釣り具の買取:ネット買取がおすすめ!6つのコツを抑えて買取価格UP

エンタメ・ホビー
  • 有名メーカーのロッド、リール、ルアーは高価買取のチャンス
  • 専門的知識がある買取専門店に査定に出そう
  • 状態、付属品の有無、素早い売却が重要
  • 効率、高価買取の為にはネット買取が一番おすすめ
スポンサーリンク

売却方法 比較表

売却方法▶
▼比較項目
買取専門業
(ネット買取)
買取専門業
(持ち込み)
リサイクル
ショップ
ネット
オークション
高価買取
手間が
かからない
すぐ現金化
できる
見積だけ
利用可能

【おすすめ☆☆】 ネット買取を利用する

メリット
  • 高価買取をしてもらえる (店舗よりもコストがかからないため)
  • 手間がかからない (出張買取や宅配買取)
  • 専門の業者は安心感が高い
デメリット
  • すぐに現金化できない場合がある

最もおすすめなのが、ネットの買取業者に相見積もりを取る方法です。ネット買取の場合、人件費や店舗維持費などのコストがかからないため、その分店舗で売却するよりも、高価買取が期待できます。

 

また、出張買取や宅配買取をうまく利用すると、手間も大幅に削減できます。

特におすすめなのが宅配買取です。

 

宅配買取とは、あらかじめ段ボールや梱包材に買取してもらいたい釣り具を詰めて宅急便で業者に送ると、査定結果を連絡してくれるというサービスです。

 

荷物の出荷の際は、宅配業者が自宅まで取りに来てくれるため、手続き→見積→買取→入金までのサービスを、自宅で完結することが出来ます。

売却手順

  1. 買取希望の申請をする
  2. 身分証明書のコピーと商品を梱包し、発送する(専用キットを送ってくれる業者も)
  3. 後日、査定結果がメールで送られてくる
  4. 指定の銀行口座に振り込まれる

【おすすめ☆】 買取専門業者で売る

メリット
  • スタッフの商品知識が豊富
  • 質問など直接やり取りができる
  • 流行などによって高価買取が期待できる
  • すぐ現金化できる
デメリット
  • 商品を持って行く手間がかかる

売却手順

  1. 釣り具と身分証明書を持参して店頭へ
  2. 査定結果が出るまで待機
  3. その場で査定価格を聞き、納得したものを買い取ってもらう

リサイクルショップを利用する

メリット
  • 他のものとまとめて買取に出せる
  • お金にならない商品も、預かり・処分してくれる
  • 現金化が早い
デメリット
  • スタッフに専門知識がない可能性あり

売却手順

  1. 釣り具と身分証明書を持参して店頭へ
  2. 査定結果が出るまで待機
  3. その場で査定価格を聞き、納得したものを買い取ってもらう

ネットオークションを利用する

メリット
  • 自分の納得する値段で販売することができる
  • 業者での買取金額を上回る場合も
デメリット
  • 手間がかかる
  • 手数料、送料、梱包費などがかかる
  • いつ売れるかわからない
  • 現金化までに時間がかかる

売却手順

  1. 商品を撮影し、値段を決めて出品する
  2. 買い手が決まったら、梱包をして発送
  3. 受取通知が来たら、相互に評価をする
スポンサーリンク

高価買取出来る釣り具の相場と査定ポイント

高価買取が期待できる釣り具はロッド(竿)、ルアー、リールです。

 

釣り具の買取価格は、商品の状態はもちろん、発売時期や人気によって変動します。

また有名メーカーの商品は高価買取できる可能性がグッと高くなります。

ロッド

ロッド

買取が可能なロッドの種類には、主にバスロッド、海釣り用ロッド、フライロッドなどのリールを付けて使用するものと、渓流釣りなどに用いる延べさお(ガイドのないもの)があります。

買取価格の相場 (美品参考価格)

商品買取価格
メガバス ニュー デストロイヤー
F5-510X GOTEN Evolution
1万円
エバーグリーン ファクト
HFAC-66MST
1万8000円
ダイワ ハートランド HL
772MFS-SV AGS
3万9000円

査定ポイント

  • 日頃のメンテナンスは行き届いているか
  • 本体、グリップ等に傷みや汚れがないか

リール

リール

ロッドと並び高価買取が期待できるのがリールです。こちらも発売時期やメーカー人気、状態等で相場が決まります。リールは精密部品や付属品が多いため、破損がないかどうか一層注意が必要です。

買取価格の相場 (美品参考価格)

商品買取価格
シマノ
ANTARES DC MD XG LEFT
2万8000円
ダイワ
STEEZ CT SV TW 700XHL
3万2000円
メガバス
MONOBLOCK BESPOKE
5万6000円
シマノ
600DH フォースマスター電動ベイトリール
2万8000円

査定ポイント

  • 正常に稼働するか
  • 外観に傷はないか
  • カスタムパーツなどの付属品が揃っているか
  • 日頃のメンテナンスは行き届いているか

ルアー

ルアー

ルアーも、商品次第では高価買取が期待できます。こちらも人気の品や有名メーカーのものは買取評価が高くつく傾向があります。

買取価格の相場 (美品参考価格)

商品買取価格
ジョインテッドクローマグナム2303500円
デプス NZクローラー3000円
ジャッカル ダウズスイマー2202800円
レイドジャパン スクラッチ1500円

査定ポイント

  • 日頃のメンテナンスは行き届いているか
  • 傷みや汚れがないか

メーカー

各釣り具の項目で紹介したように、有名メーカーの物は高価買取が期待できます。

 

購入した本人はその価値を分かっているかと思いますが、使わなくなったお父さんの釣り具などを買取に出そうとしている方は、下記のメーカーの名前があるかどうか要チェックです。

釣り場問わずバス釣り海釣り、渓流その他
(渓流・ギア関係)
  • シマノ
  • ダイワ
  • メガバス
  • ジャッカル
  • メジャークラフト
  • デプス
  • アブガルシア
  • ノリーズ
  • ガンクラフト
  • がまかつ
  • Valley hill
  • アムズデザイン
  • 天龍
  • モーリス
  • スミス
  • デュエル
  • ジャクソン
  • 宇崎日新
  • ZEAL
  • 双進
  • ティムコ
スポンサーリンク

高価買取の6つのコツ

1. 事前に相場を調べておく

ロッドやリール、ルアーのメーカー名や型番を元に、出来るだけ事前に相場を調べておくことが、損をしない買取を実現するコツです。

 

おおよその価格の相場は、買取業者のHP等で検索できる場合が多いです。また、メルカリなどのフリマアプリを参考にして相場をつかむのもおすすめです。

2. 釣り具専門の買取店に出す

当たり前のことのようですが、「釣り具を買い取ってくれるお店」を探すのではなく「釣り具の買取に詳しいスタッフのいるお店」を探すようにしましょう。

 

一般のリサイクルショップの中でも、釣り具の買取を積極的に行っているところもありますが、商品の価値や状態を細かく確認してもらうためには、やはり専門的な知識を持っているスタッフに任せるのが安心です。

3. 相見積もりをとる

特に、買取の点数が多い場合や、単価が高い商品を買取に出す場合は、複数の業者に依頼して相見積もりを取ってもらうようにしましょう。

 

細かい値段の付け方の違いで、全体の見積に大きく差が出ることもあるので、ここには手間をかける方が良いです。

 

相見積もりをとる際は、近くの店舗、宅配見積や出張見積のサービスがある業者を利用すると楽です。

 

見積を依頼する業者の数は、多い方が高価買取の確率は上がりますが、手続きや店舗への移動の手間もかかるため、2~3店舗で見積を取ってもらうことをおすすめします。

 

もちろん、見積を依頼するのは釣り具の買取を専門に扱っている店舗を選びましょう。

 

また、メール等で交渉できるお店であれば、2番目の査定額を出したお店に対して、1番高値を付けたお店の査定額を伝えてみるといった方法で、値段交渉を行うことをおすすめします。

4. 付属品は全て付ける

何を買取に出すにも、新品の状態が最も高く売れます。

新品の状態に少しでも近づくように、下記の付属品は出来るだけ揃えた状態で買取に出すようにしましょう。

  • リールの箱やロッドの袋
  • 保証書
  • 説明書
  • リールのハンドル、ケース等の付属品

 

また購入したものの、「買ってみたけどイメージと違う」「他の商品も試したい」というものがある場合は、中途半端に使わずに未使用で出品しましょう。

以下のように買取価格に大きな差があります。

新品未使用中古美品
SHIMANO 14ステラ3万4000円2万8000円

5. 買取時はできるだけ綺麗にする

ロッドやリールを分解して掃除できる場合は、ほこりやさびが取れる部分を掃除しておきましょう。ただし、分解した後に元に戻す自信がない場合は、触らない方が安全です。

 

業者の方でも、買取後店頭に出すまでに釣り具をクリーニングする作業があり、この作業の手間を少しでも減らせることで、多少の評価アップが期待できます。

 

とはいえ、最も大切なことは普段からのメンテナンスです。日頃から釣り具を綺麗に保つことを心がけておきましょう。

6. なるべく早く買取に出す

有名なメーカーほど新作を出すスピードが早いため、買取に出すと決めたら出来るだけ早く行うことが重要です。

 

特に「シマノ」や「ダイワ」などの大手釣り具メーカーは、頻繁に新商品をリリースします。古いモデルは値落ちするスピードも早いため、気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました