パソコン買取の相場:より高額査定されるコツ&お得な買取先の選び方

家電・電子機器
  • デスクトップPCでは性能により16万円の差も
  • 価値の高いパソコンは買取専門店で高額買取が期待できる
  • 家電量販店では一定金額で買取&そこでの値引き券になる
  • 高額査定のコツ:①動作確認②付属品を揃える③PCのクリーニングをする
  • 複数の業者に査定依頼することで、高額な売り先が選べる
スポンサーリンク

PC買取相場表

高スペック

中スペック

低スペック

デスクトップPC

~18万円

~10万円

2万円~4万円

ノートPC

~13万円

~10万円

1000円~3万円

タブレットPC

~4万円

~2万円

2000円~5000円

PCの型による買取相場の違い

デスクトップPC:2万円~18万円

他の種類のパソコンと比べると比較的高価なものが多く、買取相場も高めです。またスペック幅が最も広いので、それに応じて買取金額の幅も広くなっています。

 

パーツごとにバラ売り可能なので、どの業者でも完全に買取不可ということはほぼありません。

ノートPC:1000円~13万円

最もよく買取に出される種類のPCであり、業者によっては買取金額の基準が細かく定められています。

 

基本的にデスクトップPCと同じようにスペック・使用年数などで金額が決まりますが、ノートPCの特性上スペックに上限があるため、買取相場も高くて13万円あたりで頭打ちになります。

タブレットPC:2000円~4万円

パソコンというよりスマートフォンのような扱いで買い取られることが多く、買取相場もシンプルで安めです。

 

スペックではなく、機種ごとに買取金額が定められていることがほとんどです。

その他:定価の5~25%

デスクトップPC、ノートPC、タブレットPCのどれにもあてはまらないパソコン買取相場は、需要にもよりますが定価の5~25%程度になります。

 

自作PCはパーツごとに計算されて買取され、買取相場はデスクトップPCとおおよそ同じ2万円~18万円です。

 

プレミアム品は数が少なく、買い手によって金額が大きく変わります。

スポンサーリンク

スペックによる買取価格の違い

OS

mac OS

4000円~15万円

機種

買取価格

MacBook Pro

3万円~15万円

MacBook Air

3万円~7.5万円

MacBook

4000円~9万円

Macの買取専門はこちら>>Mac買取ネット

 

Windowsに比べても高値で買い取られやすいです。

 

Macbook Proの場合、特にRetinaディスプレイが搭載されたものが高額査定されています。

windows OS

~18万円

 

←相場低

   

相場高→

バージョン

windows XP

windows Vista

windows 7

windows 8

windows 10

デスクトップのシェアの9割を占めているWindowsは様々なメーカーが搭載しており、Macbookのようにこれといった相場は出ませんがバージョンが新しいものほど相場が高くなります。

 

高価買取の目安は、OS10です。

 

高価格で買い取られやすい人気機種は

  • Panasonic「Let’s note」
  • Microsoft「Surface Book」
  • NEC「LaVie」
  • TOSHIBA「dynabook」など

などが挙げられます。

android OS

2000円~3万円

 

←相場低

   相場高→
バージョン

5.1.1

6.01

7.1.1

8.1

9.0

アンドロイドのOSはタブレットやタブレットPCによく搭載されています。新しいものほど高く売れ、アップル製品に比べて時間とともに買取価格が下がっていくのが特徴です。

CPU

~11万円

メーカー

相場低

      

相場高

intel

Atom

cerelon

coreM

Pentium

core i3

core i5

core i7

core i9

AMD

A4

A6

A8

A10

FX

Ryzen3

Ryzen5

Ryzen7

型番などにより値段は大きく変わります。

CPU
CPUとは
PCを構成する重要なパーツで、全てのPCに搭載。プロセッサともよばれる。CPUの性能はPCの性能に大きく関わる。
CPUの見方
【Windows】コントロールパネル→システム
【Mac】アップルメニュー→このMacについて

メモリ

 

←相場低

    

相場高→

容量

2GB

4GB

8GB

16GB

32GB

64GB

メモリは、容量が大きいほど相場が高くなります。

その他

グラフィックボードやサウンドカードなどによっても買取金額は大きく変わります。

 

元々それらが付いていないパソコンも多いので、付いているだけである程度買取金額は上がります。

スポンサーリンク

得する買取先選びのコツ

パソコン買取業者
4つの販売先の特徴について説明します。

買取先メリットデメリット
家電量販店キャンペーンが充実「定額買取」で高い価値のPCが安く買い取られることも
中古販売店状態がよく付属品がそろっていれば高価買取の可能性あり買取されない場合、引取に費用がかかることも
専門買取業者状態が良ければ高価買取の可能性あり元値が安いPCは買取されないことも
ネットオークション、個人販売業者より高値になることも手間がかかる

1.家電量販店

他の業者やサイトなどで、パソコンの価値をある程度把握してからの利用がおすすめです。

メリット

  • 「下取り」「定額買取」などキャンペーンが充実
  • 定額買取では、低い価値のPCも一律の金額で買取り
  • 家電販売店での値引きが使え、すぐに新しいパソコン・電化製品がほしい場合に便利

デメリット

  • 一律金額での買取は、価値が高いPCでもそれ以上の金額にならない

他の業者なら5~6万円で売れていたようなパソコンでも、1万円分の割引券にしかならないという場合もあります。

2.コンピューター系中古販売店

パソコンの状態に自信がある人におすすめです。中古販売店は、商品として出すためにパソコンを買い取るので、査定では特にパソコンの状態が問われます。

 

また、買取の条件として

  • 付属品がそろっていること
  • パソコン使用年数が短い

などが決められていることも。

メリット

  • 状態が良く付属品が揃っていれば、高価買取の可能性
  • PCの状態が悪くても、使えるパーツを買い取ってくれることも

特にデスクトップPCを売りたい場合は一度見てもらうのも良いでしょう。

デメリット

  • 買取されなかった場合、引取費用を請求されることも

他の業者であれば引取だけでも出来ることが多いのですが、コンピューター系中古販売店で買取されなかった場合は注意が必要です。

3.専門買取業者

パソコンの元値が高く、その価値に自信がある場合に最もおすすめです。パソコンのスペックやパーツ、発売時期などそれぞれに細かく買取金額が設定されている場合が多いのが特徴です。

 

パソコンや周辺機器の買取専門業者はこちら>>【パソコン買取アローズ】

メリット

  • 専門というだけあり、パソコンへの理解度が最も高い
  • 状態が良ければ高値で売れやすい

デメリット

  • パソコンが古く、元値が安ければ買取されないことも

4.ネットオークション、個人販売

業者に頼らず、オークションサイトや出品サイトなどを使って自分の力だけで売ってしまう方法です。業者に査定してもらったもののほとんど無料だった場合などに、この方法で売ってしまうのも一つの手です。

メリット

  • 売値のまま買取されれば、業者より高値になることも
  • パーツに希少価値があれば高値で買ってもらえることも

古いパソコンでもプレミアム品などは特に、詳しい人に買い取られれば高値になることもあります。

デメリット

  • 手間がかかる

データ消去や梱包も、自分で行わなければなりません。

スポンサーリンク

パソコンを高く売るコツ4つ

1.動作確認をする

動作確認とは、パソコンを起動させて正常に動作するかを確認することです。買取査定に出したパソコンに予期せぬ動作不良が発生した際、査定額が安くなってしまいます。

 

事前に動作確認をしてエラーを見つけたら、その原因を解消してエラーを取り除いておきましょう。

 

しばらくパソコンを起動していない場合は動作確認を怠ってしまいがちですが、こういったパソコンには要注意です。最後のひと手間で査定額が下がらずに済むと思ってやってみてください。

 

壊れたMacでも買取可能な業者サイトはこちら>>【オンラインMac買取ストア】

2.付属品・箱はできるだけ揃える

付属品とは、パソコンを購入した際についてくるもの全般を指します。

  • 説明書
  • 保証書
  • ケーブル(ACアダプターなど)
  • マウス
  • キーボード
  • 購入時の箱 など

パソコンを入れる箱は付属品をピッタリ収納できるような構造になっているものが多いため、売るときもその箱に入れておけば、付属品のつけ忘れをしてしまう可能性が少なくなります。

 

付属品が揃っていると、より高く業者に買い取ってもらえるのはもちろん、パソコンを購入してあまり時間が経っていない場合は新古品として扱ってもらえることもあります。

 

もちろん箱が無くても売ることはできますが、その場合はパソコンをそのまま持っていくのではなく、何かに包んで破損や汚損の可能性を減らした上で持っていくと良いでしょう。

 

3.外装のクリーニング

ケース・モニター等は汚れを拭き取る、キーボードは内部まで掃除する、パソコン内部のファンのホコリを取り除く、パソコンのシールを綺麗にはがす

外装とはパソコン以外の部分、ケースやキーボードなどハード部分のことを指します。

 

外装のクリーニングをしっかりできていれば、より高額査定の可能性が高まります。逆に大きな汚れは、多くの業者で減額査定対象となります。

掃除箇所掃除方法

ケース・モニター等

簡単に掃除。アルコールタオルで汚れを拭き取る

キーボード

専用の道具で汚れを取り除くのがベスト

パソコンのステッカー

きれいにはがす

ケース内部のファン

(デスクトップPCの場合)

ホコリが溜まりやすい。念入りにクリーニング

キーボードは構造上、内部に汚れが溜まりやすく、その汚れが動作に影響を与えていることも。査定の際にはしっかりと確認されるので、できるだけ内部も専用の道具で汚れを取り除くのがベスト。

 

パソコンにシールが貼ってあると減額査定対象になることが多いので、査定の際には忘れずに剥がしておきましょう。剥がしたあとの汚れが残りやすいので注意が必要です。

 

4.買取査定は複数の業者に頼む

パソコンの買取金額は業者によって大きく変わります。複数の業者に査定を依頼することで、より高い査定額を提示した業者を選ぶことができます。無料で一括査定してくれるサイトを利用すると便利です。

 

パソコン査定が一括でできるサイトはこちら>>

パソコン買取比較.com

買取価格比較【おいくら】

 

家電量販店などでは商品の割引券など特典があることも多いですし、そういった買取金額以外のおまけに巡り会える可能性も、複数の業者に査定を頼んだ場合のほうが高くなります。

スポンサーリンク

パソコンを売る時の注意点

パソコンのデータクリーニング

データのクリーニング

データのクリーニングというのは、パソコン内に蓄えたソフトウェアなどの情報をすべて消去し、工場出荷時と同じような状態に戻すことです。

 

もしこの作業を行わなくても、多くの買取業者は念のために買い取ったPCのデータをクリーニングして売りますが、自分でやっておいた方が確実です。

 

パソコンの内部には住所・電話番号、クレジットカード情報、特定サービスのパスワードなど、大切な個人情報が大量に入っています。万一そういう個人情報が悪意ある人に渡ってしまっては、その後の大惨事は避けられません。

windowsOSの場合

  • 設定欄「更新とセキュリティ」→「このPCを初期状態に戻す」→「開始する」
    「オプションを選んでください」→「すべて削除する」
  • 「ドライブのクリーニングも実行しますか?」という画面が現れた場合
    「ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行します」を選択
  • 「お使いのアプリは削除されます」→「次へ」
    「このPCを初期状態に戻す準備ができました」→「初期状態に戻す」

→完了

macOSの場合

macOSの場合は、はじめにmacOSが最新版に更新されているか確認しましょう。最新版でない場合は手順が変わる可能性があるので、必ず最新版に更新しておいてください。

 

  • 電源を一度落とし「command」+「R」を押しながら電源を付ける
  • 「macOSユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」
  • 「MacintoshHD」を選択、上側「消去」をクリック
  • 「”MacintoshHD”を消去しますか?」→「消去」
    ※名前・フォーマットを変えられる欄が出てきますが、変更してもしなくてもOK
  • データクリーニング作業の終了を確認→「完了」をクリック

→完了

 

参考:パソコン工房

タイトルとURLをコピーしました