとクリエイティブな作業に最適な機種です。これで約10万円から購入できるのは破格といって良いでしょう。

※引用:DAIVマウスコンピューター「DAIV-DGZ530」

ゲーム用パソコンは総合的な性能が必要

パソコンでゲームを楽しむ

パソコンゲームには最新のゲーム機をはるかに凌駕するグラフィックで遊べるものも少なくありません。ただし、それらのゲームを楽しむには総合的に高い性能を持つパソコンが求められます。 CPUについてはIntelのCore i7、メモリは最低8GB以上必要です。 また、グラフィックボードの性能が悪いと最新のゲームはまともに動作しません。予算の許す範囲で高性能なものを選ぶべきでしょう。 より快適にゲームをしたい場合には、ストレージは処理速度の速いSSDがおすすめです。ゲームファイルの容量は大きいので、たくさんのゲームを保存したいなら容量には余裕を持った方が良いでしょう。

おすすめスペック

CPUIntel Core i7~
メモリ8GB~
保存容量SSD500GB~
グラフィックボードGeForce GTX1060~

ゲーム用パソコンの相場

デスクトップパソコン15万円前後
ノートパソコン18万円前後

おすすめ機種:ドスパラ ガレリアXF

ドスパラ ガレリアXF イメージ

CPUはCore i7の第9代、グラフィックボードは最新モデルのGeForce RTX2070、ストレージは500GBのSSDに加え2TBのHDと最新のゲームも快適にプレイできる性能を持ちながら、価格は18万円と控えめになっています。迷ったら選んでおいて間違いないゲーム用パソコンの1つです。

※引用:☆ゲーム用パソコンならドスパラ!☆

スポンサーリンク

中古パソコンの特徴・どこで買える?

メリット

価格が安い

新品よりも安価に抑えられるのは、一番のメリットでしょう。人気モデルが半額の場合もあるため、中古パソコンを支持する人も多くいます。

セットアップが簡単

新品のパソコンにインストールされている不要なソフトは基本的に入っていないため、セットアップが簡単で動作もスムーズです。

エコである

使われなくなったパソコンを再利用することができるため、とてもエコですよね。ネットやOfficeなど必要最低限の作業ができればいいということであれば、中古パソコンでも十分です。

デメリット

使用感がある

中古パソコンは、ものによっては見た目に使用感があります。例えば、スクリーンが黄ばんでいたり、キーボードの文字が消えていたり、表面にステッカーの跡が見受けられることも。中古である以上仕方ない部分ではありますが、ネットよりも現物を見て購入するほうが、納得して購入できるためおすすめです。

バッテリー等の劣化がある

表面に使用感が見られないとしても、やはり以前使われていた分、バッテリー等の消耗部分には多少なりとも劣化があります。新品よりも寿命が短いのも妥協が必要な点でしょう。

機種が限られる

選べる機種が新品ほど多くはありません。しかし、もちろん中古品で欲しい機種に出会える可能性もあるので、まずは探してみましょう。

中古パソコンが買える!おすすめサイト

デジタルドラゴン

デジタルドラゴン

良質の中古パソコンや周辺機器が、中古ならではのお買い得価格で購入できます。

 

パソコンに詳しくなくても分かりやすく、「簡単な作業向け」「高性能」など機能&価格ごとにカテゴリ分けしてあり、保証もしっかりしています。

Be-Stock

Be-Stock 1997年にWEB通販を開始し、豊富な販売実績を誇るショップです。個人から法人まで幅広い用途に使えるパソコンが充実しています。

 

サポートがしっかりしていて、初めてでも中古パソコンに挑戦しやすいサイトです。

スポンサーリンク

パソコン選びで重要なポイント2つ

パソコン選びでは、大きく分けて2つのポイントを押さえておく必要があります。

 

  • パソコンのタイプ(デスクトップタイプやノートタイプなど)
  • スペック(メモリや画面のタイプなど)

 

どのようなタイプのパソコンにどのようなスペックを求めるのか、用途やライフスタイルによって決めていくことが大切です。

パソコンのタイプ

パソコン比較表

価格

性能

持ち運びやすさ

ビジネス向き

デスクトップ

パソコン

×

ノートパソコン

一体型パソコン

×

タブレットPC

×

2in1パソコン

デスクトップパソコン

デスクトップパソコン

メリットデメリット
  • 高性能
  • 拡張性が高い
  • スペースを取る
  • 持ち運びが難しい

デスクトップパソコンは、箱形のコンピュータ本体とモニター、キーボードで構成されたタイプのパソコンです。ほかのタイプよりも大型となるためスペースを取りやすく、配線の関係もあり移動させるのに手間がかかります。一方、ほかのタイプの同価格帯と比べて、性能が高い傾向にあるのがメリットです。また、カスタマイズがしやすいため、パソコンに詳しい人も多く使用しています。

ノートパソコン

ノートパソコン

メリットデメリット
  • 場所を取らない
  • 持ち運びしやすい
  • デスクトップに比べ拡張性がない
  • パーツを個別に修理できない

ノートパソコンは、コンピュータ本体とモニター、キーボードが一体となった折りたたみ型のパソコンです。どこにでも持ち運べることが利点で、小型ながら機種によってはデスクトップパソコンと同等の性能を実現することも可能です。一方、画面やキーボードなど各パーツが故障した場合に個別に交換や修理ができない点がデメリットです。

一体型パソコン

一体型パソコン

メリットデメリット
  • デスクトップに比べ省スペース
  • 見た目がスッキリしている
  • デスクトップに比べ拡張性がない
  • 性能面で劣る

一体型PCは、デスクトップパソコンのコンピュータ本体部分とモニターが一緒になったタイプのパソコンです。箱形の本体を置く部分が不要なのでスペースを取らず、ビジュアル的にもスッキリして美しい機種が多くなっています。ただし、デスクトップパソコンよりも性能面では劣り、本体の拡張性にも欠けるのが難点です。

タブレットPC

タブレットPC

メリットデメリット
  • 比較的低価格
  • 軽くて薄いので気軽に使える
  • 他のタイプよりも性能面で劣る
  • 事務作業に向かない

タブレットPCは、ディスプレイ部分だけで構成された小型パソコンです。アップル社のiPadが最もメジャーでしょう。基本的にキーボードではなく、タッチパネルで操作を行います。ノートパソコンよりもさらに携帯性が優れており、使う場所を問いません。低コストで手に入るため、とりあえず調べ物や動画の閲覧などをしたいという人には最適です。ただし、ほかのタイプよりも性能が劣る傾向にあり、事務作業には向きません。

2in1パソコン

2in1パソコン

メリットデメリット
  • 場所を取らない
  • 2つのスタイルを使い分けられる
  • ノートパソコンよりも性能で劣る
  • タブレットよりも重い

2in1PCは、状況に応じてキーボードを使うノートパソコンとタブレットPCの2つのタイプに切り替えられるパソコンです。液晶部分とキーボードが一体となった「コンバーチブル型」とキーボードが取り外せる「セパレート型」の2種類があります。2つのスタイルを使い分けられるのがメリットですが、ノートパソコンよりも性能が低く、タブレットPCよりも重くなりやすいのがデメリットです。

 

押さえておきたいパソコンのスペック

OS

OS(オペレーションシステム)は、パソコンを動かすためのソフトウェアのことです。基本的にパソコンによって搭載されるOSはあらかじめ決まっており、主に以下の種類があります。

 

  • Microsoft社の「Windows」
  • アップル社の「MacOS」
  • アップル社の「iOS」(タブレット用)
  • Google社の「Android」(タブレット用)

 

最もメジャーなのがWindowsで、デザイナーやクリエイターなどの人にはMacOSも人気です。特にこだわりがなければ、今まで使っていたパソコンと同じOSが入ったものを選ぶと良いでしょう。

CPU

CPUは、パソコンの頭脳ともいえるパーツです。CPUが高性能なほど複雑な操作や大量の情報を迅速に処理してくれるようになります。最も有名なブランドは、「Intel」で、主に以下の種類があります。

 

  • エントリーモデル向けの「Celeron」
  • 高性能CPUのローエンド「Core i3」
  • 万能タイプの「Core i5」
  • 重い処理も快適な「Core i7」

 

ネットサーフィン程度であればCeleronでも問題ありません。画像編集やゲーム、マルチタスクなどを行う場合はCore i5Core i7などを検討する必要があります。

メモリ

メモリは作業中のデータを一時的に保存しておく装置です。メモリの容量が大きいほどたくさんの作業や重いタスクをスムーズに処理することができます。

 

市販パソコンのメモリ容量は、以下の3つが多いです。

  • 4GB
    ネットサーフィンやビジネス用途
  • 8GB
    本格的な動画や画像編集を行う
  • 16GB
    最新のゲームを行う

ストレージ(保存容量)

文字通り、パソコン内に保存できるスペースがどの程度かを決める要素です。動画や画像、音楽、あるいはゲームのデータなど、比較的容量が大きいものを多く保存する場合は、特に大切な要素となります。現在のストレージには2つの種類があります。

 

  • 安価で大容量が詰める「HDD」
  • 値段が高いが処理速度に優れる「SSD」

 

OSもストレージに保存されるため、小容量のSSDにOSを積んで性能を向上させ、大容量のHDDに画像や動画を保存するという組み合わせも多いです。

画面のサイズ

大きい画面の方がたくさんの情報を見ることができ、ゲームや映像作品を楽しむときにも迫力が出ます。しかし、ノートパソコンなどは画面のサイズが機体のサイズと比例するため持ち運びが難しくなります。モバイル性を追求する際は見やすさと運びやすさのバランスを考える必要があるでしょう。

液晶の種類

液晶の種類には2種類あります。

  • グレア(光沢型)
    発色が鮮やか。自分を含めた景色が映り込み、目が疲れやすい
  • ノングレア(非光沢型)
    色合いが暗め。目が疲れにくい

 

パソコンの用途がエンターテインメント中心の場合はグレアを、作業が中心になる場合はノングレアを選ぶと良いでしょう。

USB端子の数

近年では、キーボード、マウス、USBメモリなどの外部記憶装置をはじめ、さまざまな機器をUSBで接続します。そのため、購入したパソコンのUSB端子の数が少ないと不便を感じる可能性が高くなるでしょう。いくつUSB機器を接続するのか検討をつけてパソコンを選ぶと後悔が少なくなります。

バッテリーの持ち

屋外でパソコンを使う機会が多い場合は、バッテリーの駆動時間も大切な要素です。バッテリー駆動時間が短いと常にケーブルを持ち歩く必要があるため、負担になります。そもそも、いつでも充電できるとは限りませんので、屋外で連続使用する時間を予想し、それに耐えられるパソコンを選ぶと良いでしょう。

重量

パソコンの持ち運びが多いライフスタイルの場合、その重さが快適性に直結します。体力や筋力にもよりますが、パソコン重量が2キロを超えると持ち運ぶときに負担に感じるケースが多いです。重量と性能は比例傾向にありますから、どのあたりを落としどころにするか、持ち運びの頻度や距離などを考慮しつつ決めるようにしましょう。

光学ドライブ(CD・DVD再生機能)の有無

ビジネス向けのパソコンやウルトラブックなどの小型パソコンの中には、CDやDVDを再生するためのドライブが設置されていないものもあります。CDやDVDのパソコンソフトや映画などをパソコンで利用したい場合は、光学ドライブがついているかしっかり確認しておきましょう。同じ機種でもカスタマイズによって光学ドライブの有無が変わる場合があるので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました