オーディオの買取:手数料0円!宅配・出張買取がオトクで便利

エンタメ・ホビー
  • オーディオ機器は出張・宅配買取がおすすめ
  • 「宅配キット無料&手数料無料」の業者を選ぶと手間なくカンタン
  • フリマアプリの方が利益は高い!その分手間がかかるので注意
  • 古くても壊れていても高額買取されることも
  • 高価買取には「本体の状態」と「業者選び」が重要
スポンサーリンク

【買取業者】買取方法の特徴

買取業者とフリマアプリの違いは下記のとおりです。

売却方法▶

▼比較項目

買取業者

フリマ
アプリ

出張買取

宅配買取

店舗買取

高価買取

お手軽

×

即日現金化

見積のみ

OK

おすすめ度

☆☆☆

☆☆☆

☆☆

おすすめ売却方法はこちら

出張買取

出張買取は業者に家まで来てもらい、商品の査定から運搬まで行ってもらえる、一番手軽な方法です。

 

持ち運びが大変なコンポや大型スピーカー、点数が多い場合に向いている買取法で、現金化も当日や翌日などと早いです。

 

電話相談後にすぐ対応してくれる出張買取業者もいますが、出張料や運搬料が無料であるかどうかの確認は重要です。

 

☆おすすめ買取業者3選を読む

宅配買取

宅配買取は品物を業者へ配送して買い取ってもらう方法です。

 

▼宅配買取の流れ

  1. 電話やメールで売りたい品物の情報を伝える
  2. 仮査定が行われ見積金額がわかる
  3. 仮査定の金額に同意できれば品物を発送
  4. 実際の商品を査定した後、再度査定額を提示
  5. 金額に同意すれば取引成立となり料金が振り込まれる

なお、振込までの日数は業者によって違うため確認しておきましょう。

 

☆おすすめ買取業者3選を読む

店舗買取

店舗買取はお店に商品を持っていき、査定・買取を行う方法です。

 

近くにリサイクルショップなどの店舗がある場合は、現金化も早いため気軽に利用できます。

点数が多い場合や重いものは持ち運ぶ手間がかかるため、出張買取を依頼したほうが良いことも。

スポンサーリンク

おすすめ買取業者3選

上記の買取方法に対応したオーディオ買取に強い業者を3社紹介します。

買取業者▶

▼比較項目

音屋

高く売れる
ドットコム
オーディオ

ハイサウンド

店舗

有り

有り

有り

出張買取

宅配買取

LINE査定

×

×

諸手数料

無料

無料

無料

キャンセル料

明記無し

無料

無料

入金期間

当日

当日

当日

故障品の買取

エリア

全国

全国

全国

どの業者もカンタンに査定・問い合わせができます。大切なオーディオを任せたいと思える業者にお任せしてみましょう。

オーディオ買取専門店 音屋


オーディオ買取専門店 音屋

買取実績一例

メーカー

金額

オープンリールデッキ

AKAI

11万円

CDプレーヤー

Marantz

プリメインアンプ

SANSUI

スピーカー

ヤマハ

  • カーオーディオの査定も受け付けてもらえる
  • オーディオ本体だけでなく部品の買取もある
  • 壊れていても古くても査定・買取してもらえる
  • 宅配買取は梱包キット無料

 

アンプやスピーカーなどのオーディオ機器専門買取店の「音屋」では、店舗買取から宅配・出張買取も行っているため、都合の良い買取方法を選ぶことができます。

 

大事に使ってきた古いアンプや、倉庫に眠っていたスピーカーが思わぬ高価買取になることも。メールでも電話でも問い合わせ可能なため、まずは問い合わせてみましょう。

高く売れるドットコム:オーディオ


【オーディオ買取】全国出張対応・相場がすぐわかる-高く売れるドットコム

買取実績一例

メーカー

金額

コントロールアンプC-7f

LUXMAN

10万8000円

CDプレーヤーVRDS-20

TEAC

3万円

スピーカーオーディオ

ヤマハ

1万円

 

  • 電話で問い合わせをすれば、事前におおよその買取金額を聞くことも可能
  • 出張買取時にオーディオ以外の同時買取もOK
  • 出張買取は全国対応(対象外地域あり)

 

詳しくはこちら>>
高く売れるドットコム

ハイサウンド


中古オーディオ買取専門店のハイサウンド|全国対応

  • 電話・メールに加え、LINEでの相談も可能
  • 出張エリア内であれば、即日対応も(午前中:相談、午後:買取完了など)
  • 壊れたものでも買取可能な場合がある

 

詳しくはこちら>>
ハイサウンド

スポンサーリンク

【フリマアプリ】販売方法の特徴

買取業者での買取以外にも、フリマアプリを利用して自分で不要になったオーディオを販売する方法もあります。

 

フリマアプリを利用すると、仲介なしで直接販売することができるので、利益額は大きくなります。

 

ただその分、購入希望者と直接やり取りすることになるので、色々な手間がかかります

フリマアプリのメリット・デメリット

メリット

  • 収益性が高い
  • 自宅にいながら販売できる
  • 価格を自分で決めることができる

デメリット

  • 出品・やり取り・発送まで全て自分で行うため手間がかかる
  • 注意点が多く時間がない人・面倒な手間を避けたい人には不向き
  • 大幅な値下げ交渉をされることも

フリマアプリ向きのオーディオ製品

フリマアプリで販売するのに適したオーディオ製品としては、ポータブルプレーヤーや小さめのスピーカーといったものが扱いやすいです。梱包の手間もかからず、配送料も安くなります。

 

反対にコンポや大型スピーカーは梱包材を準備するのも大変なので、買取業者の宅配買取や出張買取に出した方がカンタンで便利です。

 

☆おすすめ買取業者3選を読む

出品の際の注意点

オーディオ製品をフリマアプリに出品する際、注意点が4点あります。下記を守って出品し、トラブルなく取引を行いましょう。

  • 動作確認をしっかりする
  • マイナスポイントは事前に伝える
  • 質問に対応する
  • 梱包は厳重

1項目ずつ説明していきます。

 

動作確認をしっかりする

出品前には動作確認をしっかりしておきましょう。

 

もしも送った商品に不具合があった場合には、最悪、返品という事態になります。購入した人にも迷惑をかけてしまい、その結果、フリマアプリ上で低い評価を付けられることにも。

 

こういった事態を避けるために、出品前の動作確認は必須です。

マイナスポイントを事前に伝える

マイナスポイントを隠しておくと、後からトラブルになります。

動作上の不具合や、付属品の欠如、外見のキズなどマイナス面があればすべて明記しておきましょう。

 

程度によりますが、マイナスポイントがあっても購入してくれる人はいます。ただ大きなマイナスポイントがあれば、その分価格を下げるなどの対応をすると購入されやすいです。

質問に対応する

フリマアプリで安心して購入してもらうには誠実な対応が求められます。

 

購入を検討している人から色々な質問や値下げ交渉をされることもありますが、そういった場合でもきちんと返答するようにしましょう。

 

商品ページのコメントのやり取りを他の人も見ることができるため、適当な応対をしていると、購入を検討中の人全員から悪印象をもたれてしまうことになりかねません。

梱包は厳重に

購入者へ商品を送る際は、破損や傷がつくことがないようしっかり梱包を行う必要があります。

 

特にスピーカーは前面部分を緩衝材でしっかり覆うなどの、対策をしておくと安心です。

おすすめのフリマアプリ

有名なフリマアプリには、【ヤフオク!】【メルカリ】【ラクマ】があります。

アプリ▶

▼比較項目

ヤフオク!

メルカリ

ラクマ

仲介

手数料

10%※①

10%

3.85%

売上金

振込

手数料

無料

200円

210円※②

特徴

  • 男性多め
  • コレクター品
    多め
  • 売上金は
    PayPayへ

  • 女性多め
  • 初心者向け
  • 売上金は
    メルペイへ
  • 女性多い
  • 登録者数
    少なめ
  • 売上金は
    楽天Payへ

配送料

負担比

買い手

売り手

売り手

やりとり

負担

少ない

多い

多い

※ヤフオク!プレミアム会員は8.64%

※1万円以上で楽天銀行を振込先指定の場合は無料

 

メルカリ・ラクマでは売り手が送料を負担するケースが多く見られます。

 

送料を負担する場合は、送料分を上乗せした形で金額を設定しておく必要があります。

特に大型のオーディオ製品の場合は配送料がかかるので、その分も考慮した価格を設定しましょう。

スポンサーリンク

オーディオ高額買取のポイント2つ

高価買取のためのポイントは「①本体の状態」「②お店の選び方」の2つです。

特に、オーディオ本体の状態によっては、さらなる高価買取となることもあります。

①本体の状態

  • 傷やへこみがない
  • タバコ臭がしない
  • シリアルナンバーが読み取れる
  • 動作に不具合がない
  • 付属品が揃っている
  • 並行輸入品ではない

②お店の選び方

  • オーディオ買取専門店を選ぶ
  • 相見積もりを取る
  • 故障品・古くてもOK

オーディオを高額で買い取ってもらうには、製品の状態・買取店の選択が大事です。

 

押さえておくべきポイントを解説します。

本体の状態

外見がキレイ

傷や大きなへこみがないかなど、製品本体の綺麗さも重要となります。

ついてしまった擦り傷はどうしようもないですが、ホコリを除去するなどの簡単な掃除はしてから査定に出しましょう。

 

また掃除の際に、洗剤や水を使うと壊れる可能性があります。

乾いたフキンを使って力をいれず、丁寧にお手入れしてください。特に、スピーカーのサランネットを雑に扱うと破れてしまうので注意しましょう。

 

もし自信がないなと思ったら、ムリに手入れをせず、そのままの状態で買取査定に出しましょう。

 

タバコ臭がしない

オーディオ機器は置かれていた環境によってタバコ臭などのニオイがついてしまう場合があります。

買取りの際、減額の対象となることも。できればあまりニオイのつかない環境で管理しておきましょう。

 

フリマアプリに出品する際には、トラブルを避けるため、あらかじめニオイがすることを書いておくと良いでしょう。

 

シリアルナンバーが読み取れる

シリアルナンバーがなかったり、読み取れないものは買取を断られることもあります。

シリアルナンバーがない場合、並行輸入品ではないかと疑われる可能性があるためです。

 

シリアルナンバーは製品の裏側に貼られていることが多いので、確認しておきましょう。

 

動作に不具合がない

動作に異常があれば、買取りの際に減額対象となります。事前に不具合がないかチェックしておくと良いでしょう。

また劣化や故障を避けるため、湿気の多い場所にオーディオ機器を置くのは避けましょう

 

付属品が揃っている

付属品の有無でも買取価格は変わります。査定時に揃えておくようにしましょう。

機器によりますが、次のようなものが付属品となります。

  • 外箱
  • 取扱説明書・保証書
  • サランネット
  • ケーブル
  • リモコン

 

並行輸入品ではない

並行輸入品とは、メーカーが認める販売代理店を経ず、国内に輸入された商品のことです。違法性はありませんが、メーカーからのサポートが受けられないなどのデメリットがあります。

 

また商品によっては正規品とは外見や仕様が異なる場合もあり、買取を断られたり、あるいは減額されたりします。

 

お店の選び方

高価なオーディオを手放すのであれば、ぜひオーディオ買取専門店を選びましょう。

 

家電買取業者や何でも屋さんに依頼すると、その価値をしっかり査定できない可能性があります。単に古いというだけで査定額が下がることも。

 

家電製品の場合、5年以上古いと査定額が下がっていきますが、オーディオ製品は古くても高価買取されているものがあるため、いかにオーディオの知識があるかが重要となります。

 

本記事前半の情報も参考に、お店をしっかり選ぶようにしましょう。

 

相見積もりを取る

確実に一番高く売りたい場合は、買取業者3社~5社程度に相見積もりを取って比較しましょう。対応に満足ができ、高値で買い取りしてくれる業者を選ぶことができます。

 

相見積を取る際は「製品名・メーカー・型番・品番・状態・付属品の有無」などを入力すると仮査定で概算の見積金額を出してくれます。

 

ただ、もし他と比べて著しく高い買取額を提示する業者がいたら、少し注意が必要です。仮査定で高い値段をつけ、本査定で価格を下げてくる可能性があるためです。

 

依頼する前に口コミ評価などをチェックし、仮査定額と本査定額に大きな差がついた事例がないかなど、調べてみることをおすすします。

 

なお相見積もりを取る場合には、次のような一括査定サイトを利用すると便利です。

 

オーディオ買取査定.net

業者数は少ないもののオーディオ専門の買取店に無料査定依頼ができます。全国に対応しており、気になった業者に個別に連絡をすることもできます。

詳しくはこちら>>
オーディオ買取査定.net

 

ヒカカク

利用者数が多く、比較する際には使いやすいサイトです。1分で査定申し込みができ、最大20社からの査定結果を受け取れます。オーディオ専門以外の業者も含まれるため、他の不用品も調べることができます。

詳しくはこちら>>
ヒカカク

 

スポンサーリンク

人気のオーディオ製品・メーカー

オーディオ買取市場の特徴は、需要はあるが供給が少ないため高額買取が可能という嬉しい点です。

よく取引されるオーディオ製品には次のようなものがあります。

スピーカー

種類

アクティブスピーカー
パッシブスピーカー
サブウーファー

メーカー

JBL、B&W、TANNOY
FOSTEX、YAMAHAなど

大型~小型と、サイズは色々です。

販売時の価格も、数千円のものから数十万円のものまで幅広くあります。

スピーカーはインテリア的な役割も果たすため、買取時はキズ・スレなどがないか、外見の良さも大きなポイントとなります。

 

アンプ

種類

真空管アンプ、AVアンプ
プリメインアンプ、パワーアンプ

メーカー

DENON、Marantz、LUXMAN、SANSUIなど

状態・付属品に加え、メーカー・型番号・製造年が評価されます。

古くても高値で売買されるものもあるので、ぜひ専門店に買取査定に出しましょう。

 

プレーヤー

種類

CDプレーヤー、SACDプレーヤー
MDプレーヤー、カセットデッキ
D/ Aコンバーター、ポータブルプレーヤー

メーカー

DENON、Marantz、LUXMAN、Accuphaseなど

高級プレーヤーも買取で人気で、高値で売買されているものがあります。

リモコンなどの付属品もしっかり揃えてあると売りやすいでしょう。

古いものが売れる一方、Sonyのウォークマンといった最近のポータブルプレーヤーも需要があります。ウォークマンなどは、やはり新しい方が売りやすいです。

 

コンポ

種類

ミニコンポ、MDコンポ、CDコンポ

メーカー

ONKYO、BOSE、JVC、Victorなど

買取は、出張買取対応業者に依頼するのがおすすめです。

コンポの難点は、大きさもあり持ち運びが大変な点です。フリマアプリで出品しても梱包に手間がかかり、配送料も高くなってしまいます。

 

レコードプレーヤー

種類

回転方式などによりさまざま

メーカー

YAMAHA、Technics、Thorens、Ortofonなど

「レコードプレーヤーならではの音がいい」という根強いファンがおり、今でも一定の人気があるレコードプレーヤー。

 

需要は一定数あるものの供給が限られているため、高額買取の可能性が高いです。

本体だけではなく、カートリッジ・トーンアームといった付属品も取引されています。

 

オープンリールデッキ

メーカー

TEAC、OTARI、DENON、Akai

レコードプレーヤー同様、根強い人気がある機器です。

製造が終了しているため、名機は高値での買取が可能です。

 

買取で人気のオーディオメーカー

オーディオは、有名メーカーのもののほうが価値が下がらない傾向があります。

買取りで人気なメーカーをいくつか紹介します。

メーカー

アンプ

プリメイン

アンプ

スピーカー

その他

Accuphase

(アキュフェーズ)

  

プレーヤー

コンバーター

B&W

(ビューアンド
ダブリュー)

  

カーオーディオ

BOSE(ボーズ)

  

 

DALI

(ダリ)

  

 

DENON

(デノン)

 

 

AVアンプ

SACD/ CDプレーヤー

DIATONE

(ダイヤトーン)

  

 

FOSTEX

(フォステックス)

 

 

JBL

(ジェービーエル)

  

 

LUXMAN

(ラックスマン)

 

 

パワーアンプ

プリアンプ

Marantz

(マランツ)

   

AVアンプ

SACD/ CDプレーヤー

オーディオプレーヤー

McIntosh

(マッキントッシュ)

 

 

パワーアンプ

ONKYO

(オンキョー)

  

コンポ

SANSUI

(サンスイ)

 

パワーアンプ

SONY

(ソニー)

  

コンポ

ポータブルプレーヤー

TASCAM

(タスカム)

  

レコーダー

デッキ

コントローラー

TEAC

(ティアック)

 

 

ヘッドホンアンプ

ネットワークプレーヤ

CDプレーヤー

Technics

(テクニクス)

 

ターンテーブル

Victor

(ビクター)

   

コンポ

プレーヤー

YAMAHA

(ヤマハ)

  

AVアンプ

コンポ

価格が下がりにくい理由は、その音質の良さと共に「メーカーへの厚い信頼」があるからです。

メーカーの中には自社製品の音を愛してくれるお客様のために、生産終了後も修理用パーツを保管し、製品のサポートに応じてくれるところもあります。

こういった対応が信頼と人気につながっています。

タイトルとURLをコピーしました